恐竜100万年

劇場公開日

恐竜100万年
29%
29%
42%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マイケル・カレラスが製作・脚本を担当、テレビ出身のドン・チャフィが監督した。撮影はウィルキー・クーパー、音楽は「国境は燃えている」のマリオ・ナシンベーネ。出演は「ミクロの決死圏」のラクウェル・ウェルチ、「ダイヤモンド作戦」のジョン・リチャードソン、パーシー・ハーバート、ロバート・ブラウンほか。

1966年製作/105分/イギリス・アメリカ合作
原題:One Million Years B.C.
配給:20世紀フォックス

ストーリー

原始時代。活火山の麓にあるホラ穴にアクホバ(R・ブラウン)を長とする民族が住んでいた。彼の次男ツマク(J・リチャードソン)はある日、食物のことで父親と喧嘩して追放されてしまった。そして巨大な恐竜やトカゲや猿人の危険と恐怖がいっぱいの放浪の旅が始まった。そんなある日彼は海辺に住む民族のシェル族に出会った。その中の美しい娘ロアナ(K・ウェルチ)が見知らぬツマクの姿を見つけ、彼を迎えようとすると突然巨大な海亀(アロサウルス)が出現した。ツマクは死闘を演じてそれを撃退しシェル族に迎えられた。この民族は穴居族より優れ、武器も比較的進歩していた。だがツマクは手槍のことから若者のひとりと争いをおこし追放の憂き目にあった。ツマクを慕うロアナは彼のあとを追った。ふたりがツマクの集落に帰りついて間もなく、彼と兄サカナ(P・ハーバート)の権力争いが始まった。しかしツマクはロアナの行方を尋ねてきたシェル族の応援を得て、サカナを倒し主導権を握った。突如火山が大爆発し、多勢の犠牲者が出たが、ツマクを首長とするわずかな人々が辛うじて生き残ったのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0ラクエル・ウェルチ

kossyさん
2019年8月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 父親に連れられて観に行った最初の実写映画かもしれない。『大巨獣ガッパ』にするかこの映画にするかという選択肢にこちらを選んでしまったのだが、保育園の友達は皆ガッパを観たようであった。さすがに幼き身であったため、ラクエル・ウェルチの豊満なボディの魅力には全く印象に残っていない。

 しかし、大人になってから観ると別の趣が・・・恐竜が出てくるというより、巨大なイグアナやウミガメが出てくるのです。最初に登場するのはトリケラトプスもどきのイノシシでしたけどね。

 中盤、ようやくティラノザウルスが登場。トゥマクが倒し、そこで英雄扱いされるかと思ったら、槍の奪い合いになり、また旅にでることに・・・しかしルアナがついてゆく。同じ部族のライバルとも戦うことになるのですが、こいつがサカナという名前なのだ!(もちろんサカナくんではない)

 最後はあっけない幕切れ。だけど雰囲気がなかなかいい。トリケラトプスがティラノザウルスをやっつけちゃうところ以外は・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0特撮の面白さを十分に堪能。会話が無いが、時代からすればむしろ当然の...

2018年8月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

特撮の面白さを十分に堪能。会話が無いが、時代からすればむしろ当然の事、表情だけの意思表示はリアル感がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki

4.5ハリーハウゼンの偉大さ。

2017年8月27日
PCから投稿

彼が築き上げた技術は本当に偉大なものです。 デジタル映像全盛のいまでこそこの映像を見ることに価値があると思います。
ハリーハウゼンという人物の偉大さが伝わる作品のうちの一つです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る