ゴダールの探偵

劇場公開日

40%
20%
40%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ある一つのホテルを背景に過去に起きた殺人事件とそれを追う探偵たちを中心に様々な人間たちのドラマを描く。製作はアラン・サルド、監督は「ゴダールのマリア」のジャン・リュック・ゴダール。アラン・サルドとフィリップ・セトボンの脚本を基にゴダールとアンヌ・マリー・ミエヴィルが脚色。撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はピエール・ガメが担当。出演はジョニー・アリディ、ナタリー・バイなど。

1985年製作/フランス
原題:Detective
配給:パルコ=俳優座シネマテン

ストーリー

パリの一流ホテル、コンコルド・サン・ラザールの一室のベランダに取りつけられたビデオ・カメラが街の下の方を映し出す。この一室に陣取ってある殺人事件を追っていたのはイジドール(ジャン・ピエール・レオー)という現職の刑事だ。事件は、ちょうど二年前、このホテルで起こったのだが、当時その事件を担当していた探偵ウィリアム(ローラン・テルズィエフ)は、犯人をつきとめられず職を失ったが、今でも犯人追求の意欲は失っていない。イジドールは彼の甥だった。彼らにはイジドールのいとこに当たるアリエル(オーレル・ドアザン)とアンヌ(アンヌ・ジゼル・グラス)の二人の若い女性の同居人がいる。イジドールとアリエルは恋仲だ。ホテルのロビーでは、エアバスのパイロットのエミール(クロード・ブラッスール)がいる。この夫婦は、ホテルの一室に住むボクシングのプロモーター、ジム(ジョニー・アリディ)と会うことになっている。彼らはジムに貸しがあるのだ。しかし金が入ったら、二人の絆は切れてしまうかもしれない。彼らの心はすでに離れている。ジムはタイガー(ステファン・フェラーラ)なるボクサーを抱え、各地で試合をプロモートしているが、今や巨額の借金に苦しんでいた。やむなくイカサマ試合を仕組もうとしているジムは、その他にも4000万という巨額を不正に手に入れており、そんなことからマフィアに狙われている。マフィアのボス(アラン・キュニー)もまた、このホテルに宿泊してジムを監視している。実は、フランソワズは、ジムと恋仲だった。やがて、二年前の殺人事件の真相が明らかになるが、思いがけぬ殺人事件が、またホテルの近くで勃発するのだった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ゴダールの独断

2021年12月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

孫を連れたマフィアらしき老紳士、ボクシングのプロモーターから八百長に挑むボクサー、殺しを請負う機長と金絡みの妻、殺人事件を追う探偵と大人の女性手前な少女たち。

登場人物たちが入り乱れる人間模様に群像劇らしき物語は皆無、フィルム・ノワール漂う雰囲気からサスペンスにも至らない、コメディ要素が尾を引きながらゴダール特有の知的な哲学が散りばめられていて訳が分からなくなる!?

話の筋が読める序盤からそれぞれの目的から逸れているような中盤、何もスッキリしないままに雑な銃撃戦からのオチにもならない終わり方、女性を描く手腕に長けているゴダールな印象だけが頭に残る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ゴダールの探偵」以外にこんな作品をCheck-inしています。