アバウト・ア・ボーイのレビュー・感想・評価

アバウト・ア・ボーイ

劇場公開日 2002年9月14日
15件を表示 映画レビューを書く

原作とは随分とラストが異なることにビックリ!

他人同士のオジさんと少年が固い絆で結ばれていく本作は、史上最低なお下劣コメディ「アメリカン・パイ」の米国人監督ワイツ兄弟による英国進出作でもあった。彼らは彼らなりに、「アメリカン・パイ」の二番煎じに甘んじることなく胸張って次ステージに進みたかったのだろうし、そこに従来と異なる役を望んだヒュー・グラントと、天才子役、そしてニック・ホーンビィの原作という要素が惑星直結のごとく綺麗に並んだことによって、この伝説的コメディが誕生したわけである。とはいえこの映画はクライマックスが原作と大きく異なる。「キリング・ミー・ソフトリー」など出てこないし、原作ではニルヴァーナのカート・コバーンの死がフィーチャーされていることはちょっとした驚きだ。90年代前半に限定されていた物語を、ワイツ兄弟は手際よく切り開き、いつの時代にも普遍的なコメディへと作り変えた。その大胆な決断もまた、二人の立派な功績と言えそうだ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歳を重ねて観るほど味が増す

高校生の頃に、パッケージの男の子が可愛いのとヒュー・グランドってなんか聞いたことあるぞ、と思ってなんとなく観た映画。

最初見たときは内容はなんだかよく分からなかったけど、
とにかくスカしたテンポがかっこいいのと、
鴨が死ぬシーンが面白かったのと、
「人は孤島だ。でも海面下では結局みんな繋がっている。」という最後の台詞に高校生ながらしっくりきたのとで、
何度も観ていた。

歳を重ねて観るたびに、
どんどん共感できることが増えて、
味が増していく。

ウィルの空虚感とか、
付き合いに必要な誠実さとか、
母親の朝泣きたくなるほどの孤独とか、
独りでいるには勇気が必要なこととか、
二人だけじゃ足りなくて後援者が必要なこととか。

しかし、こんな湿っぽい教訓も
うまくジョークで覆い隠されているのが
この映画の上手いところ。

大人になって観て一番驚いたのは、
英語で聴いたウィルのセリフ。
日本語字幕の三倍くらい口が悪い。笑

銀蠅
銀蠅さん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イメージと違った

ヒュー・グラント演じる独身貴族のところに、突如彼の子供だと名乗る少年が現れてのドタバタ、そして最後は絆を築くという感動的ストーリーじゃないかと勝手に想像していた。
でも、実際はそのイメージとは随分なズレがあった。まず、ヒュー・グラントがいくらなんでも軽薄過ぎる。親の遺産で暮らし仕事をしない、後腐れない関係を持とうとシングルマザーと付き合おうとする等々、そのとんでもないダメ男の設定に感情移入する余地がない。全体的にちょっと合わなかったかな。
この少年は、ニコラス・ホルトだったんだあ。当然だけど、今は随分成長したなぁ。

321
321さん / 2017年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えるし、ほっこりする

主人公のウィルはヒュー・グラントこそが適役だと思わせるほどハマっていた。
イケメンなんだけど、ちょっと物足りなくて、親のすねかじりって役もなんとなく納得したり。
ウィルと母子の会話のやり取りはいちいち笑いを誘った。

そして、ビックリしたのが2002年の作品だからこその感動がマーカス役がニコラス・ホルトだということ。俳優として一本立ちしてきたホルトの子役時代の作品とあって、彼にもこんなに可愛らしい時代があったんだと。まぁ今でも面影はあるのだけど、最後のエンドロールまで全然気付かなかった。迂闊。

レイチェル・ワイズも一番脂ののっていた時期(というのは言い方が悪いか)で、やはり絶世の美しさを誇っていた。

ありきたりな親子再生物語に恋愛を絡ませてくるかと思いきや、そんな単純な恋愛ものでなかったのもよかった。ヒューマンドラマですね。
とにかく最後はちょっぴり感動、途中は笑えます。

エディ
エディさん / 2017年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいかげんなオッサンの成長

父親の作ったクリスマスソングの印税だけで悠々と生活している独身男。普段は家でテレビばっかり見て、外に出れば女をナンパするため適当に嘘も並べる。そんな最低の男をヒュー グラントが演じるとそれも有りかもと思ってしまう。ヒュー グラント恐ろしや。

この映画は会話の面白さが際立っている。
特にウィルとヒッピー母さんのやりとりが好き。

おこげ
おこげさん / 2017年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子ども大人

生まれながらにして金持ちは良いよなぁ。生まれ変わったら地主の息子が良いと思ってたけど、なるほど、金持ちは金持ちで中身空っぽで空っぽの虚しい人生を送る可能性もあるのだなと境遇は全く違うのに共感した。
確かにテレビで観る二世タレントは中身のないように見えるものな。

今まで普通に不自由なく生きてたのに、ふとしたキッカケで「あれ?自分って人と違うのでは?」と気付く事はあるので、自分が空っぽで魅力がないと気付くシーンは説得力があった。

子ども大人と大人子どもの組み合わせ、二人で1人って感じが良かった。
実際こんなおじさんが近くにいたら、ちゃんとしろよ!とムカつくだろうけど、映画で観てるぶんには可愛いかった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2016年7月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒュー・グラントのイケメンで気さくなのに何が足らないという役どころ...

