ドランクモンキー 酔拳

劇場公開日

16%
46%
31%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

酔えば酔うほど強くなるという妙闘技“酔八拳”を使って宿敵を倒す若者を描くアクション映画。製作はウン・シー・ユアン、監督はユアン・ウー・ピン、撮影はチャン・ハイ、アクション監督はユアン・ウー・ピンが各々担当。出演はジャッキー・チェン、ユアン・シァオ・ティエン、ホアン・チョン・リー、ワン・チェン、リン・イン、シン・ティエン、リン・チャオなど。

1978年製作/111分/香港
原題:酔拳
配給:東映

ストーリー

清朝末期、広東の地にある小さな空手道場では、多くの若者たちが修業していた。その道場の息子フェイ・フン(ジャッキー・チェン)は若さとエネルギーをもてあまし、ひまがあると悪友と町を闊歩していた。そんなある日、町でならず者の3人組が、ヒスイ売りの親子をいじめているところに出くわし、思いっきり大乱闘、うさをはらして家に帰ると、さっきのならず者たちがホウタイをまいて殴り込んできた。しかし、そこでメゲるフェイではない。かえってケガ人をふやして追い返す乱暴ぶり。しかし、てんやわんやの大騒ぎの末、父親のウォンは、ついに堪忍袋の緒が切れて、ついにフェイを勘当してしまう。精神を鍛え直す特訓のあまりの厳しさにスタコラ逃亡した彼は、町に出たが先立つお金がない。食堂の用心棒にあわや半殺しの目に会わされそうになった時、ベロンベロンに酔っぱらった不思議な爺さんに助けられる。この爺さんこそ、フェイの父親の親友で達人のスウその人だった。彼は、酔えば酔う程無敵となる“酔拳”の極意をきわめた大家で、父親が、1年間の予定でフェイの個人教授を依頼したのだった。かくして、スウの特訓が開始された。あまりの苦しさに、またもやフェイは逃亡した。そんな彼の前に立ちふさがったのが、プロの殺し屋ティエ・シン。彼に最高の屈辱をうけ、今度は自ら志願して、スウの小屋にUターン。本格的な特訓がスタート。ひと通りのレッスンをすませて町に出たフェイは、前とは人が変ったように弱くなったシラフのスウを助けての活躍ぶり。スウは、ある夜、秘伝・酔八拳の極意をフェイに伝授した。その八つの酔神の型の美しさに見惚れながら、フェイは、すっかりマスターした。その頃、捧術使いの王と、殺し屋ティエ・シンが、ウォンの命を狙っていた。しかし、そこへ駆けつけたフェイが、死闘の末、酔拳を駆使してチィエ・シンたちを倒すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ただの傑作カンフー映画だと思ってはならない

あき240さん
2021年7月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

カンフー映画が世界的に人気なったのは1973年公開の「燃えよドラゴン」からだ
香港で1973年7月26日に初公開された
米国は同年8月、日本は12月の公開だった
主演は伝説の男ブルース・リー32歳
その彼が公開を待たずに死んでしまった
7月20日、公開の僅か6日前のことだ

その映画は世界的な空前の大ヒットになった
しかし折角注目を集めたカンフーの映画を誰が
ブルース・リーのあとを継いで演じられるというのか?
ただの俳優では多少訓練を積んだところで演じられるものではない
カンフーの技が出来たとしても、演技ができるのか?
その上スターとしてのルックスやオーラがなければならないのだ
そんな俳優どこにいるんだ?

だからカンフー映画自体、「燃えよドラゴン」の夢をもう一度と沢山撮られはしたものの、あのような大ヒットはでなくなってしまう

本作の主演ジャッキー・チェンは、1954年生まれだから、ブルース・リーの14歳も下
「燃えよドラゴン」公開時は19歳だった
やられ役として出演していたという
しかしその後は香港を離れて左官職人やコックなどをしていたという
俳優をあきらめたのだろう

その彼が1976年に呼び戻されて、カンフー映画に復帰する
ブルース・リーの後継者をさんざん探しまわっても見つからないその末に、やっと彼の名前を思い出してもらったのだろう
これが22歳

香港に戻って何本ものカンフー映画に出演するが当たらない
どうすれば当たるのか?彼の発案でコメディ路線で撮った1977年の「スネーキーモンキー 蛇拳」が初めてうけた
そこでその路線でさらに続けたのが1978年の本作
これが大ヒットしたのだ
まだ24歳だ

