ダ・ヴィンチ・コード
ホーム > 作品情報 > 映画「ダ・ヴィンチ・コード」
メニュー

ダ・ヴィンチ・コード

劇場公開日

解説

ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を「ビューティフル・マインド」のオスカー監督、ロン・ハワードが映画化。ルーブル美術館で館長が殺害される事件が発生。調査を依頼されたハーバード大宗教象徴学教授ラングドンは、暗号解読官ソフィーとともに死体に隠された暗号を解読してゆく中で、カトリック教会が隠蔽してきたキリスト教史上最大の謎に行き当たる。「ターミナル」のトム・ハンクス、「アメリ」のオドレイ・トトゥらが出演。

作品データ

原題 The Da Vinci Code
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 150分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第30回 日本アカデミー賞(2007年)

ノミネート
外国作品賞  

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)

ノミネート
最優秀作曲賞 ハンス・ジマー

特集

こんなにあった!「ダ・ヴィンチ・コード」トリビア19~25
原作読者にはバレバレな気がしますが

映画のロケは観光都市であるパリやロンドンで行われたが、警備上の混乱をさけるため、スタッフは「ローズ・ライン・コード」(The Rose Line Code)と記されたジャンパーや帽子をかぶってカモフラージュした。オリジナルスコアを担当...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

原作の弱点がストレートに反映
ダ・ヴィンチ・コードの映画評論・批評

「ダ・ヴィンチ・コード」という小説は、聖杯伝説の真相を語るうんちく話はすこぶる面白いが、サスペンスとしては構成も詰めもかなり甘い。うんちくを語るために事件が起こり、キャラクターが配されているという感じさえある。その弱点を補強して、殺人...ダ・ヴィンチ・コードの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全72件)
  • 非キリスト教圏には難解。 無実の罪で逃げてたらキリスト教のタブーを暴いちゃったよ。 原作未読。まず難解。この映画でタブーとされることも、非キリスト教圏の我々としては「ふ〜ん、大変だなぁ」くらいにしか思えない。だから、登場... ...続きを読む

    awahira awahiraさん  2018年11月24日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 聖書を知れば楽しめるでしょう。 私は知りませんが。 ...続きを読む

    shige shigeさん  2018年10月12日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • クソ映画、トムハンクソ! キリストの子孫がいるようで、ブツダの子孫もいるのか? よく、夢枕に立つのがキリストで、俺にお前は私の子孫だとゆうことことで、右の頬を打たれて左の頬を差し出して、往復ビンタ百万回の半世紀でござる。... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年10月6日  評価:1.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「ロバート・ラングドン」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ダ・ヴィンチ・コード」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi