落ちた偶像

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「文化果つるところ」のキャロル・リードが製作・監督した一九四八年作品で、「第三の男」と同じく、グラハム・グリーンの短篇小説を、グリーン自身が脚色した。附加台詞はレスリー・ストームとウイリアム・テンプルトン、撮影は「老兵は死なず」のジョルジュ・ペリナール、作曲は「邪魔者は殺せ」のウィリアム・オルウィンの担当。主演は「超音ジェット機」のラルフ・リチャードソン、「ガラスの城」のミシェル・モルガン、この作品のために発見された少年ボビー・ヘンリーの三人で、ソニア・ドレスデル、デニス・オディア(「艦長ホレーショ」)、ウォルター・フィッツジェラルド(「宝島」)、カレル・ステパネック、ジョーン・ヤング、ジャック・ホーキンス(「マレー・ゲリラ戦」)らが助演する。

1948年製作/イギリス
原題:The Fallen Idol
配給:東和

ストーリー

ロンドンに駐在する某国大使館での出来事。ある土曜日、大使は週末を利用して長い間病気静養中だった夫人を迎えに出かけて行った。広い大使館は、大使の令息フェリップ少年(ボビー・ヘンリー)、従僕頭ベインズ(ラルフ・リチャードソン)、そしてベインズ夫人(ソニア・ドレスデル)の三人が留守番になった。ベインズ夫人はヒステリックで厳格な性格なので、フェリップは彼女を嫌い、自然ベインズをしたっていた。ベインズも以前から冷い妻に対して愛情を失っており、数カ月前から働いている若いタイピスト、ジュリイ(ミシェル・モルガン)の美しさと女らしさに惹かれ、二人はいつしか恋におちていた。だが、ジュリイは陰でベインズを愛している苦しさに堪えきれず、週末明けの月曜には仕事を辞めて立去るとベインズに申出た。ベインズはジュリイに、妻と話をつけるから思いとどまるようにと告げたか、いざ妻に話を切り出そうとすると逆にやりこめられてしまった。翌日曜、ベインズとジュリイの間を疑うたベインズ夫人は、外出を装って大使館内にかくれ、ベインズらの行動を監視した。ベインズはジュリイとフェリップをともなって動物園へ出かけ、帰ってみると、ベインズ夫人から火曜まで帰らぬという偽装の電報がとどいていた。三人は楽しい晩餐を共にし、ジュリイは大使館に泊ることにした。フェリップはペットとして愛玩していた小蛇のマクレガーがベインズ夫人に殺されてしまったことを知りひどく悲しんだ。ベインズとジュリイは、フェリップをなぐさめるため一緒に隠れんぼをして遊んでやった。やがてひとりベッドに入って眠りかけたフェリップのところに、嫉妬に狂ったペインズ夫人があらわれ、ジュリイとベインズの居どころを聞き出そうと激しくせまり、次いで出て来たベインズと口論した。ベインズの立去ったあと、夫人はホールの上のベランダからジュリイの部屋をのぞこうとして、誤って階段の下に墜落し死んでしまった。フェリップはベインズが正当防衛で夫人を殺したものと思い込んで彼をかばうので、警察はベインズが殺したと疑いはじめた。だが、ベランダにたおれていた植木鉢の上に夫人の足跡があったことから過失死と認められた。だが、フェリップはその足跡が別のときにつけられたものであることを知っており、そのことを刑事に告げようとしたが、誰も耳をかたむけてくれなかった。フェリップはいつも嘘をつくなと教えられていたのに、真実を云ってもとりあってくれない大人たちに失望した。そこへ、大使と大使夫人が帰って来て、フェリップを優しく呼びよせた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第7回 ゴールデングローブ賞(1950年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血ぬられた墓標
  • 知りすぎた少女
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 呪いの館
  • 血みどろの入江
  • 新エクソシスト 死肉のダンス
  • GONIN
  • GONIN2
  • カリスマ
  • 霊的ボリシェヴィキ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

3.0「第三の男」のグレアム・グリーン原作映画です!

2020年7月22日
スマートフォンから投稿

キャロル・リード監督ベースで観たが、原作・脚本がグレアム・グリーンとのことでより興味が増した。

「情事の終わり(映画タイトル名=ことの終わり)」が印象的だったためだが、この映画では「ことの終わり」のような宗教色はない。

嘘と秘密を約束させられた少年の嘘で逆に混乱する事件解明、
果たして製作側の狙いは、
大人の都合による子供の犠牲への警鐘と捉えるべきか、
または子供の持つ魔性と捉えるべきか、
と迷うところで、
またタイトル名についても、

子供の眼からは憧れた大人への幻滅感なのかもしれないし、それが所以とは理解しつつも、
執事に同情出来る背景が明確であったり、ラストで事件への疑いも晴れているので、
私としては「落ちた偶像」のタイトル名にしっくりこないままに終わってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KENZO一級建築士事務所
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る