ヘカテ

劇場公開日

  • 予告編を見る
ヘカテ
23%
15%
54%
0%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ラ・パロマ」などで知られるスイスの映画監督ダニエル・シュミットが、フランスの作家ポール・モランの小説「ヘカテとその犬たち」を原作に撮りあげたラブストーリー。1942年、第2次世界大戦中の中立国スイスの首都ベルン。外交官の男ジュリアンは、フランス大使館主催の豪奢なパーティ会場で、ひとり追憶にふけっていた。10年ほど前、北アフリカの植民地に赴任した彼は、そこで謎めいた人妻クロチルドと出会い、狂おしいほどの恋に落ちたが……。外交官ジュリアンを「ラ・ブーム」のベルナール・ジロドー、人妻クロチルドを「アメリカン・ジゴロ」のローレン・ハットンが演じた。ゴダール作品やシャブロル作品などで知られる名匠レナード・ベルタが撮影、「ローラ」「第三世代」のラウール・ヒメネスがプロダクションデザインを担当。クリスチャン・ディオールがジロドーの衣装デザインを手がけた。日本では1983年にシュミット監督の本邦初公開作として上映。2021年4月23日より、Bunkamuraル・シネマほかにてデジタルリマスター版をリバイバル公開。

1982年製作/108分/R15+/フランス・スイス合作
原題:Hecate
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1983年8月1日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1982/2004 T&C FILM AG, Zuerich (C) 2020 FRENETIC FILMS AG.

映画レビュー

4.5とても面白い

2022年1月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

舞台はモロッコ?異国感が隅々まで充満した画面で、典型的な、映画館の暗闇でどっぷり雰囲気に浸る為に作られた映画。見ている間、俗世の嫌なことを忘れることができる。
主演2人もとても美しいが、同僚のメガネおじさんも出立ちが素敵。いつも白いスーツ着てるが手入れが大変そう。あと秘書の人も可愛らしい。
主人公はテンパり始めてからの無能っぷり、余りにも度が過ぎる。その割には最後普通に出世してる感じがなんだかなー、となる。しかしそれも些事でしかなく、いい男っぷりが単純に楽しい。そしてローレンハットンをただ眺めていただけでスケベ心の元が十分とれた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どんぐり

3.0サキュバス

2021年10月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

70年代後半から80年代のイイ女然としたローレンハットンの魅力

年増の色香に惑わされ錯乱する若き外交官

観る者を困惑させる独り相撲

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
労働4号

1.0巷の評判は信用ならないの典型ですな。

osmtさん
2021年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osmt

2.5映像美だけは堪能できた

2021年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

美しい色彩感覚のポスターに惹かれて、映像美を見に行くつもりで見に行った。
ストーリーは期待していなかったが、予想通り何ということもなく、出会った美しい男女の会話も面白みがなく、もっと女性がはぐらかすなりウィットに富んだ、謎めいた会話があれば私も彼女の魅力にはまっていったのでしょうが、「何を考えている?」「何も。」ばかりでは、はぐらかす、と言うより何も考えていない馬鹿な女性に見えてしまって残念。
嫉妬に狂い始める美男の主人公の堕ちていくさまはよかったけれども、魔性の人妻役のローレン・ハットンはやはりアメリカ人女性のためか内側から醸し出す色気に欠けていて、昔の映画にありがちな、金髪で、ボディラインに沿うシルクの部屋着をまとっていて、横たわったり髪をかき上げたり、男性の監督から見て色っぽいと思われるような典型的な仕草や表情を指示されてやりましたという風で、若い男を狂わせるような女性の魅力を造形しきれていなかった。
どちらかというと、男っぽい顔立ちにメンズファッションが似合うサバサバした女性という雰囲気
なので、そういう役やモデルが似合う。
映像美だけは堪能できたという点で、2.5点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピンクマティーニ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る