テンタクルズ

劇場公開日

0%
5%
40%
25%
30%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

深海に眠る巨大なタコの人類への挑戦を、立体音響トレンブル・サウンドと共に描く海洋アドベンチャー。製作はオビディオ・G・アソニティス、監督は「デアボリカ」のオリヴァー・ヘルマン、脚本はティト・カルピ、ジェローム・マックス、スティーヴ・カラバトソス、撮影はロベルト・デットーレ・ピアッツォリ、水中場面調整及び監督はネストーレ・ウンガロ、音楽はステルヴィオ・チプリアーニが各々担当。出演はジョン・ヒューストン、シェリー・ウィンタース、ボー・ホプキンス、ヘンリー・フォンダ、デリア・ボッカルド、クロード・エイキンズなど。テクニカラー、テクノビジョン。

1977年製作/102分/イタリア
原題:Tentacles
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

それは晴天の7月のある日。カリフォルニアのサロナビーチで、10ヵ月の赤ん坊が姿を消した。又、船で作業中の男が行方不明になり、腐乱死体で発見されたり、事件は次々に起こった。ロバーズ警部(クロード・エイキンズ)の調査は難行する。やがて、真相究明にのりだしたベテラン記者ターナー(ジョン・ヒューストン)は、トロージャン・トンネル会社の海底作業に関連を求めた。この社の社長(ヘンリー・フォンダ)の依頼で、海洋学者ウィル(ボー・ホプキンス)も調査にのりだし、2人の部下を現場に派遣したが、2人共大きな岩陰の何物かに襲われた。そんなころ、ターナーとロバーズは、死んだ人達はいずれも行方不明になる前、無線かラジオを用いているという事実に気づく。一方、深海に潜ったウィルは、トロージャン社の電気振動装置のせいで魚が大量に死んでいるのを発見する。これによって、何物かが目覚めたのだ。ターナーの妹ティリー(シェリー・ウィンタース)の息子のヨットレース中、何物かが--巨大なタコがあらわれた。やがて、妻をも失ったウィルは、飼育研究中のシャチを海に放つ。海の殺し屋のシャチ。深海に2匹のシャチが巨大ダコとの死闘を開始した。食いちぎられる巨大ダコの触手。やがて、静けさが訪れ、平和がもどってきた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 幽幻道士(キョンシーズ)
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
  • ライフ・アフター・ベス
  • アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ
  • クレイジー・ナイン
  • アメリカン・バーガー
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
  • スウィング・オブ・ザ・デッド
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

1.02021年5月1日 映画 #テンタクルズ (1977年)鑑賞 前半...

としさん
2021年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2021年5月1日
映画 #テンタクルズ (1977年)鑑賞

前半、あれだけ盛り上げておきながら、後半のグダグダ感は酷い
イタリア製のアニマルパニック映画ということで期待してたのに
最後はシャチとタコの戦いになってしまった。そもそもシャチってタコ好きなのかな?タコを食べるつもりなのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.0サマーとウィンター

kossyさん
2020年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 高校時代、「テンタ」とあだ名された同級生がいた。もちろんタコに似てるからという理由で。当時はタコを英語で言うとテンタクルだと思っていた同級生も多く、ビートルズを知ってる者だけが正解にたどり着いたものだった。

 『ジョーズ』(75)の大ヒットによって便乗商法的に次々と動物パニック映画が作られた70年代後半。この映画もそうだし、『オルカ』(77)という作品もシャチ愛を感じるという、独特なものがあった。たしかにB級作品ではあるが、東宝特撮映画の大ダコに比べたらマシだと思うし、その東宝作品である『ゴジラ対ヘドラ』(71)の公害怪獣ヘドラの水中棲息期にも巨大タコがそっくりなのも興味深いところ。

 タクシー無線の様子から始まり、ヨットを楽しむ子供たちもトランシーバーでのやりとりをしたりで、意外なことに無線によってタコが狂暴化したという設定。また、トンネル工事会社の振動装置によって魚が逆さまになって沈んでるという海底風景も印象的だ。また、けっこう子供が犠牲者となるのは道義上いかがなものかと・・・

 映像は時折静止画になったり、人物の描き方が単調だったり、やはり凡作であることは否めない。しかも社長役のヘンリー・フォンダの演技がお粗末すぎた。当時は『ポセイドン・アドベンチャー』の泣かせてくれたおばちゃんシェリー・ウィンタースも出演していて、嬉しくなったものです。

 そんな映像よりも音響効果がけっこう良かったりして、音楽も途中に悲しい場面で楽し気な曲が使われてる失敗はあるものの、全体的にイタリアっぽい雰囲気が漂っていました。俳優の声はイタリアっぽく全てアフレコであるためか、どうしても抑揚が足りない。カリフォルニアだというのにイタリア感もあるのです。

 まぁ、そんなひどさもあるのに、シャチ愛が感じられることで評価はちょっとプラス。「海のギャング」、「海の暴れん坊」というイメージを払拭するかのように人間と友達なんだと訴えてくる(暴れてましたけど)。シャチは捕食目的で人間を襲ったことはないそうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

1.5サイテーB級映画…でもね、愛しいの(笑)

2020年5月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

興奮

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しゅうへい

3.0海洋モンスターパニックの元祖

2020年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

興奮

そりゃあ、最近のCG全盛のハリウッド作品に比べたら確かにチープではある。しかし、しかしである、これって43年前の作品でっせ。ドラキュラ、狼男等の魔物ホラーの歴史にグリズリー等動物モンスター作品の歴史に果敢に挑んだチャレンジ精神や良し!個人的にはジョーズと並ぶ海洋モンスターの元祖だと思ってます。小さい頃に観た時はちゃちいとは全く思わず、タコこえーって子供心に刻まれたのでした。ま、タコが人を襲うことはあまりあり得ないが大昔から巨大なダイオウイカやタコが客船を襲うことは伝説として語られてきたがこの作品はリアルな巨大タコ、(サイズ感が段々小さくなるだ笑)けど、ちゃんとしたタコです。ストーリー展開はダラダラ感が免れないが、背後に流れる当時のテーマとしてはなかなか上出来でしょう。懐かしさと製作者に敬意を表して星3つです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
としぱぱ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る