戦艦シュペー号の最後

劇場公開日

50%
0%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第二次大戦中、全世界に衝動を与えたドイツ戦艦グラフ・シュペー号の自爆という悲壮な事件を事実にもとづいて描くもので、製作・脚本・監督は「美わしのロザリンダ」のマイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーの共同。撮影も同じくクリストファー・チャリス、音楽は「文化果つるところ」のブライアン・イースデル、特殊技術はビル・ウォリントンとジェームズ・スノウ。主演は「潜水戦隊帰投せず」のジョン・グレグソン、「美わしのロザリンダ」のアンソニー・クェイル、「台風圏」のピーター・フィンチなど。

1956年製作/119分/イギリス
原題:The Battle of The River Plate
配給:BCFC=コロムビア

ストーリー

ヴェルサイユ条約で軍備制限を受けたドイツでは、知能を集めて優秀装備の小型戦艦を建造した。その一隻グラフ・シュペー号は第二次大戦、英独間に宣戦布告された際、すでに南大西洋上で連合国側商船撃沈の任務で待ち構えていた。一九三九年十一月、シュペー号はポルトガル領東アフリカ沖で英貨物船アフリカ・シェル号を撃沈。ダヴ船長を捕虜にしたが、シュペー号のラングスドルフ艦長(ピーター・フィンチ)は武人として捕虜達を礼節をもって遇した。シュペー号は洋上で補給船アルトマルク号と出会った際、同艦に収容されていた捕虜を移し乗せ、その後、英商船を相次いで撃沈する度に捕虜の数も五十名を越える有様となった。英国の巡洋艦隊--旗艦アジャクス号、アキレス号とエグゼター号は必死にシュペー号の行方を探し求めた。ハーウッド提督(アンソニー・クェイル)は各艦長と協議の上、南米ウルグアイの首都モンテヴィデオを河口とするプレート河沖で三隻の挾み討ちでやっつけようと作戦を練った。十二月十二日、アジャクス号がシュペー号を発見。三対一の海戦でエグゼターは甚大な損傷を受け、アキレス号も損傷、一方シュペー号も直撃弾で損害を被った。シュペー号はその日の夕刻、中立国ウルグアイのモンテヴィデオ港に遁入、ラングスドルフ艦長は全捕虜を釈放し修理を始める。ヘーグ条約の国際法では二十四時間以上在泊は許されない。ドイツ大使ラングマンらの在泊引延しの一方、英大使ドレークと仏大使デムウランもグヮニ外務大臣を訪れ出港を迫る。結局、七十二時間の滞留延長で出港となり、十七日夕刻、全世界注目の裡にシュペー号は大部分の乗組員を下船させておいて出港。ラングスドルフ艦長は、部下の死傷を避けるため、シュペー号を遂に自爆させた。補給船タコマ号の甲板から見つめるラングスドルフ艦長の悲痛な顔が印象的であった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

5.0最高の戦争映画のひとつ

あき240さん
2018年8月28日
Androidアプリから投稿

機動戦士ガンダムでホワイトベースが中立国サイド6に逃げ込むエピソードの元ネタ
戦艦シュペー号の物語は史実だが、ガンダムのそのエピソード構成と演出は本作から強く影響を強く受けている

実物の巡洋艦、登場人物本人の監修を受けて軍事マニアも細部まで満足いく出来映え
海戦シーン、洋上補給シーンどれも燃える!
また戦争音楽と云われる砲撃線の音が実にリアル
映画的な効果音ではなく実際の砲撃の音が本作では聞くことができる
海戦ものでは本作だけだろう

シュペー号艦長初め英独両軍の海軍軍人たちの描き方も単なる筋書きを演じさせるのではなく、人間を描けている

クライマックスの群衆に見送られ、ラジオの実況中継をされつつの、夕暮の出港と自爆シーンは実に美しい

戦争映画ファンで本作を観て無いなんてあり得ない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「戦艦シュペー号の最後」以外にこんな作品をCheck-inしています。