ザ・ブッチャー

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人を殺しその人肉をソーセージにして売りさばく肉屋の狂気を描く。監督はグイド・ズーリ、製作・脚本はエンゾ・ギッカ、カーリ・ロスとズーリ、撮影はアウグスト・ティージ、音楽はアレッサンドロ・アレッサンドローニが担当。出演はヴィクター・ブオノほか。

1971年製作/イタリア・モナコ合作
原題:Lo Strangolatore di Vienna
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

30年のウィーン。精神病院を退院した肉屋の主人オットー(ヴィクター・ブオノ)は、口うるさい妻を誤って殺してしまい、死体の処理に困りそれをソーセージにして売りに出すと大当たりになる。やがて義弟ブリナーの連れてきた娼婦を精肉にするが、警察の捜査は進行していた。一方恋人との密会を母親に見とがめられた隣家の娘ゲルタ(フランカ・ポールセロー)は、オットーの家に泊まることにするが、ふとした偶然から彼の秘密を知り、監禁されてしまう。ゲルタの危機を知った恋人のアメリカ人記者は、絞殺されようとしている彼女を間一髪のところで救い出し、オットーを煮たった肉ボイル鍋の中に突き落とすのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る