公園からの手紙

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ガブリエル・ガルシア・マルケス原案・脚本による“愛の不条理”シリーズの一篇で、代筆屋をはさんだ一組の男女の奇妙な愛のドラマ。監督兼共同脚本は「天国の晩餐」のトマス・グティエレス・アレア、撮影はマリオ・ガルシア・ホヤ、音楽はゴンサロ・ルベルカーバが担当。出演はビクトル・ラプラーセ、イボンネ・ロペスほか。

1988年製作/キューバ・スペイン合作
原題:Cartas del Parque
配給:シネセゾン

ストーリー

1913年。キューバの小さな町マタンサス。空を飛びたいという夢を持った青年ファン(ミゲル・パネーケ)は、野原で飛行を試みるレネ・シモン(アドルフォ・ジャウラード)の気球に飛びついた。そんな彼を熱っぽく見つめるのはマリア(イボンネ・ロペス)。お互い気づかずに魅かれあった二人の恋の橋渡しをつとめるのは、偶然二人からラブレターの代筆を頼まれた代筆屋ペドロ(ビクトル・ラプラーセ)。彼は二人のためにあらん限りの愛の言葉を書き連ねるが、それはいつしかペトロ自身のマリアへの愛情の表現に変わっていった。手紙を通した奇妙な三角関係が続く中、ファンはレネ・シモンについて飛行術を学ぶために町を出ることにするが、ペドロは今や自分自身のために代筆を続ける。そしてある日町に戻ったファンからマリアは、実は彼が旅をしていたのではないことを聞き、ペドロのしていたことに気付いた。秘密がバレたことを知ったペドロが町を去ろうとした時、そこへマリアが訪ねて来る。彼女はペドロを愛していることに気付き、二人の恋は成就するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く