警部

劇場公開日:

警部

解説

南仏ニースを舞台に、警察と犯罪組織の癒着を暴く敏腕警部の活躍をジャン=ポール・ベルモンド主演で描いたポリスアクション。ミシェル・グリリアの原作を基に、「さらば友よ」のジャン・エルマンが脚色を手がけ、「女王陛下のダイナマイト」のジョルジュ・ロートネルが監督を務めた。南仏ニースのモーテルで、地元警察の警部と娼婦が射殺された。白いオープンカーで町にやって来た男は刑務所帰りの悪党として町の2大犯罪組織に顔を売り、そのどちらからも信頼を得る。彼の正体は、パリの内部捜査機関に所属する伝説の警部スタニスラス・ボロウィッツだった。ボロウィッツは2大組織の対立を煽って同士討ちで壊滅に追い込むと同時に、組織と警察の癒着をあぶり出そうとしていた。捜査を進めていく中で、小説家のエドモンド・ビュジェ=ロスタンと恋に落ちるボロウィッツだったが……。エドモンド役に「太陽がいっぱい」のマリー・ラフォレ。1978年製作で日本では80年に初公開。2020年には、ベルモンド主演作をリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」(20年10月30日~、東京・新宿武蔵野館ほか)で公開。

1978年製作/108分/G/フランス
原題:Flic ou voyou
配給:エデン
日本初公開:1980年11月22日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

FLIC OU VOYOU a film by Georges Lautner (C)1979 STUDIOCANAL - GAUMONT

映画レビュー

3.0南仏のニース

2022年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

フランスのニースは警察と犯罪組織が癒着、ほとんどやりたい放題だった。
警部と娼婦が殺される事件が起こり、特命警部(ジャン=ポール・ベルモンド)が派遣される。
相変わらず動きは軽妙だ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

1.0copの中の嵐

2020年11月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
梨剥く侍

3.0ベルモンドのやりたい放題刑事ドラマ

2020年11月21日
iPhoneアプリから投稿

潜入捜査官ものと言うと、いつ正体がバレるかのハラハラドキドキなんだけど、ベルモンドがやるとなんか明るい感じです。マフィアのボスをスッポンポンにして路上への放置プレイから、そのボスのカジノを爆弾で二度も吹っ飛ばすなど、やりたい放題。潜入捜査官のくせに、目立つ白いオープンのクラシックカーを乗り回し、途中で仲良くなった女流作家の屋敷に突然現れた娘と居候したりと、おおらか過ぎます。結局あれこれ詰め込め過ぎて、お話の焦点がボヤけて、つながりも悪くなり、ご都合主義満載なストーリー展開が残念。ベルモンドの個性を活かして、思い切りコミカルな刑事ものにした方が楽しかったかも。

コメントする 5件)
共感した! 2件)
シネマディクト

4.0何でもアリだぜ最強警部!

2020年11月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

ジャン=ポール・べルモンド傑作選後半戦
今作のべルモンドは豪快すぎる破天荒警部。「恐怖に襲われた街」の刑事も中々の破天荒ぶりだったが今作の方がハチャメチャだ。悪党であれば問答無用でフルボッコだ。どっちが悪役なのかわからなくなるぐらい、全く容赦しない。
しかしやはりべルモンドなので暇さえあれば美女をディナーに誘うという軟派ぶりだ。スーツも似合うしいつも余裕ちゃきちゃき。カーチェイスもお手のもの。観れば観るほどルパンやコブラのルーツなのだと確信する。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
柴左近
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る