奇跡の海

劇場公開日

33%
42%
19%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

純真な愛に自らの全てを捧げた善良な女の生と死を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本は「ヨーロッパ」「キングダム」のデンマークの映画作家ラース・フォン・トリアー。北海油田に近いスコットランドを舞台に監督した。全編手持ちカメラによる大胆な撮影は、ヴィム・ヴェンダース監督作品で知られる、「デッドマン」のロビー・ミュラー。7つに分けられた各章の冒頭には、プロコル・ハルム、エルトン・ジョン、ディープ・パープル、レナード・コーエン、デイヴィッド・ボウイら、映画の舞台となる70年代のロックが画面を彩る。各章冒頭のタイトルにはペル・キルケビーのデザインによる、現実の風景ショットにデジタル加工を加えた動く風景画のような象徴的なパノラマが挿入されている。主演は本作が映画デビューとなるRSC団員のエミリー・ワトソン、ストックホルム王立劇団メンバーである「存在の耐えられない軽さ」「レッド・オクトーバーを追え!」のステラン・スカルスゲールド。共演は「ネイキッド」「ビフォア・ザ・レイン」のカトリン・カートリッジ、「ヨーロッパ」のジャン・マルク・バール、「キングダム」のウド・キアーほか。96年カンヌ国際映画祭審査員大賞受賞。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第9位。

1996年製作/158分/デンマーク
原題:Breaking the Waves
配給:ユーロスペース配給(アミューズ=カルチュア・パブリッシャーズ=テレビ東京=ユーロスペース提供)

ストーリー

北海に面したスコットランドの村。ベス・マクニール(エミリー・ワトソン)は北海油田の労働者ヤン(ステラン・スカルスゲート)と結婚する。ベスの義姉ドド(カトリン・カートリッジ)やヤンの同僚たちは心から祝福するが、ここは厳格なプロテスタント信仰が根強い排他的な土地。教会の長老たちなどは白い眼を向ける。幸福に満ちた新婚生活も束の間、ヤンは油田に戻らねばならず、残されたベスは彼からの電話だけを楽しみに生きる。休暇まであと一週間、ベスはヤンを早く戻して欲しいと神に祈る。油田で事故が置き、ヤンは頭に重傷を追う。命だけは取り留めたが、全身麻痺のまま回復の見込みはない。神は「お前の望み通りヤンを返した。これからお前の愛が試されるのだ」と告げる。ベスと看護婦であるドドは献身的に介護するが、ヤンは絶望して自殺さえ図る。妻を自分の犠牲にしたくないと思った彼は、ベスに愛人を持つように言う。その愛の行為を自分に話せ。そうすることで自分もお前と愛し合うことができる。そして自分を生かすことができるのはお前の愛だけだ。ベスは夫の言葉を信じ込んで、男たちと関係を持ちはじめ、ついに娼婦に身を落とす。ベスは「お前の愛の証をみせよ」という神の命令に従い、ドドとヤンの主治医リチャードソン(エイドリアン・ローリンズ)の忠告も、このままでは教会から追放されるという母(サンドラ・ヴォー)の嘆きも耳に入らない。リチャードソンはベスを救うには精神病院に入れるしかないと判断し、自分の言葉が妻を破滅させつつあると悟ったヤンも同意書に署名する。ベスは病院に向かう車から逃げ出すが、家には受け入れられず、教会からは追放され、子供たちに石を投げられて追われる。疲れ果てたベスはドドにヤンが危篤だと知らされ、沖合に停泊する不気味な大型船に向かう。やがてその船長(ウド・キアー)らにナイフで滅多刺しにされたベスが病院に担ぎ込まれる。ベスはヤンの病状がまったく好転していないと聞き、では自分が間違っていたのだと言い遺して死ぬ。ヤンは奇跡的に回復する。ベスを教会に埋葬すれば葬儀も行えず、地獄へ行くと宣告される。ヤンは妻の遺体を密かに盗み出し、海上油田で海葬に付した。翌朝、遙か天空高くの雲のなかに鐘が顕現し、その音色が海上一面に響き渡った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第54回 ゴールデングローブ賞(1997年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) エミリー・ワトソン

第49回 カンヌ国際映画祭(1996年)

受賞

コンペティション部門
グランプリ ラース・フォン・トリアー

出品

コンペティション部門
出品作品 ラース・フォン・トリアー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0感情的にじわじわと破壊される映画

さん
2019年9月12日
PCから投稿

もう2度は観たくない、感情的にじわじわと破壊される、精神的グロな映画。ラース・フォン・トリアの作品は好きなのですが、初期のこの作品が一番キツイ。

献身的な妻が夫のために無条件の愛を行動で示し・体験していく…という愛についてのストーリー。愛、後悔、自己犠牲、罪悪感、狂気、宗教、嫌悪感などのキーワードがお好きな方にお勧め。
映画自体長いのもあるが、スローペースでじわじわ責めすぎ感はあるが、映画としてはすごく完成度は高いと思う。

気が弱っている方(特に女性)は観るタイミングをお気をつけください…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
恵

3.5けっこうよかった

2018年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.5世界屈指の鬼畜監督(当者調べ)

なおさん
2018年8月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』など登場人物を酷い目に合わせることにかけては凄腕のトリアー監督。本作でもベスをジワジワと追い込んでいく。まあ、ヒドイ話です。

ステラン若い!
エミリーは顔から立ち振る舞いから何から全てが幸薄い。ビョークもそうだったが、時々子供みたいな表情する時があって、余計に痛々しい。
ほぼ全部手持ちカメラで撮影していて、このあと『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に発展していくのがわかる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.5昔観た時は凄く感動したけれど

hide1095さん
2018年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

昔観た時は凄く感動したけれど、改めて観たら「最後の方は少し泣けた」位で、余り感動しませんでした。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と同じ監督さんですが、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の方が遥かに作品の出来が良いように思えました☆。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る