オースティン・パワーズ

劇場公開日

8%
36%
50%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

60年代の花形スパイが90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ。主演(スパイと悪の帝王の二役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。監督は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」の脚本などを担当した新鋭のジェイ・ローチで、本作が長編劇映画デビュー作。製作はマイヤーズ、「G.I.ジェーン」の女優デミ・ムーア、本作の製作会社ムーヴィング・ピクチャーズを設立したスザンヌ・トッド、「Dear フレンズ」のジェニファー・トッドの共同。撮影は「ロスト・ハイウェイ」のピーター・デミング。音楽は「モータル・コンバット」「フランキー・ザ・フライ」のジョージ・S・クリントン。美術は「スクリーム」のシンシア・K・シャレット。衣裳は「ホーリー・ウェディング」のディーナ・アッペル。共演は「ボディ・バンク」のエリザベス・ハーレイ、「三銃士」のマイケル・ヨーク、「誰かに見られてる」のミミ・ロジャース、『スパイのライセンス』のロバート・ワグナーほか。「ザ・ステューピッド」のトム・アーノルド、「スター・ウォーズ」のキャリー・フィッシャー、「ジュリアン・ポーの涙」のクリスチャン・スレーター、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウ、作曲家のバート・バカラックが特別出演。

1997年製作/95分/アメリカ
原題:Austin Powers: International Man of Mystery
配給:松竹富士(松竹=ポニーキャニオン 提供)

ストーリー

1967年。英国諜報部員オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ)は、ラスヴェガスの地下の秘密基地で世界征服を企む悪の帝王ドクター・イーヴル(マイヤーズ=二役)を追い詰めるが、イーヴルは自ら冷凍睡眠に入ってロケットで脱出。負けじと対抗してパワーズも冷凍睡眠。30年後。97年。復活したドクター・イーヴルは、片腕のナンバー・ツー(ロバート・ワグナー)ら手下を使い、核弾頭を奪取して地下から地球を破壊しようという、新たな世界征服のシナリオ、バルカン計画をすすめる。そうはさせじと蘇生されたパワーズだが、30年のカルチャー・ギャップはあまりに大きく、新たにコンビを組んだかつてのパートナーのミセス・ケンジントン(ミミ・ロジャース)の娘ヴァネッサ(エリザベス・ハーレー)を巻き込んで珍騒動。それでも運よくドクター・イーヴルの秘密基地に乗り込むパワーズとヴァネッサ。彼らを迎え撃つ、人食いスズキとお色気アンドロイドフェムボットの一団。大騒動の末、パワーズはイーブルの野望を砕き世界を救い、ヴァネッサと愛の新婚生活を始める。だがはたして、ドクター・イーヴルは滅びていなかった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ハマる人にはハマりそう

越後屋さん
2021年12月22日
PCから投稿

所謂アメリカのスラップスティックとも違い、何とも形容しがたい不思議なコメディです。
ハチャメチャであってハレンチであって脈絡なく主役もラりってて、何となく天才的なカンジがしますが、どこをどう面白がればいいのか戸惑います。故に、日本人でもこのテンポとナンセンスにハマる人はドップリ行きそうな気配です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
越後屋

2.0カメオ

kossyさん
2021年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 すごいカメオ出演陣!これだけで満足。。。あとはオバカ映画、しかも笑えない。しかし、これだけカメオ出演があるということは信頼されてるんだな~と不思議な気分で画面に引き込まれますね。

 タイムトンネルが出てきたときには懐かしい気持ちになった。他にもいっぱいパロディがありそうなんだけど、探すのも考えるのも面倒くさくさせてくれた・・・・何も考えないほうがいいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

1.5くだらん

2020年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

わざとらしいギャグは楽しめなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

3.0制作年以上に古い映画のように思えた

Cape Godさん
2019年5月2日
PCから投稿

総合:55点 ( ストーリー:50点|キャスト:65点|演出:50点|ビジュアル:65点|音楽:65点 )

 くだらなさ満載の007を基にお馬鹿喜劇にした作品。

 お馬鹿喜劇だからこんなものだろうと思うのだが、007を基にしているのでこれはどんな場面だなというのがわかって理解しやすいし、あの場面や登場人物をこんなふうに表現したのだというのがわかりやすい。だがその表現が古くて、1997年の作品なのにまるで70年代くらいの作品のように感じてしまう。そんなのもあって、喜劇とはいうものの特に笑えるというほどでもない。わざとなのか、美術も作り物が満載。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「オースティン・パワーズ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「オースティン・パワーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。