バルタザールどこへ行く

ALLTIME BEST

劇場公開日

バルタザールどこへ行く
11%
39%
33%
17%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ラルジャン」「スリ」「ジャンヌ・ダルク裁判」などで知られる名匠ロベール・ブレッソン監督が1966年に手がけた長編7作目。文豪ドストエフスキーによる「白痴」の挿話から着想を得て、一匹のロバとひとりの少女の数奇な運命を描き出した。ピレネーの小さな村に住む幼い少女マリーは、生まれたばかりのロバにバルタザールと名付けてかわいがっていた。10年後、バルタザールは鍛冶屋の苦役に使われていたが、その苦しさに耐えかねて逃げ出し、マリーのもとへと向かう。成長したマリーは再会を喜び、バルタザールを連れて歩くが、彼女に思いを寄せるジェラールは嫉妬し、バルタザールを痛めつける。物言わぬロバの視点を通して人間の愚かさや醜さを淡々と描き、ベネチア国際映画祭で審査委員特別賞を受賞するなど傑作として知られる。主演は、後に「中国女」をはじめゴダール作品に多く出演することになるアンヌ・ビアゼムスキーで、彼女の映画初出演作。日本では70年に劇場初公開され、95年にもフランス映画社配給で公開された。2020年10月には、4Kリストア・デジタルリマスター版でリバイバル公開。

1966年製作/96分/フランス・スウェーデン合作
原題:Au Hasard Balthazar
配給:コピアポア・フィルム、lesfugitives
日本初公開:1970年5月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1966 Argos Films Parc Films Athos Films Svensk Filmindustri

映画レビュー

3.5愚かな人間社会

2020年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

「生き地獄」そんな印象のこの作品。人間の愚かさが全面に表現されている作品で、とにかく胸糞が悪くなる内容だった。唯一の救いはロバのバルタザールの純粋さ。愛らしい目が可愛くて堪らない。しかし、そのバルタザールが何処に行っても人間の虐待を受け、人間の欲望の為に利用され、こき使われる... 本当に胸糞が悪い内容だった。本作以前に製作されたブレッソン作品の中でこれまでに観たことのある作品の中には最終的に救いというものを見出すことが出来た。しかし本作は救いという救いが見当たらない。遺作の「ラルジャン」も相当に厳しくて辛い内容だったのを思い出すと、本作以降のブレッソン作品はこれ以前の作品群に比べてより一層厳しく過酷な表現になっていきそうな雰囲気。覚悟がないと到底観ることが出来ない。それでもやはり綺麗事や無責任な慰めが無かったり、変に希望を持たせる様な内容ではない所がブレッソン監督らしいし、偽りがなくて素晴らしいと思う。そして調教していない天然のロバを主人公にしたり、臭い演技を嫌い素人俳優のみを起用したりと、この作品でもブレッソン監督の徹底的に虚偽を嫌い真実のみを追求して表現したいという思いを強く感じる。映画を超える様な芸術性と強いこだわりを感じる内容にはやはり脱帽するものがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アントニオ・バンデラス

3.0バルタザールでござーる

kossyさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ピレネーの村、教師の娘マリーと農園主の息子ジャックは一匹のロバを可愛がっていた。しばらくしてロバのバルタザールは鍛冶屋の労役に使われていたが、逃げ出して、成長したマリーの元へ逃げ込んだ。ロバに恋をした(と思われていた)マリーに恋心を抱いていた不良のジェラールが、なんとロバに嫉妬する・・・その後は強引?なのかジェラールと恋人同士になったマリー。ロバはなぜかジェラールの働くパン屋でこきつかわれていた。

 いつしかアル中の浮浪者がバルタザールを所有するようになり、遺産相続によって金持ちになった途端死んでしまう。なんとか、またマリーの元へバルタザールはかえってくる。そして幼なじみのジャックも帰ってきて、ジェラールと別れたマリーに惚れなおして求婚する・・・が、不良どもはまだマリーに執着してるのか、裸にして監禁したり、バルタザールを連れまわしたり、ストーリーは混乱の一途をたどる。

 ロバの視点で感じるのが一番自然なのだろう。ジェラールによって火をつけられたり、労役ばかりで可愛そうにもなるが、主人であるマリーを慕っているのだろう。最後は羊の群れに囲まれて死んでゆくが、ロバの目から見ると、人間社会の醜いところばかり目撃したってことか。それとも貧しい人々の生命力なのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0ロバ

2018年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

バルタザールという一頭のロバを狂言回しとして、没落と破綻、愛と死など、ある家族を中心にした人生模様を描いています。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ブースカちゃん

2.0バルタザールというロバの生涯を描く? アホな私には話がさっぱり分か...

2018年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

バルタザールというロバの生涯を描く?
アホな私には話がさっぱり分からなかった。
人間関係もさっぱり分からず。こいつ、誰?

おまえらに分かるかい?って感じの典型的上から目線映画。やっぱフランスか、どうにも苦手だ。

ネット解説にてようやく話を把握。やっぱり面白くない(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全5件)