ガルシアの首

劇場公開日

  • 予告編を見る
27%
49%
15%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

首に100万ドルという巨額の金がかけられた男を追う一匹狼とシンジケートの戦いを描く。製作総指揮はヘルムート・ダンティーン、製作はマーティン・バウム、監督は「ビリー・ザ・キッド 21才の生涯」のサム・ペキンパー、脚本はゴードン・ドーソンとペキンパー、撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、編集はガース・クレーヴンが各々担当。出演はウォーレン・オーツ、イセラ・ベガ、ギグ・ヤング、ロバート・ウェバー、ヘルムート・ダンティーン、エミリオ・フェルナンデス、クリス・クリストファーソンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。デラックスカラー、ビスタサイズ。1974年作品。

1974年製作/アメリカ
原題:Bring Me the Head of Alfredo Garcia
配給:ユナイト映画

ストーリー

メキシコの広大な牧場を支配し、この地方の絶大な権力者であるエル・イェフェ( エミリオ・フェルナンデス)は、愛娘のテレサを妊娠させたのがアルフレッド・ガルシアと知って怒り狂った。彼はガルシアの首に100万ドルの賞金をかけ、片腕のマックス(ヘ ルムート・ダンティン)をメキシコ・シティに飛ばせた。マックスは名うての殺し屋であるクイル(ギグ・ヤング)やサペンスリー(ロバート・ウェバー)を集めてバーやクラブの聞き込みを開始した。バーのしがないピアノ弾きベニー(ウォーレン・オーツ)は独特の嗅覚で、クイルとサペンスリーの背後に金の匂いをかぎつけていた。そして情婦のエリータ(イセラ・ベガ)からガルシアに関する情報を得た。エリータによれば、ガルシアは彼女と関係を持ち、再会を約しながら自動車事故で死亡したというのだ。その死体は故郷の生家の墓場に埋葬されているという。ベニーは人生にもう一華咲かせるためにガルシアの首に賭けることにした。ベニーはマックスを訪ね、1万ドルでガルシアの首を渡すことを約束し、いやがるエリータを口説いてガルシアの故郷に向かった。それは新婚旅行もどきの道中で、ベニーは待ちうけるだろうバラ色の生活を饒舌に語った。途中、野宿をしようとする二人にパコ(クリス・クリストファーソン)というヒッピー風の若い男二人組に襲われたがベニーは無造作に射殺した。しかし、その後を組織に雇われた男たちがつけていることに彼は気づかなかった。夕方、目的地の村に到着した二人は、深夜に墓堀を開始した。エリータはいやがったがベニーは掘り続けた。そのとき、背後から何者かに後頭部を殴られたベニーは気絶し、気づいたときは彼の横にエリータとガルシアの死体があった。しかし、ガルシアの死体には首がなかった。愛するエリータを喪った悲しみと何者かに対する憤怒にかられベニーはすぐ二人組のあとを追った。追いついたとき、ベニーの軍用コルトが火を吹いた。倒れている二人にベニーはありったけの弾を撃ち込んだ。ガルシアの首を奪ったベニーは既に金銭を超越したおさえがたい怒りにかられていた。途中、ガルシアの両親や親せきが首を取り戻しにやってきたが、クイルとサペンスリーがかけつけ、彼らを虐殺した。ベニーはその二人をも射殺すると、ニューメキシコのホテルに拠を構えるマックスを訪れ、命令を下したエル・イェフェの名を聞きだすとそこにいた全員を射殺してエル・イェフェの牧場に向かった。カバンの中にはドライアイスがつめられ、その中にはガルシアの首が納められてあった。ベニーが到着したとき、テレサはガルシアの子を産みおとし、その孫を抱くエル・イェフェは上機嫌だった。ベニーはテレサの撃ち殺してという叫びと共に拳銃の引き金をひいた。100万ドル入りのカバンを掴むとベニーは車に乗り込み、門を突破しようとしたが、数十人の部下が一斉に発砲した。(ユナイト映画配給1時間52分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • プラネット・テラー in グラインドハウス
  • デス・プルーフ in グラインドハウス
  • 極道兵器
  • デッドボール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • 血を吸う粘土
  • ホーンズ 容疑者と告白の角
  • クラウン
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.5切ない大人の恋愛物語とその復讐劇 そこからブレない どんどん心に染み込んでくる 気がつけば忘れられない映画になっていると思います

あき240さん
2021年2月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

疑いも無くサム・ペキンパー監督の最高傑作

男は50手前、女は30半ば
どうにかしなければならない
もう時間切れは迫っている
それは感じている
一皮剥けば焦燥感で一杯
でも、何をどうしたら抜け出せるのか
何をしたらいいのか、サッパリ分からない

だから、今日も明日も昨日の延長
一応、楽しく仕事してご飯食べれて、異性のパートナーもいるようないないような

そうして今日までズルズルと生きてきてこんな歳になっちゃった
手近ならところで手を打てば良いじゃない?
そんなこと分かってる
そうしようかと思ったこともある
でもなんとなくもっと良いひとが現れるような気もして踏み切れない

