クリスマスに雪はふるの?

劇場公開日

0%
0%
0%
50%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南フランスの農場で暮らす貧しい一家を描いた一編。監督・脚本は「ポンヌフの恋人」の美術助手を務めていた新鋭サンドリーヌ・ヴェイセ。製作はジェームズ・アイヴォリー作品で知られるアンベール・バルザン。使用曲にアダモの『雪が降る』。出演は「ラブetc.」のドミニク・レイモン、ダニエル・デュヴァルのほか、ジェシカ・マルティネーズ、アレクサンドル・ロジェ、グザビエ・コロンナ、ファニー・ロシュタン、フラヴィー・シメーヌなど。ジェレミー・シェ、ギョーム・マトネなど。96年ルイ・デリュック賞、97年セザール賞最優秀第1回監督作品賞などを受賞。

1996年製作/90分/フランス
原題:Y'aura t'il de la neige a Noel?
配給:オンリー・ハーツ

ストーリー

舞台は南仏プロヴァンス。とある農家の夏の風景。そこでは母親(ドミニク・レイモン)と7人の子供達が畑仕事をしている。一見ごく普通の家族だが、実は父親(ダニエル・デュヴァル)には正式の妻が別におり、畑仕事が終わるとその家に帰っていくのだった。時々子供達は父親の本家の畑仕事も手伝うが、居心地は悪かった。秋になると子供達は学校へ。母親は一人で畑仕事に従事するが、父親は彼女に冷たかった。そんなある日、父親は自分の娘に手を出そうとする。母親の彼に対する愛情は冷めきってしまった。やがてクリスマス・イヴに。母親は学校からストーブを借りてきて、子供達とクリスマス・パーティを開いた。しかし母親は一家心中を決意していたのだ。ところがめったに雪が降らないこの土地に雪が降り始める。ホワイト・クリスマスだ。母親は死ぬのを思いとどまった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「クリスマスに雪はふるの?」以外にこんな作品をCheck-inしています。