ドリーム・チーム

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークをさすらう4人の現代病患者の姿を描くコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョセフ・M・カラチオロ、製作はクリストファー・ナイト、監督は「殺したいほど愛されて」のハワード・ジーフ、脚本はジョン・コノリーとデイヴィッド・ルーカの共同、撮影はアダム・ホレンダー、音楽はデイヴィッド・マクヒューが担当。出演はマイケル・キートン、クリストファー・ロイドほか。

1989年製作/アメリカ
原題:The Dream Team
配給:ユニバーサル映画=UIP映画

ストーリー

シーダーブルック・センターのワイツマン医帥(デニス・ボートシカリス)は、同僚の医師の反対を押しきり、互いに反目しあう4人の現代病患者に外出療法を試みることにする。ところがヤンキースの試合観戦に出かけた道中ワイツマンはある殺人事件に巻き込まれ、重傷を負い病院に連びこまれることになる。患者の1人アルバート(スティーブン・ファースト)は、事の一部始終を見ていたが、その自閉症ゆえ口を閉ざしたままだ。他の3人は何も知らないままワイツマンを待つが、ついに待ちくたびれて夜のニューヨークに散らばってゆく。が、やがて4人は協力してワイツマンを探し出すことを決意し、凶暴症のビリー(マイケル・キートン)を中心にして身元不明者が収容されている病院を訪ね歩き、ようやく彼を探し出す。しかし病院には、事件を目撃したことでワイツマンの命を狙っている、刑事でありながら汚職をはたらいているオマリー(フィリップ・ボスコ)とジャネリー(ジェームズ・レマー)が先回りしており、逆に4人が犯人として指名手配されてしまう。しかし彼らは、ビリーの恋人リリー(ロレイン・ブラッコ)の協力を得て、汚職警官たちを摘発することに成功し、そしてそれは4人のそれぞれの病いを克服するのにも成功を収めるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る