奇跡の丘

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マタイによる福音書から監督としては日本初登場のピエル・パオロ・パゾリーニが脚色・監督したキリスト伝。撮影は「乞食」「ママ・ローマ」(共に日本未公開)でパゾリーニと組んだトニーノ・デリ・コリ、音楽はルイス・エンリケス・バカロフで、バッハ、プロコフィエフ、黒人霊歌などを駆使している。出演は、キリストにスペインの学生エンリケ・イラソキ、マリアに女学生マルゲリータ・カルーソ、年老いたマリアに監督の母親スザンナ・パゾリーニが、また使徒たちには監督の友人である詩人、評論家、作家それに農夫や体操選手など素人ばかり。

あらすじ

予言者の言葉通り、ヘロデ王の代にべツレヘムの大工ヨゼフの婚約者マリアは、聖霊によって懐妊し、生まれた子はイエスと名づけられた。迫害を逃れるため行っていたエジプトからイスラエルにもどり、ガラリヤで成人したイエス(E・イラソキ)は、ヨハネのもとで洗礼を受けた。その時天から声かひびきわたり、イエスが神の子であることを告げた。彼はただひとり、荒野で四十日間の断食、さらに悪魔と対決し、退けた。その後イエスはガラリヤ全地を巡り歩き、教えを広め始めた。群衆を伴って山にのぼっては、神の国の福音を説ききかせた。そしてイエスは数々の奇跡をも行なった。しかし、悔い改めるものばかりではなかった。イエスは、自分が長老や司祭たち、律法学者たちから苦しみを受け、殺されることを知っていたが、それでも怖れずエルサレムめざして布教の旅を続けた。エルサレムについたイエスは、長老や司祭たちの偽善を責め、最後の審判の日の近いことを説くのだった。やがて過ぎ越しの祭りの日、十二人の弟子とともに晩さんの席についた。そして「この中の一人が私を裏切るであろう」といった。預言通り、イエスは弟子の一人ユダに売られ、ゴルゴタの丘で十字架にはりつけになった。それから三日目、イエスは復活し、十一人の弟子の前に姿を現わした。

1964年製作/イタリア
原題:Il Vangelo Secondo Matteo
配給:東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 アカデミー賞(1967年)

ノミネート

編曲賞 ルイス・エンリケス・バカロフ
衣装デザイン賞(白黒) ダニロ・ドナティ
美術賞(白黒)  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5私には猫に小判か

Takehiroさん
2017年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro

4.0ビジュアル聖書

2017年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

すべて聖書の御言葉で綴られてゆく映画
いつも場面を想像しながら読む聖書だが
なんだかイメージビジュアルがこの映画で出来上がってしまったかも
キリストがルオーの描く肖像画とそっくりなの(笑)(イケメン)
それにしても見事なロケーション
ガリラヤの丘、湖、住居、それはあたしの想像通りであり
想像を超える美しさであることが引き込まれた要素で
大げさなドラマ演出なく
淡々と聖書の中の真実が画き出されているのが秀逸
そのかわり音楽はドラマチック!「マタイ受難曲」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

5.0パゾリーニふたたび

小二郎さん
2014年9月2日
PCから投稿

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
小二郎
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「奇跡の丘」以外にこんな作品をCheck-inしています。