その後のことはご存知の通り
彼がいなければ、カンフー映画は死んでいたのだ

そうなれば、クエンティン・タランティーノ監督がキル・ビルを撮ることもなくなってしまうだろう

「プロジェクトA」も「香港国際警察」のような傑作アクション映画も生まれなかった
ワイヤーアクションが世界中に広まることもない
ジョン・ウー監督の香港ノワールも生まれてなかったろう
そうなれば、もしかしたら北野監督のノワール作品の成立にまで影響したかも知れない

それ程、本作とジャッキー・チェンの存在は世界中のアクション映画に恐るべき巨大な影響を及ぼしたのだ

ただの傑作カンフー映画だと思ってはならない

驚嘆すべき極限の身体アクションの連続は、芸術だ
それをみているだけで感動がある
すなわちアクションだけで感動をさせるということだ
そしてユーモア
どちらもそれは世界共通言語なのだ
東洋も、西洋もないのだ
世界市場が広がっている扉を開いたのだ

それを再発見した映画が本作だったのだ
シンプルだからこそ良いのだ
本作はこうみえて映画の革新であったのかも知れない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5【ジャッキー・チェンが酔っ払いの師匠から”奥義 酔八仙”を体得していく過程をコミカルに描いた香港カンフー映画。彼の初期代表作。今作の30年後に公開された「カラテ・キッド」と見比べるのも面白い。】

NOBUさん
2021年1月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波、VOD

笑える

興奮

幸せ

ー ジャッキー演じるフェイ・フォン(随分後に、実在の人物がモデルだったと知り、ビックリした・・)が、父のケイインから素行の悪さを直すために、預けられた師匠ソウ・ハッイー(ユエン・シャオティエン)の人物像が強烈である。
 常に酒を欠かさないため、鼻は赤く、少しお茶目。
 けれど、彼がフェイに与える修業はとても厳しい・・。ー

■フェイ・フォン(ジャッキー)が劇中に見せたトレーニングの数々
 ・両手首に棒を繋いで、型を練習するシーン。
 ー これと、ほぼ同じトレーニングを「カラテ・キッド」でジェイデン・スミスの師匠ミスター・ハンを演じたジャッキー・チェンがジェイデンに課す・・。ー

 ・両足を宙に括られ、両手に持たされた茶碗で、水を汲み宙の甕に注ぐ、腹筋を鍛えるシーン。

 ・クルミを親指と人差し指で割る練習。
  ー劇の最後の闘いで強烈な武器になる・・。ー

■フェイ・フォン(ジャッキー)が、上記基礎トレーニングをこなした後、師匠ソウ・ハッイーから”奥義 酔八仙”を叩き込まれるシーン。
 ・瓢箪から、次々に酒を呑みながら、酔八仙の技を習得していく様の面白さ。

 ・だが、最後の一人女性仙人の”何仙姑”の技を” 覚えられないよ・・”
 と、バカにして、習得せず。
 ラスト、父を暗殺しようとするイン・ティッサムとの闘いで 序盤は有利に戦うが、ティッサムから”酔八仙か・・”と見破られ、彼の”無影手”に翻弄されるも、師匠ソウ・ハッイーからのアドバイスを受け、7人の酔仙を組み合わせたフェイ・フォン独自の”何仙姑”の”甲高い女性の声を軽妙に発しながら、酒を呑みつつ”技を繰り出すシーンは、絶品である。

<若きジャッキー・チェンが、シリアスな復讐劇が多かった香港カンフー映画に新風を吹き込んだ、初期ジャッキー・チェンの代表作品。
 笑いを絡ませながら、ジャッキー自ら演じる数々の技及び、師匠に鍛えられる今までにない発想の練習風景など、実に面白かった作品でもある。
 小学生時代、TVで観て嵌ったなあ・・。
 その20年後に息子とジャッキーが師匠を演じた「カラテ・キッド」を見た時は、とても感慨深かった・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.0傍若無人

U-3153さん
2020年9月7日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
U-3153

4.0BS朝日吹替版鑑賞。カンフーアクションとしてはジャッキーの最高作か...

2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

BS朝日吹替版鑑賞。カンフーアクションとしてはジャッキーの最高作か。
ジャッキー、女子にいたずらするわ、無銭飲食するわ、悪い奴やん(笑)
負けた悔しさから努力、成長していくという王道のストーリー。師匠との修業のやりとりも面白い。
酔拳の型の場面、ジャッキーの動きと肉体に惚れ惚れします。野球で言えば素振りだけで魅せるのと同じ、凄い、カッコいい。ラストアクションはもっと圧勝でよかった気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「酔拳」シリーズ関連作品