ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

経済成長の波は西部にも容赦なく押しよせ、次第に失われていくフロンティアを背景に、崩れ行くロデオ一家の伝統と、それを守ろうとする男たちの姿を描く。製作はジョー・ワイザン、監督はサム・ペキンパー、脚本は小説家のジェブ・ローズブルック。撮影はルシエン・バラード、音楽はジェリー・フィールディング、編集はロバート・ウルフが各々担当。出演はスティーブ・マックィーン、ロバート・プレストン、アイダ・ルピノ、ベン・ジョンソン、ジョー・ドン・ベイカー、バーバラ・リー、メアリー・マーフィー、ウィリアム・マッキニー、ダブ・テーラー、マシュー・ペキンパー、サンダウン・スペンサーなど。

1972年製作/アメリカ
原題:Junior Bonner

ストーリー

アリゾナ州、プレストン。1972年ロデオのチャンピオン、ジュニア・ボナー(スティーブ・マックィーン)は、かつて西部でならしたロデオの名チャンピオンで、若い頃ニューヨーク・マディスン・スクェア・ガーデンのロデオ大会に出場したこともあるエース・ボナー(ロバート・プレストン)の次男で、ロデオ競技会を求めて転々とする西部の渡り鳥である。プレストンでは、今年も7月4日に84年の歴史を持つフロンティア・デイ記念ロデオ大会が行なわれようとしていた。ジュニア・ボナーは、このロデオ大会に出場するためにエースや母エルビラ(アイダ・ルピノ)、兄カーリー(ジョー・ドン・ベイカー)の住む故郷の町プレストンに帰ってきた。彼がこの大会で戦いたいと思っているのは、かつて戦って乗りこなせなかった、牧場主バック・ローン(ベン・ジョンソン)の持ち牛サンシャイン号だった。愛馬をトレーラーに乗せ故郷に帰った彼は早速、町はずれにあるエースの牧場を訪れた。しかし、牧場はブルドーザーに掘り返され、長年住んでいた家も無惨にもとりこわされようとしていた。ボナー家の長男カーリーがエースからその土地を買い取り、宅地として開発しようとしていたのだ。一方、エースはその金で銀採掘を試みたが成果があがらず、オーストラリアでの黄金採掘によって一旗をあげようとしていた。町に着いたジュニアは出場の手続きをすませ、両親の住んでいる家を訪ねた。だが母エルビラには会うことができたが、エースは自動車事故にあい入院中だった。その夜、ジュニアは久しぶりに家族と夕食を共にした。7月4目。いよいよロデオ大会が開催される日がきた。エースは病院のベッドでじっとしていることができず、看護婦が止めるのもきかずパレードに飛びだした。ジュニアはパレードの中のエースを発見し、馬に相乗りしてパレードを共にしたが、やがて横道にそれ、さびれた古い駅のベンチに腰掛けた。エースはオーストラリアに行くための費用をねだったが、あいにくジュニアは無一文だった。やがてロデオ大会が始まった。父親と一緒に参加した乳しぼり競争が終わり、休憩になった。競技を見にきた町の人たちはパレス・バーへ流れ、エース一家もそこに集まった。やがてダンスとなり、ジュニアは少し前に知りあった美しい女シャーメイン(バーバラ・リー)と踊り、楽しいひとときを送ったが、彼女をめぐって始まった喧嘩は連鎖反応的に乱闘にまで発展した。ロデオ大会は予定通り午後3時半から再開された。競技種目は、当日の有終の美を飾る荒牛乗りで、ジュニアは目的のサンシャイン号に再挑戦して、8秒を上廻る新記録をだして賞金950ドルを得た。数時間後、飛行機で立つシャーメインを空港まで送っていったジュニアは、もう一度母親に別れを告げてその足で旅行代理店に立ち寄り、オーストラリア・シドニー行きの片道切符を買った。ジュニアは、エースと愛犬の2枚のその切符をパレス・バーにいる父親エースに届けてもらうように代理店に頼んでから、再び、ロデオの旅に出発した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0ペキンパー監督の穏やかな面が全開の味わい深い感動作

2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

サム・ペキンパー監督映画第7作目。超久しぶりに鑑賞。前作「わらの犬」で描かれた究極のバイオレンスとは打って変わって、穏やかな感動作。同じくペキンパー穏やかサイドの「昼下りの決斗」や「砂漠の流れ者」よりも落ち着いていて、ペキンパー監督史上最も穏やな作品と言って間違いない。前作は究極のバイオレンス。今作は穏やかな感動作。ペキンパー監督の極端さには毎回驚かされる。

内容はこれぞペキンパー監督というような内容。スローモーションなどを使った映像スタイルもそうだが、時代に取り残されつつあるものの姿がこの作品にも描かれている。

とても味わい深い感動がある作品。マックイーンの演技も味わい深くて素晴らしかった。アリゾナの景色も印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントニオバンデラス
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。