タイトロープ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
タイトロープ
タイトロープ
11%
21%
50%
14%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

美女連続殺人事件の犯人を追う刑事の捜査活動を描く。製作はクリント・イーストウッドとフリッツ・マーネイズ。監督・脚本は「アルカトラズからの脱出」(79)の脚本を書いてイーストウッドに認められたリチャード・タッグル。撮影はブルース・サーティーズ、音楽はレニー・ニーハウスが担当。出演はイーストウッドの他に、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ダン・ヘダヤ、クリントの12歳の実娘アリソン・イーストウッドなど。日本版字幕は岡枝慎二。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

1984年製作/アメリカ
原題:Tightrope
配給:ワーナー映画

ストーリー

ニューオリンズ。夜の歓楽街フレンチ・クォーターで働く赤毛の娼婦が殺された。市警のウェス・ブロック刑事(クリント・イーストウッド)は署から呼び出しをうけて現場に赴く。彼は妻と離婚し、アマンダ(アリソン・イーストウッド)とペニーという2人の娘と暮らしていた。その夜は、娘たちとフットボールの試合を見に行く約束をしていたのだが…。娼婦は手錠をはめられ、前後から犯された上、赤いリボンで首をしめられていた。美女連続殺人事件の2人目の犠牲者であった。その後、ブロックはレイプ・センターのベリル(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)という女性から面会を求められて捜査の手ぬるさをなじられた。夜、聞き込み捜査を再開し、ある娼婦の挑発にのり身をゆだねる。ネクタイを忘れて店から出てきた彼を、スニーカーをはいた男が見つめていた。第3の犠牲者が発見された。ブロックは聞き込み先の娼婦に手錠をかけてセックスし、快感を覚えるようになった。第4の犠牲者、それはブロックが関係した娼婦であった。アスレチック・クラブでベリルに再会したブロックは、ミシシッピ川をゆく遊覧船で食事をともにし、互いに心が通じあうのを感じる。署に犯人からの殺人予告がきた。予告のタイプされた名刺をたよりに彼はサムの店へ行き、そこからプラリーヌの店へ行った。近寄ってきたゲイの1人から倉庫で犯人と会うということを聞き出した。彼は約束の時間に倉庫に行き、ゲイの死体を発見した。つづいて2人の犠牲者が出た。第7の犠牲者の近くにはブロックのネクタイがあった。次の夜、ブロックは娘2人、べリルと一緒にカーニヴァルを楽しむ。そんな4人を、スニーカーをはいたピエロ姿の風船売りがじっと見つめていた。犯人像がしぼられ、ビール工場勤務者というところまで判明する。夜、ブロックが帰宅すると家政婦が殺され、アマンダは両手に手錠をはめられ犯されていた。彼の背後から犯人が襲いかかってくる。必死に抵抗すると、犯人は逃げ出した。ビール工場につとめるロルフという男が浮かびあがってきた。彼は元警官で、2人の少女をレイプしてブロックに逮捕された男だった。警察はベリルの家を見張るが、ロルフは見張りの警官を殺して侵入しベリルを殺そうとする。ブロックが駆けつけ、ロルフを長い追跡の末に鉄道線路でつかまえ手錠をかけた。ロルフはなおも暴れ、そこへ列車が通過。ブロックが立ちあがると、ロルフの手首だけが残っていた。(ワーナー映画配給亨一時間五四分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • アンチクライスト
  • ブリムストーン
  • ボーグマン
  • トラフィッカー 運び屋の女
  • X 謀略都市
  • ブルー・マインド
  • バニー・ザ・キラー
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.0セリフひとつひとつがかっこいい。

光陽さん
2020年5月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

一応、ハラハラドキドキはさせていただきまましたが、何か期待していたような意外性とかどんでん返しは特にありませんてした。
でもイーストウッドのセリフひとつひとつがオシャレでかっこ良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
光陽

0.5ただエロいだけの駄作

2020年5月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

内容がつまらないので、ちょこちょこエロい場面を入れたり、可愛いロリっ子を出したりして男の鑑賞者になんとか満足してもらおうという、最低な映画。サスペンス映画としては『羊たちの沈黙』のような「本物」の足元にも及ばず、エロを貫く潔さ、格好良さという点ではAVやAV女優に完敗している。
この作品は銃をバンバン撃つような内容ではないが、この時期の作品を後にクリント・イーストウッドは『ミスティック・リバー』の際のテレビインタビューで「銃をバンバン撃つような刑事ものには飽き飽きしていた」と述べており、ようするに出ている役者もつまらない、観る客もつまらない状態なわけだ。飽き飽きしているなら出るなよ!結局、金貰えるから出てたんだろうが。
クリント・イーストウッドはアメリカで日本車が売れまくってアメ車が売れなくなったとき、『グラン・トリノ』というオナニー以外の何物でもない作品を作り、最低なチンピラが乗る車をわざとホンダ車にした。本田宗一郎に対する敬意など微塵も無い。
『パーフェクト・ワールド』もひどいオナニー映画だったし、やたら評価が高い『ミスティック・リバー』は、明らかに「銃をバンバン撃つ映画に出ている、知的じゃない人」というイメージからの脱却と映画賞を露骨に狙いにいった作品なので、俺は評価していない。もちろん、あの映画の3人のメインキャストの演技は最高に素晴らしいが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
天才映画評論家・詠我 魅瑠造

3.0まあまあだった

2018年8月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
吉泉知彦

3.5味見する刑事

n.yamadaさん
2018年7月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

イーストウッドの娘も出演している、良作サスペンス。

娼婦の連続殺人。主人公の刑事は風俗店へ聴き込みに行くが、そこで体験(味見?)もするが、関係を持った女性が殺され始める…という内容。
って、そんなエロティックな作品に娘を出すかねぇ~

まぁ、なかなか楽しめるサスペンス作品でした(^^)b

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る