静かなる男

ALLTIME BEST

劇場公開日

22%
35%
30%
4%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

米アカデミー賞で史上最多となる4回の監督賞を受賞し、「男の敵」「駅馬車」「怒りの葡萄」など不朽の名作の数々を残したジョン・フォード監督が、自身のルーツでもあるアイルランドの小さな村を舞台に、詩情豊かな人間関係を描き出したヒューマンラブストーリー。アメリカでボクサーとして暮らしていたシーン・ソーントンは、戦いの場から身を引き、故郷のアイルランドに戻ってくる。他人の手にわたっていた生家を買い戻し、静かに暮らそうと考えていたシーンだったが、村の大地主で乱暴者のレッドもその家を買い取ろうと計画していた。シーンは村に着いてすぐに出会った娘メリー・ケイトと恋仲になっていたが、彼女がレッドの妹であったことから、事態はさらに面倒なことになってしまう。主演はフォード作品に欠かせないジョン・ウェインとモーリン・オハラ。1952年・第25回アカデミー賞では作品賞ほか7部門にノミネート。フォードが4度目の監督賞を手にした。ジョン・フォード監督生誕120周年を記念した2014年、デジタルリマスター版でリバイバル。

1952年製作/129分/アメリカ
原題:The Quiet Man
配給:マーメイドフィルム
日本初公開:1953年3月3日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第25回 アカデミー賞(1953年)

ノミネート

作品賞  
助演男優賞 ビクター・マクラグレン
脚色賞 フランク・S・ニュージェント
美術賞(カラー)  
音響録音賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)1952 MELANGE PICTURES LLC. (C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHT RESERVED

映画レビュー

3.0長尺…

2022年4月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

1.0ジョン・ウェインと愉快な仲間たち

2021年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

米国育ちの屈強な男はアイルランドにルーツがあり、ぼろぼろになった生家を買い取ろうとアイルランドに帰ってきた。その時美しい女性を見かけるが、それは生家買取のライバルである隣家の人だった。

ジョン・ウェインには合わない幼稚な恋愛映画。
映画として面白くはなかったです。
アイルランドの風景を詩情豊かに撮影しており、きっと監督か撮影監督がアイルランドに思い入れがあるのだろうなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほとはら

3.0アイルランド問題での融和を期待した作品?

2021年6月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

なんとも不思議な映画だった。
中盤までは、
アメリカの開かれた進歩的文化と
アイルランドの閉じた伝統文化・風習との
葛藤が展開される中、
主人公が元ボクサーで試合中に相手を
殴り殺してしまったトラウマを抱えていた
という要素も加わるという、基本的には
シリアスな問題を扱っている作品なのだが、
コメディムードに包まれた作風だった。
そして、なんと最後は
徹底的なコメディタッチになったしまった。

そんな中で、カトリック対プロテスタント
の融和を期待するフォード監督の製作意図が
見えてきたように思えたがどうだろうか。

元々この作品のキネマ旬報での評価は高い。
「禁じられた遊び」「ライムライト」「探偵物語」
「落ちた偶像」「終着駅」「シェーン」等の、現在
でも誉れ高い名作の数々が公開された年に、
堂々の第6位にランクインされている。

シリアスな作品が多かった中で、
一服の清涼剤として日本人の感性にフィット
したのだろうか。

それにしてもこの作品の題名「静かなる男」の
意味が判らず、
どなたかに教えて頂けましたら助かります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KENZO一級建築士事務所

4.5アイルランド

2020年2月18日
Androidアプリから投稿

アイルランド系アメリカ人 ソートン(ウェイン)が
故郷アイルランドに戻り、その文化や気質、大自然に触れながら傷心を癒してゆく物語

若い頃 この地を訪れ、アィデンティティを再認識した監督の姿に重なる

静かなソートンと対照的な人々
〈アイルランド気質〉というものを これでもかと見せてくれる

今はもう無いと思われる 茅葺き屋根の家や
メアリーケイト(オハラ)の喋る ゲール語が面白かった

傷心の男を演じたウェインは 繊細で美しく
彼の知らない一面を 見たような気がした

気の強いアイルランド女は〈赤毛〉
というイメージがあるが
実際には〈赤毛〉は少ないらしいです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る