サイクロンZ

劇場公開日

9%
28%
52%
9%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

女好きの弁護士が悪の組織を仲間と共に壊滅させるアクション・コメディ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、企画・製作はジャッキー・チェン(成龍)とユン・ケイ(元奎)、監督は「七福星」のサモ・ハン・キンポー(洪金寶)、脚本はシートゥ・チャホン(司従卓漢)、撮影はリョウ・ジイメン(梁志明)とチョウ・イウゾウ(張燿祖)、音楽はジェームズ・ウォン(黄霑)が担当。出演はジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウ(元彪)、ディニー・イップ(葉徳嫻)、ポーリン・ヤン(楊寶玲)、クリスタル・コオ(郭錦恩)、ユン・ワー(元華)、ベニー・ユキーデなど。

1988年製作/97分/香港
原題:飛龍猛将
配給:東宝東和

ストーリー

香港でも熱血漢弁護士として知られるジャッキー(ジャッキー・チェン)は、企業から仕事を依頼される。化学原料工場からの汚水が、近くの漁場を汚染したとの訴えに対処するためだ。訟訴の代表者イップ(ディニー・イップ)の姪メイ(ポーリン・ヤン)にジャッキーは会うが、女の子とみるとすぐにちょっかいを出す彼も一目でゾッコン。訟訴をとり下げ事件解決の早道は、企業が漁場を買いとることだ。ジャッキーは友人のブローカーのウォン(サモ・ハン・キンポー)に買収工作をすすめ、ウォンはイップの隣に引越し、彼女に接近する。一方ジャッキーはトン(ユン・ピョウ)を情報収集のため雇う。面識のないトンとウォンの間で気まずい空気が流れ、ジャッキーの恋やウォンの策略の邪魔となる。さて、ジャッキーの依頼主は組織のボスのファー(ユン・ワー)。工場では実は麻薬精製が行なわれていたのだ。ウォンとメイ、トンが工場に侵入してつかまり、殺し屋(ベニー・ユキーデ)たちの魔の手が近づく。からくも脱出したトン。そして気づいたジャッキーは、工場に向かう。乱闘につぐ乱闘の果て、ついに組織は壊滅。すべてはまるく、おさまった--。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0サモハンキンポー監督!

2022年3月8日
iPhoneアプリから投稿

ジャッキー映画と言われるけど、監督はサモハンキンポーの作品が一番好き!

サモハン、ジャッキー、ユンピョウの華麗なアクションが見られるのはこのサイクロンZが一番だと思う!
サモハンの求愛のシーン、軽薄ジャッキーの法廷のシーンも何度観ても微笑ましか思います。

ストーリーはスパルタンxのほうが好きだけど!

あくまで個人的な好みです。

元気が欲しいときに、
何回も何回も何回も観直せる映画は、この2作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ししまる

3.03人が見たいならこれ。

みーさん
2021年12月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前半はドタバタ、女子とのラブストーリー的な感じ。
ラストは流石!!のアクションシーン。
狭いところでも飛び跳ねて身軽なユンピョウ
動けるデブの代表、サモハンキンポー
ラストはやっぱりジャッキーチェン。
生身でバンバンにガラスとか板とか棒とかにぶち当たってて本当に痛そう。
ユキーデとの格闘シーンも、カッコ良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みー

3.0ストーリーが・・

かつさん
2019年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 原題は、DRAGON FOREVERなのに、どういう経緯で「サイクロンZ」っていう邦題になったのかな
 アクションクオリティはさすがはジャッキーという感じ。さらに、サモハン、ユンピョウまで揃い踏みで見ごたえ十分だった。ユンピョウ、ジャッキー、サモハンが横並びのワンショットは映えますね。最後の化学工場でのアクションシーンは迫力と派手さが満点でよかった。
 ただストーリーがヌルい&ユルい・・ ジャッキーとサモハンに純愛ストーリーをやらせたら、こんなにもつまんないのかとがっかりしてしまった。裁判のシーンなんか、裁判長まで加わっての茶番劇。。ジャッキー映画にストーリーの質は求めてないとはいえ、今作はちょっとヒドかった・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かつ

4.5原題 『ドラゴンズ フォーエヴァー』

2017年8月24日
Androidアプリから投稿

監督が、リアルヒッティングを推奨する、サモ ハン キンポー
製作が、ジャッキー・チェンと、『トランスポーター』『DEAD OR ALIVE』の、コリー ユン(ユン ケイ)、
これだけでも凄いのに、
主演が、ジャッキー・チェン、サモ ハン キンポー、ユン ピョウ、更に悪役で、ベニー・ユキーデ、ビリー チョウ、ユン ワー、
これだけ揃って、傑作が産まれない訳が無い…、

弁護士のジャッキーと子悪党のサモ ハンの恋愛コメディも楽しいし、ラストの敵のアジトでの格闘シーンは、何度観ても熱くなる。

ジャッキー・チェンのラストの胴回し空転蹴りは、チン ガーロッらしいが、そこはやはりジャッキー・チェンとコリー ユン、サモハンが組めば、上手い人を使い映画を仕上げるのは当たり前の行為だと思う。

もー、こんな香港映画はできないんだろーなぁと、観る度に思う。

だからと言って、この三人が同窓会的に緩い映画には、出てほしくない。

正に、『ドラゴンズ フォーエヴァー』な作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レトログレイド 373
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る