アバウト・ア・ボーイ

劇場公開日

アバウト・ア・ボーイ
15%
50%
33%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

親の遺産で暮らす38歳無職の独身男ウィルの苦手なものは「責任」。が、情緒不安定の母親と2人暮らしのイジメられっ子、12歳のマーカスと出会い、人生観が変わっていく。「アメリカン・パイ」のポール&クリス・ワイツ監督が「ハイ・フィデリティ」のニック・ホーンビィの同名小説を映画化。「ブリジット・ジョーンズの日記」の製作プロ、ワーキング・タイトルとロバート・デ・ニーロの製作プロ、トライベッカが共同製作。

2002年製作/102分/アメリカ
原題:About a Boy
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ヒュー・グラント
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

4.0原作とは随分とラストが異なることにビックリ!

2017年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

楽しい

他人同士のオジさんと少年が固い絆で結ばれていく本作は、史上最低なお下劣コメディ「アメリカン・パイ」の米国人監督ワイツ兄弟による英国進出作でもあった。彼らは彼らなりに、「アメリカン・パイ」の二番煎じに甘んじることなく胸張って次ステージに進みたかったのだろうし、そこに従来と異なる役を望んだヒュー・グラントと、天才子役、そしてニック・ホーンビィの原作という要素が惑星直結のごとく綺麗に並んだことによって、この伝説的コメディが誕生したわけである。とはいえこの映画はクライマックスが原作と大きく異なる。「キリング・ミー・ソフトリー」など出てこないし、原作ではニルヴァーナのカート・コバーンの死がフィーチャーされていることはちょっとした驚きだ。90年代前半に限定されていた物語を、ワイツ兄弟は手際よく切り開き、いつの時代にも普遍的なコメディへと作り変えた。その大胆な決断もまた、二人の立派な功績と言えそうだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

4.0人は皆、支え合いながら生きて行くのがイイネ

2019年10月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

親の印税で何不自由なく暮らす無職のウィル(ヒュー・グラント)。情緒不安定で鬱病の母親(トニ・コレット)と暮らすマーカス(ニコラス・ホルト)。
この2人それぞれの1人称から始まったので、この作品のタイトルは、この2人を指しているんだなと。

とにかく面白くて笑った!
学校ではイジメられ、家に帰れば 母親が死んでいないか不安なマーカスが、自分の身の回りの大人とは一風違ったウィルに目を付け白羽の矢を?立てる。
一方で、ウィルは 如何にして人生を楽しむか(後腐れのない別れの研究に熱心)しか頭にない。

そんな2人がお互いの生活に影響を及ぼしながらも、人として成長して行く姿が微笑ましい。

「Killing Me Softly」歌唱のシーンは、頑張れー!と応援しながらも、我が事のようにドキドキしました(笑)!(オリーブ(リトル・ミス・サンシャイン)を彷彿とさせました←多分私だけ(笑))

ただ、どうもヒュー・グラントの演技が好きではないので、「どうにかなんないのかなー💢」と思ってしまいましたが、脚本が良かったので楽しめました。

トニ・コレットも凄く良かったです!大好き!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

3.0このヒュー様も素敵

2019年3月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねぴちゃん

4.0家族だからって全部やらなきゃいけないわけじゃない

2018年11月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

38歳独身男が鬱状態のシングルマザーを持つ男の子と出会って変わってく話。
.
このシングルマザーはたぶん1人で子育てとか家事とか全部やらなきゃいけなくなって1杯いっぱいだったんだろうな。
.
でもそれで思い詰めるなら子供の面倒を誰かに見てもらったり、家事とかほかの人に頼むのはありなんだなと思った。
.
みんな家族だから面倒みなきゃいけない、家族だから助けてくれるって思いこみすぎなんだなと。
.
最終的に1人は寂しいから結婚しろよって押し付けがましく終わるのかと思ったけど、結婚してもしなくても誰か信頼できる人がいれば人生楽しいよねって終わり方なのが良かった。誰も傷つけてない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る