ジャイアンツ

劇場公開日

23%
56%
17%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テキサスの大牧場で暮らす家族の30年にわたる人間模様を描き、ジェームズ・ディーンの遺作となった大河ドラマ。エドナ・ファーバーのベストセラー小説を基に、「シェーン」の名匠ジョージ・スティーブンスがメガホンをとり、1957年・第29回アカデミー賞で監督賞を受賞した。1920年代。東部バージニアの名家の次女レズリーは、テキサスで大牧場を営むベネディクト家の青年ビックと恋に落ち、結婚する。希望を胸にテキサスへとやって来たものの、東部とは全く異なる価値観や生活習慣の違いに戸惑い、なかなかなじむことができない。ビックの助手を務める牧童ジェットは、レズリーに密かに恋心を抱いていた。やがてジェットは石油を掘り当てて大富豪となり、ベネディクト家を去る。牧場主ビックをロック・ハドソン、妻レズリーをエリザベス・テイラー、牧童ジェットをディーンが演じた。2021年1月、「ジェームス・ディーン生誕90周年記念上映」(21年1月29日~、新宿ピカデリー&なんばパークスシネマ)でリバイバル上映。

1956年製作/201分/アメリカ
原題:Giant
配給:ワーナー・ブラザース映画
日本初公開:1956年12月22日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第14回 ゴールデングローブ賞(1957年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ジョージ・スティーブンス
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1956 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画レビュー

5.0何度でも見返したい名シーンが数珠繋ぎのカルトムービー

2021年1月31日
PCから投稿

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

3.0ジェームス・ディーンよりも長さが気になる

2022年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

実在の富豪をモデルにしたような、アメリカでの成功一代記。とにかく長い。重厚長大さが、国力の表れでもあった映画産業で、作品の尺が長くなるのは、当時のトレンドだったのか。途中で何度も離脱しそうになったが、最後にディーンのいい芝居が見れるので、そこまで我慢してよかったな。と。

2018.1.21

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.5結構よかった.情けない感想になるけどそんな感じの作品だった.家族の...

さん
2022年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

結構よかった.情けない感想になるけどそんな感じの作品だった.家族のこと,偏見のこと,ビジネスのこと,戦争のこと,それぞれが緩やかに相互作用しあって,問題をたくさん抱えながらも仕方ないかとあきらめていく話.家族というのはそういうものだと思う.
印象に残ったシーンは葬式のシーンで,あのシーンだけでも見る価値がある.死んだ彼はメインのキャラクターではないけれど,なぜか印象深い役回りだった.そしてやはり,戦争という装置に巻き込まれる人々のむなしさを思う.正確に言えば,戦争という装置によって殺されるときに,周囲の人はその出来事を咀嚼できないものだという事だろうか.ウクライナ危機で人々が戦争の可能性を過大にも過小にも評価している今,戦争を内地から眺める時の視点を知ることができたのはよかったんだろう.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケ

4.5【アメリカの物語】

ワンコさん
2021年2月1日
iPhoneアプリから投稿

ジェットへの気持ちを忘れたように、抜き去る車を運転する男に目を奪われたり、レズリーにケンカを褒められていい気になったり、アメリカの女も男も結構単純だ。

それが、この国の良いところでもあり、痛いところなのかもしれない。

南北戦争で袂を分かって戦った、東部エスタブリッュメントと、南西部で育った男女の物語は、アメリカという国の物語に重なる。

ビックとレズリーは家族となり、レズリーは、伝統的南部の家族の封建的な考え方に新風を送り込む。
ビックはレズリーの考え方を、葛藤しながらも、僅かずつだが受け入れる。
子育て、子供の進路・結婚・職業の選択・独立…、こうしたもの全てが変わっていく。
ただ、これは、この時代のアメリカが経験したことでもある。

社会も大きな変革を迫られる。
第二次世界大戦をきっかけに、アメリカは世界のあちこちで戦争を行うようになる。

大戦で命を落としたアンヘル。
ビックは家族に旗を捧げようとするが、国家のために命を落とさないと、有色人種はアメリカ国民として讃えられないのか。
ビックの自問自答は続く。

そして、継続する戦争や張り巡らされる交通網で、エネルギー需要は天井知らずだ。

60年代になると、公民権運動と女性解放運動で、アメリカ南部の伝統的なものの考え方や因習は更に揺さぶられ、変革を余儀なくされる。

それまでの間、ビックは、人種差別という偏見とも戦うようになっていったのだ。

ジェットは、石油を掘り当て、巨万の富を築いたが、ずっとレズリーを愛し続け、孤独と戦い続ける。

レズリーも、ビックも変わった。
だが、変わらなかったものは、ジェットの秘めたレズリーへの気持ちだ。

この孤独の悲しさがカタルシスとなって、世の女性のハートを鷲掴みしたのではないか。

ジェームズ・ディーン大好きの僕の母親の最もお気に入りの作品は「ジャイアンツ」だ。

若い時に観た時は、「理由なき反抗」のジェームズ・ディーンの方がカッコいいじゃんとか思っていたが、今は、そのカタルシスを理解できる。

僕の映画好きは、母親のジェームズ・ディーン好きの影響もあるが、田舎の母親は、僕がこんなにたくさん映画を観ていることは知らない。

※ 今回のリバイバルで、通しでジェームズ・ディーン作品を3本観たが、分断に揺れ動く今の時代だからこそ面白いのではと考えさらされる映画たちだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 32 件)
ワンコ
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る