肉体の悪魔(1947)

劇場公開日:

肉体の悪魔(1947)

解説

第1次世界大戦下のフランスを舞台に、若き人妻と高校生の許されざる恋を描いた恋愛ドラマ。作家レイモン・ラディゲの同名小説を原作に、文芸作品を得意とするクロード・オータン=ララ監督が叙情あふれるタッチで映画化した。

1917年。男子高校生フランソワは、学校に隣接する臨時の陸軍病院にやって来た見習い看護師マルトと出会う。マルトには出征中の婚約者がいたが、フランソワの大人びた言動と無邪気な情熱に次第にひかれ、2人は愛し合うように。やがてマルトの婚約者の帰還が決まるとフランソワは彼女のもとを離れ、マルトは婚約者と結婚するが……。

当時まだ新進俳優だったジェラール・フィリップが24歳にして10代の揺れ動く感情を繊細に演じ、世界的に人気を集めるきっかけとなった。「偽れる装い」のミシュリーヌ・プレールがヒロインのマルトを演じ、「ぼくの伯父さん」などのジャック・タチも出演。

1947年製作/123分/PG12/フランス
原題:Le diable au corps
配給:セテラ・インターナショナル
劇場公開日:2022年12月9日

その他の公開日:1952年11月8日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Transcontinental Films

映画レビュー

4.0元祖少女漫画のビジュアル

2023年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

邦題が刺激的な原作小説は未読だが、魅力的な俳優陣によって演じられることにより実写化の意義が高い作品だと思った。
当時24、25のジェラール・フィリップは17歳の役を演ることを心配したらしいが、細面な顔立ちに現れる屈託のない笑顔が眩しくて、彼が演ることによってむしろ主人公は美しく強引であざとく、でも爽やかで屈託がない最強の生きものになった。こんな高校生に言い寄られたら、そこら辺の世間体や倫理観など吹っ飛んでしまうのもやむを得ないような…。結果として女性は「子供を二人」抱えることになるので、その代償はあまりにも高いのだが…。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
SpicaM

4.0『肉体の悪魔』とは本の題名にしてもなかなかスゴい(原題は「体の中の悪魔」)。で、そのまま映画の題名にしたのもスゴい。然し昔の映画は“酔わせて”くれる。現代の映画にその感興はないなァ。

2023年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

①フランス人の友達(30代半ば)が“ジェラール・フィリップはフランスではもう過去の人なのに、日本では出演映画の特集が組まれるなんて”、と驚いていた。
②ジェラール・フィリップは17歳の高校生には見えないが、天才子役でもない限り同年代の俳優ではあのvividな演技は出来ないだろう。
或いは、大人の国フランスとはいえ、17歳の高校生が人妻と肉体関係を結ぶ映画に、当時10代の俳優は流石に使えなかったのか。
あと、この映画のジェラール・フィリップは、後にフランス映画の生んだ希代のイケメン俳優と呼ばれるにはまだ痩せぎすで、それがフランソワのまだ幼く、でも一途な恋愛感情の

コメントする 1件)
共感した! 0件)
もーさん

3.5イケメン過ぎる17歳

2023年1月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

演じた人も当時24歳だったらしい。にしても大人び過ぎでしょ!中身はまだまだ子供だったけどね。やはり、ジェラール・フィリップのなせる技なのか。まさかの結末。私的には意外だった!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
印刷局員

3.0タイトルに惹かれて

2021年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 負傷兵が何人も担ぎこまれてくる病院。マルトは手伝おうとして倒れてしまった。農作業をやらされていた高校2年のフランソワは早速ナンパ・・・おませさん。デートをして「婚約者がいる」と聞いても怯まない。彼女の帰宅後、母親の監視が厳しくなり、やがて結婚してしまったマルト。たった1日の恋だったのに2人はまた惹かれあう。そして戦地に赴いている夫の留守中、フランソワとマルトは結ばれる。

 夫ジャックの子を身ごもっても休暇で帰ってくる夫に別れを告げる決心を2人でしたのだが、最終的にはフランソワと別れることになってしまった。母親は意外にも愛人を認めてしまっていることもフランス的なのだろうか・・・そして、ついにマルトが死ぬことに。

 今でこそよくある不倫話だけど道徳的にみても問題作だったのだろう。もしかすると死んでいたのはフランソワなんじゃないかと『シックスセンス』的なことも考えてみた。戦争の話を避けたいというフランソワの会話もあったけど、反戦要素は全くなく、むしろ戦争に行った夫を冒とくさえしているような。こんなことが日常茶飯事になったら、誰も妻を残して戦争なんか行きたくなくなるかもなぁ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
kossy
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「肉体の悪魔(1947)」以外にこんな作品をCheck-inしています。