オーロラの彼方へ

劇場公開日:

解説

「インナー・スペース」のデニス・クエイドと、「シン・レッド・ライン」のジム・カヴィーゼルが、時を隔てて協力し合う親子を演じるファンタジーサスペンス・ヒューマンドラマ。脚本は「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のトビー・エメリッヒ。監督は「真実の行方」のグレゴリー・ホブリット。

2000年製作/117分/アメリカ
原題:Frequency
配給:ギャガ=ヒューマックス

ストーリー

恋人との別離に苦悩する刑事ジョン(ジェームズ・カヴィーゼル)にとって、30年前に殉職した消防士の父フランク(デニス・クエイド)は、誰よりも妻を愛し、息子のジョンを「リトル・チーフ」と呼び、とびきりの愛情を注いでくれたかけがえのない存在だった。もし父が生きていたら…そう思わない日は一日たりとてなかった。ある日、ジョンはクローゼットの奥から父の形見の無線機を発見する。オーロラの輝く夜、ある男との交信に成功したジョンは、無線機の向こうで男が自分の子供に「リトル・チーフ」と呼びかけるのを聞き、愕然とする。ジョンが無線機で交信した男は、なんと30年前に死んだ父フランクだったのである。くしくもその日は消防士の父が救助中に事故死する、まさにその前日であった。ジョンは必死にフランクに別の脱出ルートを使えば助かることを伝える。翌日、無線機の前で祈るジョンの目に信じられない光景が映った。机の上に彫り込まれていくメッセージ…「まだ生きてるぞ」。それは未来が変わった瞬間だった。だが、このことによって全く予想もしなかった大事件が発生してしまうのであった…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第58回 ゴールデングローブ賞(2001年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5愛とSF

2022年3月28日
スマートフォンから投稿

泣ける

興奮

幸せ

タイムリープ系ではあるが
内容は分かり易いし
タイムリープを面白く構成しており
ぐっと惹き込まれる
ミステリー、SF、ハートフル
が要素となる贅沢な作品でありどれも楽しめる

ラストシーンは
単純だけどそれが好き

コメントする (0件)
共感した! 0件)
癖強映画評価マン

3.5なぜか『遠い空の向こうに』と混同してしまう

2022年2月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時鑑賞。
パッと連想したのは『漂流教室』と『タイムスケープ』。ロジックはユルフワだし、穏当な方へ行くので違いますが。構成的には好きなタイプ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

3.5悪くない、良いのだけれど。

2021年10月10日
PCから投稿

SmartNewsで紹介されていたので鑑賞。
過去と未来が無線でつながり、未来から過去へ指示を出し、最適な未来を紡ぎだそうとする話。

過去改変で未来を変える話は、上映当時の21年前にみていたら衝撃的だったろうが、今となってはそういった作品が溢れすぎてしまっているのもあるだろう。ザ・コール、シグナル、バタフライエフェクトだの・・。

そういった作品に触れていれば、今作に新鮮味はほぼなく、ああはいはいそういうお話ねといった感じになってしまうだろう。上記のような作品にまだ触れていない、ということであるならば、本作はすごく面白いのではなかろうか。

テーマはやはり古典的、あまり映画に触れていなければ良作、よく観る人ならあるあるパターンといった作品になるだろう。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
やべっち

3.5細かい理論なのではなくて

2021年7月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

決めた設定の中で、アクション、家族愛、過去未来のやり取りと影響、野球、やりたいこと全部やった感じ。
作り手が楽しそうで、見終わってその部分にも爽やかさすら感じる。

まさか最後に会えるとは!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
WALLE
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る