異邦人

劇場公開日

異邦人
18%
41%
35%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ノーベル賞作家アルベール・カミュが1942年に発表し、人の心理に潜む不条理の意識を巧みに描いた小説「異邦人」を、イタリア映画界の巨匠ルキノ・ビスコンティ監督が映画化。第2次世界大戦前のアルジェ。会社員のムルソーのもとに母の死の知らせが届く。葬儀で涙も流さない彼は翌日、元同僚の女性と喜劇を見に行き夜を共にする。その後、友人とトラブルに巻き込まれたムルソーは預かっていた拳銃でアラブ人を射殺してしまう。太陽がまぶしかったという以外、ムルソー自身にも理由はわからず、非人道的で不道徳だと非難された彼は裁判で死刑を宣告されるが……。生きることに無関心なムルソーをマルチェロ・マストロヤンニが好演した。1967年に製作され、日本では68年9月に英語版で公開された。その後は短縮吹き替え版などがテレビ放送され、権利関係の問題でソフト化などもされずにいたが、2021年3月に復元されたイタリア語オリジナルの「デジタル復元版」で劇場公開が実現する。

1968年製作/104分/G/イタリア・フランス合作
原題:Lo straniero
配給:ジェットリンク
日本初公開:1968年9月21日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)Films Sans Frontieres

映画レビュー

3.5復刻版文学作品

2021年4月18日
iPhoneアプリから投稿

カミュの名作の巨匠ヴィスコンティと名優マストロヤンニによる映画化だけど、正直言って古く感じました。人間を狂わせるようなアルジェの息苦しい暑さや雰囲気はよく出ているけど、前半はやや退屈で眠気を感じるくらい。後半の裁判シーンで持ち直すものの、殺人罪の公判なのに、検察側の宗教観に偏った被告の人間性の否定にシフトしていきます。本来は主人公の行動の不条理がテーマなんだろうけど、殺人はともかく神への無関心や他人との距離感は、むしろ今の感覚的にはあまり不条理ではなく、論点の違う裁判の方が不条理に感じます。そう言う意味で異邦人は主人公なのか、周りの社会なのか、もういっぺん、原作を読み直してみよっかな。役者は、さすが天下の二枚目マストロヤンニだけど、この役にしてはちょい老けすぎかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネマディクト

4.5今となっては、これは喜劇ではないか?

2021年4月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カールのおっちゃん

2.0ちょっとふり向いてみただけの

2021年4月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
梨剥く侍

ヴィスコンティ流の挿絵?

osmtさん
2021年4月4日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osmt
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る