オースティン・パワーズ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
5%
41%
52%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

60年代の花形スパイが90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ。主演(スパイと悪の帝王の二役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。監督は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」の脚本などを担当した新鋭のジェイ・ローチで、本作が長編劇映画デビュー作。製作はマイヤーズ、「G.I.ジェーン」の女優デミ・ムーア、本作の製作会社ムーヴィング・ピクチャーズを設立したスザンヌ・トッド、「Dear フレンズ」のジェニファー・トッドの共同。撮影は「ロスト・ハイウェイ」のピーター・デミング。音楽は「モータル・コンバット」「フランキー・ザ・フライ」のジョージ・S・クリントン。美術は「スクリーム」のシンシア・K・シャレット。衣裳は「ホーリー・ウェディング」のディーナ・アッペル。共演は「ボディ・バンク」のエリザベス・ハーレイ、「三銃士」のマイケル・ヨーク、「誰かに見られてる」のミミ・ロジャース、『スパイのライセンス』のロバート・ワグナーほか。「ザ・ステューピッド」のトム・アーノルド、「スター・ウォーズ」のキャリー・フィッシャー、「ジュリアン・ポーの涙」のクリスチャン・スレーター、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウ、作曲家のバート・バカラックが特別出演。

1997年製作/95分/アメリカ
原題:Austin Powers: International Man of Mystery
配給:松竹富士(松竹=ポニーキャニオン 提供)

ストーリー

1967年。英国諜報部員オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ)は、ラスヴェガスの地下の秘密基地で世界征服を企む悪の帝王ドクター・イーヴル(マイヤーズ=二役)を追い詰めるが、イーヴルは自ら冷凍睡眠に入ってロケットで脱出。負けじと対抗してパワーズも冷凍睡眠。30年後。97年。復活したドクター・イーヴルは、片腕のナンバー・ツー(ロバート・ワグナー)ら手下を使い、核弾頭を奪取して地下から地球を破壊しようという、新たな世界征服のシナリオ、バルカン計画をすすめる。そうはさせじと蘇生されたパワーズだが、30年のカルチャー・ギャップはあまりに大きく、新たにコンビを組んだかつてのパートナーのミセス・ケンジントン(ミミ・ロジャース)の娘ヴァネッサ(エリザベス・ハーレー)を巻き込んで珍騒動。それでも運よくドクター・イーヴルの秘密基地に乗り込むパワーズとヴァネッサ。彼らを迎え撃つ、人食いスズキとお色気アンドロイドフェムボットの一団。大騒動の末、パワーズはイーブルの野望を砕き世界を救い、ヴァネッサと愛の新婚生活を始める。だがはたして、ドクター・イーヴルは滅びていなかった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0制作年以上に古い映画のように思えた

Cape Godさん
2019年5月2日
PCから投稿

総合:55点 ( ストーリー:50点|キャスト:65点|演出:50点|ビジュアル:65点|音楽:65点 )

 くだらなさ満載の007を基にお馬鹿喜劇にした作品。

 お馬鹿喜劇だからこんなものだろうと思うのだが、007を基にしているのでこれはどんな場面だなというのがわかって理解しやすいし、あの場面や登場人物をこんなふうに表現したのだというのがわかりやすい。だがその表現が古くて、1997年の作品なのにまるで70年代くらいの作品のように感じてしまう。そんなのもあって、喜劇とはいうものの特に笑えるというほどでもない。わざとなのか、美術も作り物が満載。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

2.5オースティンと山寺宏一は似ている。

2018年4月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

楽しい

世界をオマタにかけて活躍する60年代を身にまとったおバカなスパイの話。
笑いの文化の違いを、これほどまでに痛感させられたコメディ映画はなかった。
意味の分からないギャグが多くて気持ちがモヤモヤする。
クインシー・ジョーンズの「ソウル・ボサノヴァ」が本作の持つカラーにジャストフィットしていた。
全シリーズを制覇したが、相手役の女優が変わるだけで、どれも似たり寄ったりの印象しかない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。

4.0スパイおバカ作戦

近大さん
2018年2月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

思い出しレビュー45本目。
『オースティン・パワーズ』

60年代のスパイが宿敵と共に、冷凍冬眠から90年代に復活して…。
007シリーズのパロディ満載のナンセンス・スパイ・コメディ。

とにかく、オースティン・パワーズのキャラが愉快、愉快!
一応は60年代の花形スパイ。
が、90年代ではスーパー世代ギャップ。
決して二枚目ではないのに、色男ぶっている。
凄腕なんだかそうじゃないのか分からない言動、やる事なす事、これがオースティンの魅力だぜ!
宿敵で、007のプロフェルド丸パクりのDr.イーブル。
個人的に彼も凄いお気に入りなんだよね。
一応悪の総大将なんだろうけど、何だかとてもお間抜け…。
一人二役、マイク・マイヤーズ最高の当たり役。

パロディ、ギャグ、ナンセンスな笑い…。
007を徹底的におちょくってると思いつつ、実はしっかりオマージュが込められている。
昔ながらのスパイ活劇の雰囲気。
悪玉の大陰謀を阻止するという話の分かり易さ。
ユニークなスパイ・グッズの数々。
ちゃんと007してる。

ノリノリの音楽、ポップでカラフル、イケイケなエンターテイメントだが、90年代に蘇ったオースティンの悲哀もそれとなく込められ、彼がかつてのパートナーであったヒロインの母との事を語るシーンは結構しんみり。
それから個人的に、あっさり殺された悪の組織の下っ端の訃報が家族に伝えられるシーンが何か好き。
ザコにだって家族が居るんです!

3作まで作られて、もう暫く経つ。
スパイ映画がシリアスになった昨今…。
今また、オースティン・パワーズにカムバックして欲しい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.0マイクマイヤーズ

2017年5月27日
Androidアプリから投稿

古きイギリスを感じさせお馬鹿キャラで大活躍
ポップな音楽、カラフルな色彩
さすがオースティン
ある意味の007かもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シモカツ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「オースティン・パワーズ」シリーズ関連作品