黒い牡牛

劇場公開日

18%
64%
18%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

メキシコ農村の一少年がひたむきに育て上げつつも闘牛場へ連れ去られた子牛を、純真な愛の力で取り戻すまでを描いた心温まる物語り。製作はモーリスとフランクのキング兄弟。ロバート・リッチのストーリーからハイリ・フランクリンとメリル・G・ホワイトが共同で脚本執筆し、「女性よ永遠に」のアーヴィング・ラパーが監督する。撮影は「赤い靴」の名手ジャック・カーディフ、音楽は「誇りと冒涜」のヴィクター・ヤング。出演者は、英国映画「分れた心」に出演し注目を浴びたマイケル・レイ少年を中心に、闘牛士のフェルミン・リヴェラ、ジョイ・ランシングを除いてはメキシコ俳優で固めている。

1956年製作/アメリカ
原題:The Brave One
配給:RKOラジオ

ストーリー

貧しい農家に育ったレオナルド少年(マイケル・レイ)は母の葬式がすんだ晩、落雷で倒れた大木の下敷きで死んだ母牛の傍に生まれたばかりの黒い子牛をみつけ、家に連れ戻る。父親から、育ててもよいとの許可。闘牛用の猛牛の子にも拘らず“イタノ”と名付けられた子牛は少年によくなついた。だが、やがて姉マリアに父親からイタノは雇主である牧場主ドン・アレファンドロの所有だから烙印を押さねばならぬと聞かされ可哀相でならず学校の先生に頼んで牧場主に手紙を書いてもらう。イタノは遂に烙印を押されたが、牧場主は子牛を少年に任せると約束した。2歳を迎えたイタノは逞しく育ち、闘牛用猛牛のテストにも勇猛ぶりを見せた。だが、少年が2番の成績で学校を卒業した日、牧場主は事故で惨死。イタノは競買のうえ、メキシコ市の闘牛場へ送られることになる。その夜、少年はイタノを連出し、あてもなく山中に逃げ込んだ。木陰で眠る少年めがけて襲いかかった大山猫を、イタノはその鋭い角で突き伏せて小さな主人を守った。翌朝、探しにきた父親にこんこんとサトされた少年は、しかし何とかしてイタノを救おうと家出し、イタノを乗せたトラックに同乗してメキシコ市に向かう。彼らはかねて先生に聞いていた通り、大統領に自分の願いを告げようとむ案内の市内を駈けめぐり、ようやく大統領官邸に辿りついた。衛兵の隙みて門内に入った少年の涙ながらの言葉に感動した大統領は、闘牛場経営者宛にイタノ返還を依頼した手紙を認めたうえ、専用サイドカーで闘牛場に送ってくれた。だが、少年が着いたとき、イタノとメキシコ一の名闘牛士フェルミン・リヴェラの勝負が始まっていた。悲しみに沈む少年をよそに、イタノは堂々たる風格でリヴェラに立ち向かい、2度までも刃をかわした。秘術を尽くして闘う両者。イタノの勇敢さに心うたれたとき、インダルト<釈放せよ>の叫びが場内に轟いた。競技立会人は白いハンカチを振って“インダルト”を宣した。だが場内に頑張るイタノの前に、突然柵を越えて少年が走り寄る。一瞬愕然とした観客も、頬を寄せ合う少年と猛牛の姿に改めて万雷の拍手を送った。感動が渦巻く中に、少年はイタノを伴って去っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第29回 アカデミー賞(1957年)

受賞

原案賞 ダルトン・トランボ

ノミネート

編集賞 メリル・G・ホワイト
音響録音賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0トランボ不遇時代の不朽の名作

odeonzaさん
2020年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画ファンなら ダルトン・トランボをご存知でしょう、理不尽な赤狩りにあいハリウッドを追放された名脚本家、「ローマの休日」の脚本のゴーストライターとしても有名です。本作は彼が生活の為、B級映画専門のキングス・ブラザーズ・プロダクションで偽名で働いていた時代に書いた名作です。
大衆受けしか頭にない社長の無理難題を安い脚本料で量産したトランボへのご褒美なのでしょうか、真面目な本作の製作を承知しました。本作はトランボがかってメキシコの闘牛場を訪れた折に万雷の喝采の中で一人だけ泣いている少年を見かけたことが創作のきっかけと語っています。
勿論、本だけではありません、主人公の少年(マイケル・レイ)をはじめ俳優や撮影スタッフに至るまで良いものを創ろうと言う本気度、情熱を感じます。闘牛という世界観も現地の人々の共感を得やすかったのでしょう、全面協力が得られたようです。
闘牛場の場面も良かったですが、ピューマに襲われるシーンも素晴らしい、CGなんて無い時代に動物たちのアクションの凄いこと、B級プロダクションなんて言って失礼しました、キングス・ブラザーズ万歳と叫びたくなります。時代を超えた感動ドラマ、不朽の名作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る