追想(1975)

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
追想(1975)
追想(1975)
35%
44%
21%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「冒険者たち」の名匠ロベール・アンリコが、「地下鉄のザジ」のフィリップ・ノワレと「離愁」のロミー・シュナイダーを主演に迎え、愛する家族をドイツ兵に殺された男の壮絶な戦いを描いた復讐劇。1944年、ナチスドイツ占領下にあるフランスの小都市モントーバン。フランス人外科医のジュリアンは、田舎に疎開させていた妻クララと娘フロランスをドイツ兵たちに惨殺されてしまう。ジュリアンは憎きドイツ兵たちに復讐するべく立ち上がり、古いショットガン1つでドイツ兵たちを殺害していく。そんな彼の脳裏に、家族と過ごした幸せな日々の記憶が次々とよみがえり……。日本では1976年に劇場公開。2017年9月、デジタルリマスター版で新宿シネマカリテほかにて39年ぶりにリバイバル公開。

1975年製作/102分/フランス
原題:Le vieux fusil
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1976年3月13日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • メメント
  • ヒッチハイク
  • フェノミナ
  • 魔性の夏 四谷怪談より
  • HAZE
  • 愛を複製する女
  • ディスコード
  • トーク・トゥ・ザ・デッド
  • クロユリ団地
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2011 - LCJ Editions et Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0トラウマ

Sweetさん
2020年10月15日
PCから投稿

幼少の頃、偶然目にしてトラウマになった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Sweet

5.0観て良かった、余韻の続く映画です

あき240さん
2020年7月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.0【愛する家族をドイツ兵に殺された男の壮絶な戦いを描いた復讐劇 1975年作のリバイバル公開作】

NOBUさん
2019年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 2018年に劇場で鑑賞すると、血糊の赤すぎる点などなど製作時代が今から40年以上前なので仕方がないかもしれないが、気になる点は多々ある。

 が、フィリップ・ノワル演じるジュリアン・ダンデュが妻クララをナチスドイツに無慈悲に殺害されるシーンから、ジュリアンが自らの住居を占領したドイツ軍の大尉たちに復讐していく様は、かなり迫力がある。

 火炎放射のシーンなど、今にして思えばタランティーノ監督が好きそうであるなあと思い出す。

<何故、今作が劇場でリバイバル公開された背景は知らないが、面白く鑑賞>

<2018年5月2日 旅先のミニシアターで鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

5.0家族を奪われた怒りが痛々しく燃え上がる不朽の名作

よねさん
2019年3月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1944年、ドイツ軍の占領下にあるフランスの小さな村モントーバン。医師のジュリアンは医療物資が不足する中次々に運び込まれるケガ人の治療に忙殺されていたが、負傷した反乱分子を強引に連れ出す兵士達に抵抗したことでドイツ軍に睨まれてしまう。戦況も悪化する中ジュリアンは妻クララと娘フロランスを自身の郷里に疎開させるが、ある日郷里を訪ねたジュリアンは夥しい数の遺体を発見、その中にクララとフロランスもいた。深い悲しみに暮れるジュリアンは隠してあったショットガンを手に取り村を占領したドイツ軍にたった一人で立ち向かう。

孤独な復讐劇の合間にジュリアン自身の幼少期の思い出やクララとの出会い、家族や村人たちとの団らんがフラッシュバックする構成は正に”追想”。妻クララを演じるロミー・シュナイダーの妖艶な美しさが何度も蘇り、物静かで優しいジュリアンを殺戮に駆り立てる痛々しさが淡いトーンの映像の向こうで燃え上がり、その炎が狂おしいまでに残酷な記憶までも瞬時に焼き尽くします。やはり名作、圧倒的な風格にしばし席を立てませんでした。

本作、初見でしたが要所要所でデジャヴが喚起されます。すなわち本作が以降の作品群にどれほど多大な影響を与えたかを如実に示しているわけで、個人的には記憶の彼方にあるぼんやりした思い出の中に一つ一つパズルのピースがパチンと嵌っていくかのような高揚感を味わいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る