白い馬(1953)

劇場公開日

白い馬(1953)
0%
69%
25%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1953年のカンヌ国際映画祭で短編グランプリを受賞した、フランスのアルベール・ラモリス監督による名作ドラマ。南フランスの荒地に、野生馬が群れをなしていた。牧童たちは群れのリーダーである白い馬を捕獲しようと躍起になるが、なかなか上手くいかない。そんな中、同じく白い馬に魅せられた漁師の少年フォルコは、牧童たちから馬を守ろうと奮闘する。やがて馬もフォルコに心を許し、ともに牧童たちの追跡から逃れようとするが……。2008年、ラモリス監督の代表作でもある本作と「赤い風船」のデジタルリマスター版が2本立てでリバイバル公開された。

1953年製作/40分
原題:Crin blanc: Le cheval sauvage
配給:カフェグルーヴ、クレストインターナショナル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Copyright Films Montsouris 1953

映画レビュー

4.0少年の成長と旅たちの幻想的な世界観

Gustavさん
2020年5月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

荒涼たる湿地帯のロケーションがフランスの土地で野生の馬が生息していることに、まず驚く。今まで見たことのない幻想的な世界観に新鮮な感動を覚える。この野生馬を捕獲する人たちが、まるでアメリカ西部劇のカウボーイみたいでユニーク。「赤い風船」と同じく撮影カメラが素晴らしい。移動撮影とそのモンタージュ、神秘的なモノクロショットが動く絵画となって美しい。映像詩のラモリス監督の貴重な作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全1件)