オースティン・パワーズ デラックス

劇場公開日

7%
34%
41%
11%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

60年代の花形スパイが、世界征服を企む宿敵の悪の帝王と対決するため90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディの続編。主演(三役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。前作に続き、監督のジェイ・ローチ以下、製作はマイヤーズ、女優デミ・ムーアと、スザンヌ・トッド、ジェニファー・トッド、エリック・マクレオドジョン・ライオンズ、音楽はジョージ・S・クリントン、編集はデボラ・ニール・フィッシャーとジョン・ポール、衣裳はディーナ・アッペルと、同様のスタッフが登板。製作総指揮はアーウィン・ストッフ、マイケル・デ・ルカ、ドナ・ラングレー。撮影はユレリ・スティグナー。音楽監修はジョン・ホリハン。出演は前作に続きマイケル・ヨーク、ロバート・ワグナー、セス・グリーン、ロブ・ロウ(ゲストから昇格)のほか、新たなヒロインに「ロスト・イン・スペース」のヘザー・グレアムが起用された。特別出演はティム・ロビンス、バート・バカラック、エルヴィス・コステロ、ウィリー・ネルソン、ウディハレルソン、人気司会者のジェリー・スプリンガーほか。

1999年製作/95分/アメリカ
原題:Austin Powers: The Spy Who Shagged Me
配給:日本ヘラルド映画(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン 提供)

ストーリー

1999年。オースティン・パワーズ(マイク・マイヤーズ)はヴァネッサ・ケンジントン(エリザベス・ハーレイ)とのハネムーンを楽しんでいたが、なんと彼女の正体はフェムボットと発覚! 華麗な独身者に戻ったオースティンだが、ここでまたトラブル発生。ナントドクター・イーヴル(マイク・マイヤーズ=二役)が地球に帰還、タイムマシンで1969年に戻り、冷凍睡眠中のオースティンのパワーの源のモジョ(=Mojo)を新たな配下ファット・バスタード(マイク・マイヤーズ=三役)に盗みださせたのだ。女の子もイカせられないと自信喪失のオースティンだが、再び英国情報部から1969年に戻ってドクター・イーヴルの世界征服の野望を阻止せよと命令が下る。今度のパートナーはCIAから派遣されたフェリシティ・シャグウェル(ヘザー・グレアム)なる超美人。すっかりご機嫌になったオースティンは彼女のサポートを得て、ドクター・イーヴルの秘密基地ムーンベースに潜入。イーヴルは今度はアラン・パーソンズ・プロジェクトなるレーザー・ビームで世界を狙い撃ちしようというのだ。強敵ファット・バスタード、そしてイーヴルの八分の一サイズのクローン、ミニ・ミー(ヴァーン・トロイヤー)の襲撃もかわし、オースティンは見事イーヴルの野望を阻止するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 アカデミー賞(2000年)

ノミネート

メイクアップ賞  

第57回 ゴールデングローブ賞(2000年)

ノミネート

最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0次はSF

kossyさん
2021年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 『スターウォーズ』『007』『サンダーバード』『タイム・トンネル』『スター・トレック』などなど。異様ロケットも元は『フレッシュ・ゴードン』。この登場シーンではディックやらジョンソンやらピーナッス、ナッツなど、お下劣ワードが次々と出てきて楽しい。バート・バカラック、エルビス・コステロ、ウィリー・ネルソンなどのミュージシャンも楽しい。

 タイムパラドクスはとにかく無視して現在と過去のオースティンと2人になっちゃうところなんて、SF映画そのもを笑いのネタにしていますなぁ。ファットバスターズまでマイク・マイヤーズだとは気づかなかった。ヘザー・グレアムもいい。ミニ・ミーは今作から登場だったのですね・・・なかなかいいキャラだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5スパイおイタ大作戦 Dr.イーブルの逆襲

近大さん
2021年1月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、映画館

笑える

楽しい

単純

007をパロッたおバカスパイコメディの続編。1999年の作品。
前作は低予算で中ヒット程度だったが、一気に全米興収2億ドル超えの大ヒット作に。
同時期公開の某スペース・オペラEP1からランキング首位の座を奪取し、開幕もアレまんま。

60年代のスパイと悪人が90年代に蘇って…。
でも、コメディの続編はいつも一捻り。
敗北したDr.イーブルが地球に帰還。タイムマシンで再び60年代に戻り、オースティンの精力の源=モジョを盗む。精力を失ったオースティンも60年代へ…。

やっぱり『オースティン・パワーズ』は60年代でおイタしちゃおーぜ!
おバカも下ネタもスケールもパワーアップして、イェーイ!
今回もノリノリ、イケイケ、ナンセンス・エンターテイメント!

オースティンとイーブルの一人二役のマイク・マイヤーズ。主役は勿論オースティンだけど、何故だかどうしてもイーブルの方が好き。
さらに今回は、イーブル側のスパイのおデブの“ファット・バスタード”も特殊メイクやボディスーツで演じ、一人三役。
さながら、マイク・マイヤーズ・ショー!

前作の“オースティン・ガール”、エリザベス・ハーレーも良かったが、今回のヘザー・グラハムも負けていない。キュート&セクシー!
相変わらずサブキャラも立ってるが、やはりセス・グリーン演じるイーブルの息子スコット。生意気な現代っ子だけど、確かに彼の言う事は正しいちゃあ正しいかも…? でも、ステレオタイプな悪役にしてみれば、シッ!お口にチャック!

そうそう、忘れちゃいけない、今回から登場、イーブルの1/8サイズのクローン。
ミニ・ミー!
見た目は可愛らしいけど、凶暴&クレイジー!

今作も007のパロディネタいっぱい。
他の映画ネタもいっぱい。
豪華ゲスト出演者も。
当時劇場で観てから、レンタルやWOWOW放送などで何度か鑑賞し、シリーズ3作中最も愛着あり。
でも、全体的におバカな笑いだけに走り、前作のようなおバカな笑いの中にも少々しみじみさせるものに欠けた。
それがあったら前作と肩を並べていただろうに…。残念!

また敗北してしまったイーブル。
でも個人的には、
見せ場も増えて、ミニ・ミーなど新キャラも登場して、世界征服の野望には負けたけどインパクト的には今回勝ったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

0.5下品で低俗

下品で低俗。もともと、わたしは下品で低俗な笑いが すきだ。しかし、これは嫌いだ。笑えない。アメリカでは人気の映画で、続編まで出たので、日本人に理解できない「アメリカン ジョーク」なのかも 知れないが。
食事中に見れないほどの下品さなので、やむなく0点とした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です

2.0うちではネタとして使える

2014年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

下ネタだらけで単純に笑えた。
こういう映画を一緒に観られて感想を話し合える人がいることは幸せなことだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おだまき
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「オースティン・パワーズ」シリーズ関連作品