ダルク家の三姉妹

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

運命の女性を追い冬のケベックに向かう若者の遍歴を描くラヴ・ロマンス。エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・レッドフォード、製作はリック・スティーヴンソン、監督は「プロミスト・ランド」のマイケル・ホフマン、脚本はルパート・ウォルタース、撮影はウェリー・スタイガー、音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演はパトリック・デンプシー、ジェニファー・コネリーほか。

1988年製作/アメリカ
原題:Some Girls
配給:MGM映画=UIP

ストーリー

ガブリエラ(ジェニファー・コネリー)に出逢って人生最大の恋をしたマイケル(パトリック・デンプシー)は彼女を追ってケベックの彼女の家に向かう。ところが彼女の態度は意に反して冷たく、ショックを受けたマイケルの前にイレンカ(シェイラ・ケリー)が現われ彼のベッドにもぐりこむとガブリエラの愛をつかむコツをアドバイスする。マイケルは意を決し、ガブリエラと2人きりで愛を確認しようとするが、そこを家族にみつかり恥をかく破目になる。ちょうどその頃入院中のガブリエラの祖母グラニー(リラ・ケドロワ)が病院を逃げ出し、マイケルはガブリエラ達と捜しに向かう。森の中で出逢ったマイケルを、グラニーは死んだ夫と思い込み思い出を語るのだった。翌日、車で彼女を病院に連れ戻そうとする途中、グラニーは帰らぬ人となった。葬儀の翌日、グラニーの墓を訪ねたマイケルは、彼女の若い頃の写真に瓜二つの女性にキスされた。言い知れぬ不思議を秘めた女性達の思い出を胸にマイケルはガブリエラらダルク家の姉妹に送られてケベックを後にするのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ダルク家の三姉妹」以外にこんな作品をCheck-inしています。