酔拳2

劇場公開日

23%
57%
19%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

『燃えよジャッキー拳(広東小老虎)』(V)以来、主演20周年を迎えて、名実共に香港映画界のトップに立ったジャッキー・チェンが自身の原点に帰るべく、本邦初紹介作でもある彼の出世作「ドランクモンキー 酔拳」(78)の続編に16年ぶりに挑んだクンフー・アクション。前作に続き、清朝末期から中華民国初期に実在し、ツイ・ハーク監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズをはじめ無数の映画が作られてきた国民的ヒーロー、黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の青年期の活躍が描かれる。当時の建築物から衣装、風俗に至るまで、完璧に再現された点も見もの。監督は「少林寺三十六房」「阿羅漢」などでクンフー映画の基礎を築いた巨匠で、黄飛鴻の直系の弟子でもあるラウ・カーリョンが当たり、彼の正統派クンフー・アクション演出とジャッキー流のダイナミックな現代風アクションが融合し、クンフー映画の集大成的作品となった(武術指導はラウ・カーリョンとジャッキー主宰のアクション・チームが担当)。製作に当たり、スタントマン出身のジャッキーは、彼らの地位向上と保健制度の確立を目指して設立した香港スタントマン協会の製作とした。香港では94年の旧正月に公開され、彼の主演作中最高の4000万HKドル以上の興収を記録した。製作は「最後勝利」のエリック・ツァンと、エドワード・タン、バービー・トンの共同。脚本は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」のユエン・カイ・チー。撮影はチャン・ユウジョ、ジングル・マー、チャン・トンリョン、ウォン・マンワンの共同。音楽はウィリアム・フー、編集は「奇蹟 ミラクル」のチャン・イウジョー。共演はラウ・カーリョン、「アンディ・ラウ 神鳥伝説」のアニタ・ムイ、「九龍大捜査線」のティ・ロンら。「スター伝説」のアンディ・ラウが特別出演している。

1992年製作/101分/香港
原題:Drunken Master II 酔拳II
配給:東宝東和

ストーリー

ある日、父のウォン・ケイイン(ティ・ロン)と一緒に薬材仕入れの旅に出掛けたフェイフォン(ジャッキー・チェン)は、列車の中で高名な軍人武術家のフク・マンケイ(ラウ・カーリョン)と出くわし、彼に泥棒と間違えられたために一戦交える。その際、フク・マンケイが持っていた中国皇帝の証である印章が、偶然フェイフォンの手に渡ってしまう。そんなこととは知らず、継母のリン(アニタ・ムイ)と街に買い物に出掛けた彼は、母の宝石をひったくろうとした賊と戦い、リンにそそのかされて父の戒めを破り、酒を飲んで酔拳を使って敵を撃退する。だが、これが厳格な父に知れ、フェイフォンは家を叩き出される。街の屋台で酔いつぶれていたところを一味に襲われた彼は袋叩きに遭い、自分の愚かさを恥じて改心する。その頃、フク・マンケイがフェイフォンを捜し当ててやって来た。彼は中国の国宝を根こそぎ国外に持ち出そうとする一味の陰謀を阻止しようとしていた。フェイフォンは彼に協力することを決意するが、その矢先、印章を奪い返そうとする敵組織の襲撃に遭う。印章は奪われ、フク・マンケイも殺されて怒りに燃えるフェイフォンは仲間と共にイギリス領事館に忍び込むが、捕らえられて拷問を受ける。追い打ちをかけるように、敵の密輸基地である製鉄工場の秘密を知った仲間のひとりが捕らえられた。フェイフォンは単身、適地に乗り込み、父の禁を再び破って酒の代わりに工業用アルコールを含んだ。フェイフォンは酔拳を駆使し、敵の武術家ジョン(ロウ・ホイクォン)を壮絶な戦いの末に倒すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0何度観てもカッコいい

幸男さん
2022年3月23日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

興奮

もう何度観たか忘れましたが、
とにかくバトルシーンがカッコいい!
僕のアクション映画の原点、ストーリーや闘う理由が伝わってきて、
ジャッキーの作品の中でものめり込んで見られる作品の中の一つです!まだ観たこと無い方にはオススメします!
昔はこんなキレキレだったんですー!!
久々に初めて見終わった後の興奮冷めない気持ちを思い出しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
幸男

4.0ジャッキー映画の中で一番怖い

2022年3月10日
iPhoneアプリから投稿

観ていてハラハラするシーン盛りだくさんで、アクションははじめの酔拳よりもっともっとハードで勢いがあって爽快!!でも、笑いはあるけどホラー映画を観るより怖さを感じる。

それは特に、

火、
メチルアルコール

のせいだと思う。

それから、アンディラウは?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ししまる

4.0【”両刃の剣”父が、ウォン・フェイフォンに酔拳を禁じた訳。酔拳と言えばジャッキ―・チェン。彼の方が、酔八仙の技を披露するシーンは矢張り魅力的です。】

NOBUさん
2022年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

幸せ

ー 清朝末期から中華民国初期に実在した国民的ヒーロー、ウォン・フェイフォンの青年期の活躍を描いた今作は、当時の建築物から衣装、風俗に至るまでを完璧に再現している、そうである・・。-

◆感想

 ・清朝末期から中華民国初期に実在した国民的ヒーロー、ウォン・フェイフォンを油の乗り切ったジャッキ―・チェンが、コメディ要素をふんだんに塗しながら、演じている。

 ・ストーリーはシンプルで、清朝末期に、英国が清朝の国宝である皇帝の印章を持ち出す事を、阻止しようとする。

 ・だが、今作の魅力はストーリーよりも、ジャッキ―・チェン及び、英国の手先共のカンフー・アクションである。

<エンドロールでの、NG集はこの頃から作られていたのであろうか・・。
 ラストの鉄工場でのカンフー・アクションは、特に見応えがある。
 更にはちらりと、アンディ・ラウが姿を見せているのも嬉しき作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.5ジャッキー、四十にして惑わず!

2020年6月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
たなかなかなか
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「酔拳」シリーズ関連作品