別にこのままでもいいじゃないか、慌てなくても
そんなこと思ってたら、いつの間にかこんな歳になってしまった

そんな男と女の物語
こんな男女は多いだろう

ベニーはメキシコのとある場末の飲み屋のピアノ弾きのアメリカ人
もうメキシコに来て長いのにまだスペイン語が満足に話せない
それは覚える気がないからだ
こんなとこ早いとこ抜け出すつもりだった
それがズルズルと気がつけばもう10年くらい経ってたかも知れない

そんなところにぶら下がった、ここから抜け出すきっかけ
それがなんとあいつ、エリータの元彼の首だ

あいつといっても、俺の女かというと、そんなようなそうでないような
だから俺とガルシアは似た者同士だ
あいつの方が10程若いが、俺みたいになるに違いない
俺だってガルシアみたいにやらかして逃げて来て、流れ流されこんなところに居着いてしまっただけ
ガルシアもそうなる
だからそんな奴は死んだって誰も悲しみはしない
気にもしない
俺の為に殺されてくれ

エリータはベニーの女
ガルシアは昔から知ってたろくでなし
今彼のベニーもろくでなし、どっちだっておなじ
だから急に頼って来たからガルシアとはちょっと寝ただけ
あいつが本気な訳がない
まだベニーの方が長いからなんとかなるかも知れないけど、あてになんかできない
だからといって、いまさら切ることもないし
今までどおりダラダラと付き合うだけ

そんな二人
一花咲かそうなんて思ってもいない
ここから抜け出したいだけ
似た者通しのどん詰まりの二人で、別の土地でやり直したいだけ

二人で街を車で出たら楽しいじゃないか
遅かったけど、俺も私も幸せになれるかも知れない

それがどうだ
バイクの二人組からケチがついた
墓についてみれば、ババア始めガルシアの親族一同悲しそうに葬式してやがる
あいつは俺と同じで悲しむ奴なんていないはずじゃなかったのか?
エリータまで殺されてしまった

このまま生きていたって仕方ない
エリータの復讐をしてやる
俺をこんな人生にした奴らに復讐してやる

もともとこんなこと始めた奴をぶっ殺してやる
考えてみれば、俺がこんなていたらくな人生に落ちぶれたのはそいつらのせいじゃないか
責任とらしてやる

ガルシアは俺と同じだ
助手席に載せたら友達みたいについ話かけてしまう
お前の敵も取ってやる

だからエリータと来る途中に泊まった同じ宿で、エリータがへたり込んで泣いていた、シャワールームの床に首を置いてやる
彼女と同じようにシャワーを浴びて泣けよ

切ない大人の恋愛物語とその復讐劇
そこからブレない
どんどん心に染み込んでくる
気がつけば忘れられない映画になっていると思います

旅の途中でのピクニックのような休憩
ウォーレン・オーツとイセラ・ヴェガ の二人の笑顔は最高の表情でした
このシーンが甘く素晴らしいからこそ、終盤の殺戮と釣り合うのです

傑作です
日本だけでヒットしたのはなんか誇らしいです
日本の観客の観る力が素晴らしかったということだと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5ウォーレンオーツが渋い

2020年11月25日
iPhoneアプリから投稿

パイオニアのロンサムカーボイのCMで
砂漠で、45autoをぶっ放す姿が
スクリーンに
サムペキンパーは、メキシコがすきやな。
何の本で
世の中の女は、
いいオンナとメス犬しか
いないっていまならセクハラだな。
彼は、娼婦をかならず描いていたなあ。
そんな、オールドファションな
監督やったなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大阪ぶたまん

4.0ペキンパーバイオレンスの真髄。オーツの魅力満載。

2019年10月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

萌える

サム・ペキンパー監督映画第10作目。かなり久しぶりに鑑賞。

ヒリヒリとした空気感とスローモーションなどをふんだんに駆使したアクションが印象的な、ペキンパー監督らしさ満点のバイオレンスアクションムービー。現代劇だが内容は殆ど西部劇。

メラメラとしたメキシコの暑さが全編を包んでおり、映像や空気感はとにかく暑苦しくて汗臭い。ガルシアの腐った首の腐敗臭さえもが画面越しに臭ってくるような感覚があった。無駄な飾り気や娯楽要素は削ぎ落とされていて、ペキンパーバイオレンスの真髄というような作品だった。

ウォーレン・オーツの魅力も満載で、最高に渋くて味が有って格好良かった。ペキンパー作品常連のエミリオ・フェルナンデスの存在感も流石だった。

劇中で流れるラテン音楽の哀愁も忘れられない。

ペキンパー監督とオーツファンの自分としては最高の作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス

3.0ペキンパー

kossyさん
2019年6月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る