ジャイアンツ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジャイアンツ
23%
56%
17%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テキサスの大牧場で暮らす家族の30年にわたる人間模様を描き、ジェームズ・ディーンの遺作となった大河ドラマ。エドナ・ファーバーのベストセラー小説を基に、「シェーン」の名匠ジョージ・スティーブンスがメガホンをとり、1957年・第29回アカデミー賞で監督賞を受賞した。1920年代。東部バージニアの名家の次女レズリーは、テキサスで大牧場を営むベネディクト家の青年ビックと恋に落ち、結婚する。希望を胸にテキサスへとやって来たものの、東部とは全く異なる価値観や生活習慣の違いに戸惑い、なかなかなじむことができない。ビックの助手を務める牧童ジェットは、レズリーに密かに恋心を抱いていた。やがてジェットは石油を掘り当てて大富豪となり、ベネディクト家を去る。牧場主ビックをロック・ハドソン、妻レズリーをエリザベス・テイラー、牧童ジェットをディーンが演じた。2021年1月、「ジェームス・ディーン生誕90周年記念上映」(21年1月29日~、新宿ピカデリー&なんばパークスシネマ)でリバイバル上映。

1956年製作/201分/アメリカ
原題:Giant
配給:ワーナー・ブラザース映画
日本初公開:1956年12月22日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第14回 ゴールデングローブ賞(1957年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ジョージ・スティーブンス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1956 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画レビュー

5.0何度でも見返したい名シーンが数珠繋ぎのカルトムービー

2021年1月31日
PCから投稿

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
清藤秀人

4.5【アメリカの物語】

ワンコさん
2021年2月1日
iPhoneアプリから投稿

ジェットへの気持ちを忘れたように、抜き去る車を運転する男に目を奪われたり、レズリーにケンカを褒められていい気になったり、アメリカの女も男も結構単純だ。

それが、この国の良いところでもあり、痛いところなのかもしれない。

南北戦争で袂を分かって戦った、東部エスタブリッュメントと、南西部で育った男女の物語は、アメリカという国の物語に重なる。

ビックとレズリーは家族となり、レズリーは、伝統的南部の家族の封建的な考え方に新風を送り込む。
ビックはレズリーの考え方を、葛藤しながらも、僅かずつだが受け入れる。
子育て、子供の進路・結婚・職業の選択・独立…、こうしたもの全てが変わっていく。
ただ、これは、この時代のアメリカが経験したことでもある。

社会も大きな変革を迫られる。
第二次世界大戦をきっかけに、アメリカは世界のあちこちで戦争を行うようになる。

大戦で命を落としたアンヘル。
ビックは家族に旗を捧げようとするが、国家のために命を落とさないと、有色人種はアメリカ国民として讃えられないのか。
ビックの自問自答は続く。

そして、継続する戦争や張り巡らされる交通網で、エネルギー需要は天井知らずだ。

60年代になると、公民権運動と女性解放運動で、アメリカ南部の伝統的なものの考え方や因習は更に揺さぶられ、変革を余儀なくされる。

それまでの間、ビックは、人種差別という偏見とも戦うようになっていったのだ。

ジェットは、石油を掘り当て、巨万の富を築いたが、ずっとレズリーを愛し続け、孤独と戦い続ける。

レズリーも、ビックも変わった。
だが、変わらなかったものは、ジェットの秘めたレズリーへの気持ちだ。

この孤独の悲しさがカタルシスとなって、世の女性のハートを鷲掴みしたのではないか。

ジェームズ・ディーン大好きの僕の母親の最もお気に入りの作品は「ジャイアンツ」だ。

若い時に観た時は、「理由なき反抗」のジェームズ・ディーンの方がカッコいいじゃんとか思っていたが、今は、そのカタルシスを理解できる。

僕の映画好きは、母親のジェームズ・ディーン好きの影響もあるが、田舎の母親は、僕がこんなにたくさん映画を観ていることは知らない。

※ 今回のリバイバルで、通しでジェームズ・ディーン作品を3本観たが、分断に揺れ動く今の時代だからこそ面白いのではと考えさらされる映画たちだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 32 件)
ワンコ

2.5西部開拓時代の家族とその周辺の一代期

jyoueharaさん
2019年11月21日
iPhoneアプリから投稿

西部開拓時代の家族とその周辺の一代期

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
jyouehara

3.0グレートテキサンの差別と偏見と誇り、と純愛

kazzさん
2018年12月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ジョージ・スティーブンス監督が、「陽のあたる場所」('51)に次いでオスカーを得た長尺の大河ドラマ。
どちらもエリザベス・テイラーと組んだ作品。
これの前作が「シェーン」('53)で、日本ではオスカー2作品よりもこちらの方が人気は高い。
アメリカの家族を得意な題材とする監督が、
近代化に向かって大きく動いた時代を背景に、
東部の気位が高い娘が、
アメリカにあっても特異な地域であるテキサスの大牧場一家に嫁ぐことで起きる、
異文化の交わりを描いている。

永年に渡ってアメリカ人が選ぶグッドルッキングのナンバーワンであり続けたエリザベス・テイラーは、この頃まだ20代前半。
美しさの中に凛とした強さが顔立ちに現れていて貫禄すら感じる。
日本ではマリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンほどは親しまれなかった(と思う)が、
日本でも美人の代名詞だった。

主演の3人が老け役まで演じているが、卑屈な若者が成り上がり、結局はその孤独を埋めきれないまま破滅していくジェームズ・ディーンの役が最も変遷する。
体格のいいロック・ハドソンに対して、ジェームズ・ディーンは小さく華奢に見える。

人種差別、性差別の因習にとらわれ、家業の牧場を次代に継承することを当然と考える夫。
その夫に毅然と対峙しながらも、深い愛情を示す妻の強さと包容力。
ロック・ハドソンもエリザベス・テイラーも、この二人の関係を見事に演じていた。
紆余曲折あろうとも、お互いに支え合うのがジョージ・スティーブンスの夫婦像。
そして遂に夫が差別と戦う意を決したことを、レストラン店主との乱闘で描く構成は、長い物語のこれこそがクライマックスと言って良い気迫の演出で、この後静かに迎えるエンディングの印象をより強くする。

さて、因習との戦いを本線とした物語であるが、
実は、ジェームズ・ディーンの一途な片想いの物語でもあった。
最初の登場場面から、ジェームズ・ディーンの演技は偏執的だ。
ロック・ハドソンがなぜ彼を嫌っているのか、原因は語られない。
が、ジェームズ・ディーンの演技は嫌われものよろしく、
最後に一人語りでエリザベス・テイラーへの想いを吐露する場面は、
純愛への感動よりも、成就しない片想いに執着した男の憐れを感じる。

長い物語の割に舞台は局地的で、退屈に感じる人もいるだろう。
今の時代に観ると、評価が二分する作品ではないかと思う。
自分は及第点とした(ズルい)が。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
kazz
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る