カンヌ映画通り

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カンヌ映画祭に潜り込もうとする女主人公の姿をドキュメンタリー・タッチのうちに描く。製作はオーギュスタ・フォルニ、監督は「人生の幻影」のダニエル・シュミット、撮影はレナート・ベルタとブノワ・ニクランが担当。出演はビュル・オジェほか。日本版字幕監修は梅本洋一。カラー、16ミリ、スタンダード。

1981年製作/スイス
原題:Notre Dame de la Croisette 1981
配給:PTYX

ストーリー

カンヌ映画祭関係者が大勢集まるホテルに滞在しているベティ(ビュル・オジェ)は、この映画祭に参加しようと何度も事務局に問いあわせるが、映画関係者でもジャーナリストでもない彼女は取り合ってもらえない。ある日彼女は偶然ニジンスキーの娘キーラ・ニジンスキーの記者会見に潜り込み、彼女の熱っぽい語り口に感動するが、別の日遭遇したボブ・ラフェルソン監督、ジャック・ニコルソン、ジェシカ・ラングのインタビューは何故か顔を潜り込ませなかった。その夜彼女は、オペラ・グラスをのぞいてそこに写し出されるかつての映画の黄金時代を築いた大スターたちで賑わうカンヌの街に、時のたつのも忘れ興奮した。しかしその束の間の夢も、バスタブから溢れ出した湯の音にかき消されてしまう。ベティは再び電話で問い合わせをするが、満足のいく返事はいつまでももらえない……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「カンヌ映画通り」以外にこんな作品をCheck-inしています。