ジャイアンツ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジャイアンツ
21%
57%
19%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ショウ・ボート」の原作者エドナ・ファーバー女史の筆になるベストセラー小説の映画化である。脚色はフレッド・ガイオルと「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットの共同、「シェーン」のジョージ・スティーヴンスがヘンリー・ギンスバーグと共同製作の上、監督した。撮影は「カービン銃第1号」のウィリアム・C・メラー、音楽は「ピラミッド(1955)」のディミトリ・ティオムキン。主演は「雨の朝巴里に死す」のエリザベス・テイラー、「理由なき反抗」のジェームズ・ディーン、「風と共に散る」のロック・ハドソン。他に新星キャロル・ベイカー、「理由なき反抗」のデニス・ホッパー、サル・ミネオなど。

1956年製作/アメリカ
原題:Giant
配給:ワーナー・ブラザース

ストーリー

第1次大戦の終わった1920年頃。東部ヴァージニアで美しさを謳われた、リントン家の三姉妹の次女レスリイ(エリザベス・テイラー)は、馬好きの父ホーレスを訪ねて来たテキサス青年ビック(ロック・ハドソン)と知り合う。東部育ちのレスリイは、たくましいビックに惹かれ、2人は恋し合った末に両親の許可を得て結婚した。ビックは花嫁を連れて故郷へと戻った。広い牧場の真中にそびえるヴィクトリア朝風の大邸宅。3代に亘る開拓者の匂いのしみこんだ家を切り廻しているのは、ビックの姉ラズ(M・マッケンブリッジ)。女丈夫のため、主婦どころかお客さま扱いのレスリイの夢は無惨に打ち砕かれた。頼りにする夫も仕事のため、一緒に食事をする暇もない有様。東部とテキサスの生活の違いを感じ出したレスリイは、人種差別の激しさに驚いた。ビックの助手格のジェット・リンク(ジェームズ・ディーン)は、少年時代から一緒に育った仲なので家族同様に待遇されているが、彼女を見る眼差しから、レスリイは彼が唯の使用人にはないもの持っていると感じた。やがて落馬が原因でラズは死亡。ようやく主婦の立場をとり戻したレスリイも、愛するビックとの間の暮らし方の溝はどうにもならなかった。月日は流れ、夫婦の間には1男2女が生まれた。かねて石油発掘に夢中だったジェットは、遂に金星を射止め、千万長者として牧場を去って行った。すくすくと育つ子供達。後とりのジョーデイにビックは牧場主の心得を教え込むが、実は母に似て学問好き。医者になりたいと申し出て父親を悲しませる。程なく第2次大戦が勃発。双子の娘の1人ジュデイはボップと結婚し、医科大学を卒えたジョーデイもメキシコ娘ファナと結婚の上、貧しいメキシコ人のため診療所を開いた。ビックは怒ったが、レスリイは満足の笑いを洩らす。戦争で成金となったジェットは、ホテルの新築祝いに一家を招待し、双子の娘ラズに夢中になってしまう。人種的差別に立腹したジョーデイはジェットのために殴り倒され、ビツクは怒るが、泥酔したジェットの姿に手を加えず立ち去った。牧場王のビックも巣立つ子供たちは押さえられない。俺は失敗だったらしいというビックに、そんなことはないと答えるレスリイは、30年前の自分の花嫁姿を夢のように思い出していた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第14回 ゴールデングローブ賞(1957年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ジョージ・スティーブンス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5西部開拓時代の家族とその周辺の一代期

jyoueharaさん
2019年11月21日
iPhoneアプリから投稿

西部開拓時代の家族とその周辺の一代期

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jyouehara

3.0グレートテキサンの差別と偏見と誇り、と純愛

kazzさん
2018年12月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ジョージ・スティーブンス監督が、「陽のあたる場所」('51)に次いでオスカーを得た長尺の大河ドラマ。
どちらもエリザベス・テイラーと組んだ作品。
これの前作が「シェーン」('53)で、日本ではオスカー2作品よりもこちらの方が人気は高い。
アメリカの家族を得意な題材とする監督が、
近代化に向かって大きく動いた時代を背景に、
東部の気位が高い娘が、
アメリカにあっても特異な地域であるテキサスの大牧場一家に嫁ぐことで起きる、
異文化の交わりを描いている。

永年に渡ってアメリカ人が選ぶグッドルッキングのナンバーワンであり続けたエリザベス・テイラーは、この頃まだ20代前半。
美しさの中に凛とした強さが顔立ちに現れていて貫禄すら感じる。
日本ではマリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンほどは親しまれなかった(と思う)が、
日本でも美人の代名詞だった。

主演の3人が老け役まで演じているが、卑屈な若者が成り上がり、結局はその孤独を埋めきれないまま破滅していくジェームズ・ディーンの役が最も変遷する。
体格のいいロック・ハドソンに対して、ジェームズ・ディーンは小さく華奢に見える。

人種差別、性差別の因習にとらわれ、家業の牧場を次代に継承することを当然と考える夫。
その夫に毅然と対峙しながらも、深い愛情を示す妻の強さと包容力。
ロック・ハドソンもエリザベス・テイラーも、この二人の関係を見事に演じていた。
紆余曲折あろうとも、お互いに支え合うのがジョージ・スティーブンスの夫婦像。
そして遂に夫が差別と戦う意を決したことを、レストラン店主との乱闘で描く構成は、長い物語のこれこそがクライマックスと言って良い気迫の演出で、この後静かに迎えるエンディングの印象をより強くする。

さて、因習との戦いを本線とした物語であるが、
実は、ジェームズ・ディーンの一途な片想いの物語でもあった。
最初の登場場面から、ジェームズ・ディーンの演技は偏執的だ。
ロック・ハドソンがなぜ彼を嫌っているのか、原因は語られない。
が、ジェームズ・ディーンの演技は嫌われものよろしく、
最後に一人語りでエリザベス・テイラーへの想いを吐露する場面は、
純愛への感動よりも、成就しない片想いに執着した男の憐れを感じる。

長い物語の割に舞台は局地的で、退屈に感じる人もいるだろう。
今の時代に観ると、評価が二分する作品ではないかと思う。
自分は及第点とした(ズルい)が。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kazz

4.0The Benedict Family's real big success. テキサス農園家族の一代記。

アキ爺さん
2018年12月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

3.5途中休憩ありの超大作。録画用HDの限界が近いのでやむなく選択(笑)...

2018年12月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

途中休憩ありの超大作。録画用HDの限界が近いのでやむなく選択(笑)
E・テーラー、R・ハドソン主演。J・ディーンの登場で三角関係かと思いきや…最近のドラマの見過ぎですね(笑)
しかしこのディーンの役どころ、さわやかさがない。成金富豪が似合ってない。グラサンかけたとことか田代マーシーかと思いましたよ(笑)
最後が差別問題一辺倒になってしまったのが惜しい。まあ当時の大問題だったんでしょうね。
3時間越えの作品だけど割に飽きずに見ることが出来た。良作ってことでしょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る