オーロラの彼方へ

劇場公開日

オーロラの彼方へ
36%
55%
8%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「インナー・スペース」のデニス・クエイドと、「シン・レッド・ライン」のジム・カヴィーゼルが、時を隔てて協力し合う親子を演じるファンタジーサスペンス・ヒューマンドラマ。脚本は「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のトビー・エメリッヒ。監督は「真実の行方」のグレゴリー・ホブリット。

2000年製作/117分/アメリカ
原題:Frequency
配給:ギャガ=ヒューマックス

ストーリー

恋人との別離に苦悩する刑事ジョン(ジェームズ・カヴィーゼル)にとって、30年前に殉職した消防士の父フランク(デニス・クエイド)は、誰よりも妻を愛し、息子のジョンを「リトル・チーフ」と呼び、とびきりの愛情を注いでくれたかけがえのない存在だった。もし父が生きていたら…そう思わない日は一日たりとてなかった。ある日、ジョンはクローゼットの奥から父の形見の無線機を発見する。オーロラの輝く夜、ある男との交信に成功したジョンは、無線機の向こうで男が自分の子供に「リトル・チーフ」と呼びかけるのを聞き、愕然とする。ジョンが無線機で交信した男は、なんと30年前に死んだ父フランクだったのである。くしくもその日は消防士の父が救助中に事故死する、まさにその前日であった。ジョンは必死にフランクに別の脱出ルートを使えば助かることを伝える。翌日、無線機の前で祈るジョンの目に信じられない光景が映った。机の上に彫り込まれていくメッセージ…「まだ生きてるぞ」。それは未来が変わった瞬間だった。だが、このことによって全く予想もしなかった大事件が発生してしまうのであった…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第58回 ゴールデングローブ賞(2001年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

5.0最高の名作

MAMIさん
2020年10月29日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

とにかくよく出来た映画で、伏線の回収や結末までの流れが全て最高です。

こんな映画に巡り合えたことに感謝したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MAMI

4.5古さを感じない!隠れた傑作!

Pegasusさん
2020年1月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

知的

大好きだった韓国ドラマ「シグナル」の元ネタ?という情報を知り鑑賞。

一言で表すと「最高にアメリカン」かな。
前半は、火災の緊迫感
後半は、殺人の緊迫感
30分ぐらいに思える程長さを感じない。
なのに連続ドラマ10話を見たような内容。
まさに隠れた傑作です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Pegasus

2.0気にしない方だが

2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

それでも矛盾が気になって仕方なかった。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

3.5父と息子、家族の物語

wub23さん
2019年4月14日
iPhoneアプリから投稿

Netflixにあったので、期待せずにふと見たら、よく出来た話で、思わず感動してしまった。父と息子、困った時に助け合い苦難を乗り越えて、家族の思い出を刻んで行く、なんだか羨ましい話でした。

SFという意味でも、同時並行的に未来が書き換わる描写は難しい表現だと思うが、陳腐にならず、映画ならではの描写に仕上げてるところはさすが(過去に机に書いたメッセージがリアルタイムで生成するところなんて、良かった)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
wub23
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「オーロラの彼方へ」以外にこんな作品をCheck-inしています。