コレクター(1965)

劇場公開日

13%
52%
22%
13%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョン・ファウルズの原作をスタンリー・マンとジョン・コーンが共同で脚色、「噂の二人」のウィリアム・ワイラーが監督した心理サスペンス・ドラマ。撮影はロバート・サーティース、ロバート・クラスカー、音楽は「日曜日には鼠を殺せ」のモーリス・ジャールが担当した。出演はテレンス・スタンプ(カンヌ映画祭主演男優賞)、サマンサ・エッガー(同主演女優賞)、モナ・ウォッシュ・ボーンなど。製作はジャド・キンバーグとジョン・コーン。

1965年製作/アメリカ
原題:The Collector
配給:コロムビア

ストーリー

銀行に勤めるフレディー(テレンス・スタンプ)は、蝶を集めることに熱中していた。その蝶をクロロフォルムで殺すとき、何もかも忘れてしまうという変わった男だった。ある時、フレディーは賭けで大金を手に入れた。彼は郊外に家を買い、調度品を揃えた。そして美術学校に通う魅力的なミランダ(サマンサ・エッガー)という娘を誘拐し、強制的に同棲生活を送ることを計画、実行した。奇妙な生活だった。ミランダが欲しがるものは何でも買い与えた。だが決して監視の目はゆるめない。同時に彼女の方はたえず逃げる機会をうかがった。手を縛られて散歩した時も、ある夜に予期せぬ来客があった時も通報する機会をもう少しのところで失ってしまった。激しい雨の夜、ミランダはフレディーをシャベルで殴り、逃走を試みた。彼は血まみれになりながらも、ミランダを芝生の上でひきずり回した。病院で手当てを受けたフレディーが帰ってくると、ミランダは肺炎を起こして重体だった。そして死んだ……。翌日は快晴。フレディは車をゆっくり走らせた。前を行く娘にじっと視線を向けていた。その娘は病院で彼の傷の手当てをした若いチャーミングな看護婦だった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 ゴールデングローブ賞(1966年)

受賞

最優秀主演女優賞(ドラマ) サマンサ・エッガー

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ウィリアム・ワイラー
最優秀脚本賞 ジョン・コーン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.0この時代にこの不条理

越後屋さん
2021年8月16日
スマートフォンから投稿

まさかの結末
最近でこそ、後味悪い映画多いですが、まさかこの時代に、それも名匠ワイラー君ですよ。ビックリ。でもスタンプ君のイッちゃってる演技すごいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

2.0ワイラー監督には相応しくない題材だったのでは?

2021年5月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「ミニヴァー夫人」の延長で鑑賞。

「ベン・ハー」等の超大作や
「ローマの休日」等の名作を手掛けてきた
ウィリアム・ワイラー監督としては異色の
題材と言えそうで、それだけに彼の
テーマ選択としては空振り感を
感じてしまう映画だった。

降って湧いたあぶく銭が歪んだ性格の人物に
更に暗転をもたらすとの典型話で、
現代だったら陰湿な展開・描写にしか
ならない題材だが、流石にワイラー監督、
大物らしく無難な表現にまとめてはいる。
しかし、二人の感情推移にウエイトが
かかり過ぎて、ドラマの振幅性が弱く
リアリティにも欠けた印象の作品だ。

そもそもがフレディの人物像の設定に
「コレクター」としてまとめることに
無理はないのか。

「コレクター」的に象徴的なのは、
逃がすように促される瓶に入れられた蝶と
ミランダを同じに見立てた場面、
そしてラストシーンだ。
フレディがミランダに持つ感情は、恋愛要素
が加わるので蝶とは異なるのは理解する。
しかし、フレディの、
女性に腫れ物のように接したり、
彼女の死に際して動揺が激しかったり、等の
彼が拉致犯罪で見せる感情は、
全て歪んだ性格の結果だ。
それらを蝶の収集と同じように「コレクター」
として符合させることに無理はないのか等、
余りにも歪んだ世界を見せられて、
この映画を面白いと思える訳がない。

果たしてこの作品のテーマはワイラー監督に
相応しいものだったのだろうか。

因みに私の
ウィリアム・ワイラー監督ベスト3は、
「我等の生涯の最良の年」
「探偵物語」
「大いなる西部」
です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KENZO一級建築士事務所

3.54週間

2020年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

どちらが主導権を握るのか、立場が逆転する会話の内容に被害者は女であるのに、何故か?変態紳士を加害者として見れない自分!?

最後の最後に化けの皮が剥がれたか、ただのド変態自己中ヤローであって、救いようもない、また同じことの繰り返し的な悪事に手を染め。

エンディングは爽やかな音楽が流れて、テレンス・スタンプの演技を含め、観ていた映画のジャンルに戸惑ってしまう、まぁサイコなサスペンスであるのは確かだけれど。

次は理想の女性でありますように!?って間違った目線で主人公を思う、イヤイヤ、早く捕まって下さい。

不快で嫌ぁな気持ちにならない、心地良さ!?イヤイヤ、観終わった後が不思議な感覚??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.0ライ麦畑でつかまえて

kossyさん
2020年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

 小学校の頃だろうか、深夜枠で何度もTV放映されていた。その頃の邦題は『変態 コレクター』というものだったのですが、おかげで変態=COLLECTORだと間違えて覚えた友人が大勢いました。「違うよ、それは。収集家って意味だよ」と言っても、彼らの頭にはコレクターは変態だと刷り込まれてしまったらしいのです。それが小学校高学年になると、理科の授業で「卵、幼虫、さなぎ、蝶と変わることを変態という」ことを覚えた彼らは、「ほーらみろ、やっぱり蝶は変態じゃんか」と勝ち誇ったようにはしゃいでいたものです。今思い出そうとしても、どうも理に適いません。

 今で言うと「完全なる飼育」シリーズの雰囲気なのかもしれないけど、レイプしそうな素振りも見せないし、4週間という期間を設けてただ話しをするだけ。自分の蝶コレクションを自慢げに見せたりして、打ち解けようと試みるフレディ。だけど蝶はみんな死んでいる。ミランダもこれら蝶のように殺されるのじゃないかと恐怖する。だけど、結局4週間経つまで何もしないフレディ。「ライ麦畑でつかまえて」を議論したり、彼女の絵を嬉しそうにもらったり・・・

 『サイコ』のアンソニー・パーキンスを真似たというだけあって、テレンス・スタンプは不気味な青年役がとても似合っている。最後のディナーを済ませ、いざ彼女を家まで送ろうかという段になって、「結婚しよう」と切り出すところが二人の葛藤が最高潮になる。微妙な駆け引きは何度も登場してきたけど、結局は彼女に自分を愛してもらおうと頑張っていただけのフレディ。だけど、そんなんじゃ絶対無理(笑)

 さらに「結婚OK」とか「抱いて」とかミランダが言っても、いつまでも逃げ出すための作戦じゃないかと懐疑的。抱くことよりも家に置いておきたいだけなのです。最終的には彼女を死なせてしまったが、また次の獲物を狙うなんてのは許せないところだ。こうやって、連続殺人が起こるんだろうなぁ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「コレクター(1965)」以外にこんな作品をCheck-inしています。