八十日間世界一周

ALLTIME BEST

劇場公開日

八十日間世界一周
8%
58%
28%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジュール・ベルヌの同名冒険小説を映画化し、1957年・第29回アカデミー賞で作品賞を含む5部門に輝いたアドベンチャー映画。1872年、ビクトリア朝時代のイギリス。英国紳士のフォッグ氏は社交クラブの仲間と、80日間で世界一周できるかという賭けをする。2万ポンドもの大金を賭けたフォッグ氏は、従者パスパルトゥーを連れてロンドンを出発。しかし飛行機すらない時代の世界旅行は困難の連続で、2人は予想外の大冒険を繰り広げる。名優デビッド・ニーブンが主演を務め、従者パスパルトゥーを世界的コメディアンのカンティンフラス、旅の途中で仲間に加わるアウダを当時新進女優だったシャーリー・マクレーンが演じた。フランク・シナトラ、マレーネ・ディートリッヒ、バスター・キートンら豪華な顔ぶれがカメオ出演。

1956年製作/167分/アメリカ
原題:Around the World in 80 Days
配給:ユナイト=松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第29回 アカデミー賞(1957年)

ノミネート

監督賞 マイケル・アンダーソン
衣装デザイン賞(カラー)
美術賞(カラー)  

第14回 ゴールデングローブ賞(1957年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) カンティンフラス

ノミネート

最優秀監督賞 マイケル・アンダーソン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Photofest/アフロ

映画レビュー

4.0小説の方が断然オススメです。

2021年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

たまたま小説読んで、直後にBSのプレミアムシネマでえ連ドラ予約で録画されており

鑑賞した。

映画ではパスパルトゥの大活躍のような感じだが、小説ではフォッグ氏の

強い意志と義侠心を感じる。

ラストも、間に合ったシーンが先で種明かしはあとだった。

映画で名場面だと思ったのは、ニューヨークからイギリスまでの船旅で、

石炭が尽き、船の建造物壊して燃やすものも尽きた時、

フォッグ氏は自分の帽子とズテッキは焚べた。

そこにこの旅への並々ならぬ思いを感じた。

ヴェルヌの知識と、文章力には驚かされます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
藤崎敬太

4.0この時代に作った意義がある

2021年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

実写映画の意義を感じた。
いつのどんな映画にも、その時代背景や風俗が見えるものだろうが、フィクションとはいえ、この時代に世界一周をしようとすると、どんなに大変だったろう。
そしてその夢をやり遂げた人たちの達成感は、いかばかりだったろうか。
とにかく、私はこの大作に引き込まれていった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かずジー

3.5ジュール・ベルヌは偉大だ。 昨今のSF作家は、ディストピアしか想像...

J417さん
2021年2月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジュール・ベルヌは偉大だ。
昨今のSF作家は、ディストピアしか想像できないのかしらん。
夢と希望に溢れるSFを期待したいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J417

4.0世界各国を旅して楽しませてくれた。

kossyさん
2018年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る