ヒュー・グラントのイケメンで気さくなのに何が足らないという役どころがハマりすぎて
憎めない。

ユージン
ユージンさん / 2016年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人がつくった身勝手なボーダーラインをとっぱらえば、大人と子供関係...

大人がつくった身勝手なボーダーラインをとっぱらえば、大人と子供関係なく友情は成立する。子供は凄い。

AZUSA.M
AZUSA.Mさん / 2016年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただのほんわか系だと思ったら…

以外に映像的。部屋が、ギターやらCDがたくさんあって実はミュージシャンを目指してたんだろうというレビューを見てなるほどと思ったし、何度も鏡や反射するものを使って役者を映したり(あれは、どんな意味なんだろか?)。リンゴとか、ボールをぶつけられる主人公。

でもながらで見たから、おもしろ半減…つぎはちゃんと見よー

ミヤギング
ミヤギングさん / 2015年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供って

この作品の場合だが…真っすぐで良い意味大人らしい考え方、逆に大人はいろんな経験をしてしまってるためか変に子供じみてるように見える。友達とガールフレンドの違いを語る二人の会話。男の子の台詞は懐かしささえ感じた。スタンドバイミーの焚き火を前にして女の子を知る前の会話をしてるシーンを思い出した。なんだかほんわかさせてくれる映画です。

がい
がいさん / 2014年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒュー・グラントらしい駄目男っぷり

総合65点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:70点 )

 別にどうということはない話で、ヒュー・グラント演じる駄目男が嘘で塗り固めた軽薄な自分の人生を見つめ直し、人との真剣な関係を築いていくように変わっていくというだけのこと。彼と関わった母子もこのいいかげんな男との出会いで変わっていく。そこでありきたりの恋愛話になるわけではなく、三人が三人以外の人々とも関係を深めていくように良い方向に変わっていく。物語よりもこの駄目男の駄目っぷりと、軽く笑える演出が楽しかった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年9月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

微笑ましい気持ちになりつつもかなしい

彼には夢があったはずです。
部屋中を埋め尽くすCDやギター、音楽のポスター、そこにある様々なものが示す事実は
『彼もミュージシャンになりたかった』ということ。
それを忘れたかのように全て趣味だ、と言い除けてしまう。

すべてを諦め、親の印税で暮らす。
仕事はしない、毎日自分が決めたルーチンワークをするばかりの人生。
その人生には経験がなく、空虚でがらんどうであり、
「あなたには何があるの?」
「いいや何も持っていない」
言葉の通りなにもありません。

だけど何もなくても、何も持っていなくても、
これから何かをすることはできる。

そういう気持ちにさせてくれる映画。
久しぶりにいい映画。

いずる
いずるさん / 2013年7月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ヒュー・グラントの最高作?

自身も好きな作品の一つとしているが、私はこの作品のヒューが最高だと思っている。ラブ・コメのキングとしてこれはラブ・コメではないので不本意かもしれないが、コメディではあるので良しとしてもらおう。この主人公の役をリアリティを持って演じられるのはヒューしかいない。コリン・ファースだと固すぎるし、レイフ・ファインズだと重すぎる。超いい加減な奴で、とても共感を覚えるような人間ではないのだが、悪い奴でもない。人間はひとりでは生きていけないということが文句なく伝わってくる。いくらお金があってもね。結びつきが必要なのさ! 普通だったら男と女の話になるところが、男と男の子の話だというのも変わっていておもしろい。それにヒューの歌も聴けるお得な作品。ギターも弾くぞ! 最高におかしいこと請け合い。ヒュー・ファンのみなさま、一度観てみて!

瑞
さん / 2011年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外に泣けるんです

ヒューグラントのいつものキュートで情けなくって母性本能くすぐられるかんじは
絶好調◎
そんなヒューファンとしての満足感プラス、
女性がお相手でないので、ヒューマンドラマとして本当に楽しめました!
そして意外に泣けた!
子供相手なのでもっとドタバタな感じかと思いきや
ちゃんと人生や家族や自分のことについて考えさせられたり
途中これどうやって話おわるんだろう?一筋縄でいかないかんじと思わされ
ラスト10分のハッピーエンド向かっていくまでの描写が
一喜一憂させられて、
そしてスッキリまとまって、最後幸せな気分になれる!
とってもいいお話でした

nichi-nichi
nichi-nichiさん / 2010年9月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある独身男と少年の物語。

親のCDの印税で生活する独身男とシングルマザーの母親の息子の話。

観たのは大学生の時だったかな。
住んでいる部屋がかっこいいなーと。
そして、イギリスの吟遊詩人バッドリードローンボーイの曲がGOOD!

リアルにこんな生活している人いそうです。

ken123
ken123さん / 2010年6月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi