カー・ウォッシュ

劇場公開日

50%
0%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ダウンタウンのある洗車場の1日をディスコ・サウンドに乗せて描く。製作はアート・リンソンとゲイリー・ストロンバーグ監督はマイケル・シュルツ、脚本はジョエル・シューマカー、撮影はフランク・スタンレー、音楽はノーマン・ホイットフィールド、歌・演奏はローズ・ロイスが各々担当。出演はフランクリン・アジャイ、サリー・ボイヤー、リチャード・ブレストッフ、ジョージ・カーリン、アーウィン・コーリー、アイバン・ディクソン、ビル・デューク、アントニオ・ファーガス、マイケル・フェネーリ、アーサー・フレンチ、ロレイン・ゲイリー、ダロー・アイガス、レナード・ジャクソン、ドウェイン・ジェシー、ローレン・ジョーンズ、ジャック・キホー、ヘンリー・キンジ、メラニー・メイロン、クラレンス・ミューズ、ダ・ポインター・シスターズ、リチャード・プライヤー、トレイシー・リード、ペペ・セルナ、ジェームズ・スピンクス、レイ・ヴィットなど。

1976年製作/アメリカ
原題:Car Wash
配給:ユニヴァーサル=CIC

ストーリー

朝、7時44分。ラジオからの軽快なリズムと共に、ロサンゼルスのダウンタウンにある『デラックス・カー・ウォッシュ』という名の洗車場の1日が始まる。一番乗りはロニー(アイヴァン・ディクソン)、続いてデブのヒッポ(ジェームズ・スピンクス)、おしゃれのT・C(フランクリン・アジャイ)、チェコ(ペペ・セルナ)、チャーリー(アーサー・フレンチ)、インディアンのグッディ(ヘンリー・キンジ)、ジェロニモ(レイ・ヴィット)、それに昨夜浮気を楽しんだスクラッグズ(ジャック・キホー)、オカマのリンディ(アントニオ・ファーガス)、歌手志望のフロイド(ダロー・アイガス)とロイド(ドウェイン・ジェシー)、洗車場で靴磨きをするスナッパー(クラレンス・ミューズ)、意地悪のアール(レナード・ジャクソン)等、従業員がやってきた。そしてここの経営者ミスターB(サリー・ボイヤー)と、毛沢東かぶれのドラ息子アーウィン(リチャード・ブレストッフ)もご出勤。タクシーで駆け込んだのはキャッシャーのマーシャ(メラニー・メイロン)、そしてラストは過激思想かぶれのデュアン(ビル・デューク)だ。さあ、顔ぶれは揃った。仕事だ! ソウル・ステーションKGYSのDJの紹介するヒット・チャートNo1「カー・ウォッシュ」のテーマに乗ってスタート! タクシーが止まり、商売女の黒人娘(ローレン・ジョーンズ)が、タクシー代を払わず女子トイレに身を隠し、運チャン(ジョージ・カーリン)はカッカと追跡を開始した。また、今日も少年カルビン(マイケル・フェネーリ)が皆の仕事の邪魔をはじめた。通りをへだてたレストランのウェイトレス、モナ(トレイシー・リード)も出勤。デートを申し込んで断られるT・C。ラジオでは曲名を当てるテレフォン・クイズをやっており、T・Cは曲が流れるたびに赤電話に駆け込むが、タイミング悪く、ダメ。そんなところへ、教育ママ(ロレイン・ゲイリー)のベンツがやってき、続いて、リンカーン・コンチネンタルに乗ったリッチ牧師(リチャード・プライヤー)と助手のウイルソン・シスターズ(ザ・ポインター・シスターズ)もやってきた。やっと、昼になった。ディスコを流すKGYSのDJがコーラ爆弾魔のニュースを流す。一方、昼下りの情事は例のタダ乗り黒人娘とヒッポ。女への代償はトランジスター・ラジオだ。やがて、気分すっきりのヒッポが職場に戻ると、怪しげな男(アーウィン・コーリー)がウロウロ。奴こそコーラ爆弾魔だ。ヒッポとT・Cが力を合せて、男にタックルするが、コーラのビンから流れ出たのは……オシッコ。遅刻常習犯デュアンがミスターBよりクビにされ、ロニーがとりなすがダメ。そんなミスターBがマーシャにデートを申し込むが、ダメ。そして、それをアーウィンに知られ父子断絶。しかし、T・Cはツイていた。曲名当てクイズに当選し、ロック・コンサートへ御招待だ。むろんモナも同伴で。KGYSのDJも夜の担当者に変わり、洗車場の1日が終わろうとしている。ドタバタのうちに従業員達は仕事を終え、去っていく。だが、まだ残っているロニーはその日の売り上げの計算。と、そこへデュアンがクビになった腹いせに、金を盗みにくるが、ロニーが思いとどまらせる。やがて、人気のなくなった夜の洗車場。静けさだけが重くあたりを支配する。そして暗いものかげから、あの商売女がトランジスター・ラジオを片手に、客を求めて夜の街へ--。『デラックス・カー・ウォッシュ』の1日が終わった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第30回 カンヌ国際映画祭(1977年)

受賞

フランス映画高等技術委員会グランプリ マイケル・シュルツ
音楽賞 ノーマン・ホイットフィールド

出品

出品作品 マイケル・シュルツ

第34回 ゴールデングローブ賞(1977年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る