オー!

劇場公開日

オー!
40%
40%
0%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジャン=ポール・ベルモンドが主演を務め、若きギャングの成功と破滅を鮮烈に描いた青春クライムアクション。名作「冒険者たち」の監督ロベール・アンリコ、原作ジョゼ・ジョバンニ、ヒロインのジョアンナ・シムカスが再タッグを組んだ。カーレーサーのフランソワ・オランは親友のドライバーと組んで八百長を企てるが、レース中に事故を起こして親友が死亡し、その殺害の嫌疑をかけられてA級ライセンスを剥奪されてしまう。数年後、オランは銀行強盗団の運転手にまで落ちぶれており、一味のボスであるフランソワ・カンテールと名前が同じであるため、仲間たちからは「オー」と呼ばれていた。ある日、カンテールが拳銃の暴発で死んでしまう。オランは組織のボスになろうと画策するが仲間に見下され、一匹狼として生きることを決意。やがて彼は“アルセーヌ・ルパン+アル・カポネ=オー”と新聞でもてはやされ、暗黒街で名をあげていくが……。1968年製作で日本では69年に初公開。2020年には、ベルモンド主演作をリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」(20年10月30日~、東京・新宿武蔵野館ほか)で公開。

1968年製作/107分/G/フランス・イタリア合作
原題:Ho
配給:エデン
日本初公開:1969年5月24日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • パラノーマル・アクティビティ
  • サクラメント 死の楽園
  • ブレア・ウィッチ
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
  • 複製された男
  • アルカディア
  • モンスターズ 地球外生命体
  • 鉄男
  • 鉄男Ⅱ THE BODY HAMMER
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

HO! a film by Robert Enrico (C)1968 - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - MEGA FILMS

映画レビュー

1.5美しすぎるシムカス、数々の名車、そして、なんだかんだで、ベルモンド。

osmtさん
2021年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
osmt

4.0青春×犯罪×べルモンド

柴左近さん
2020年11月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

べルモンド傑作選の三本目はこの作品
怪盗ルパン+アル・カポネと呼ばれた若き悪党フランソワ・オラン、通称「オー」の活躍を描いたフィルム・ノワール
カーレースのシーンや脱獄のシーンはルパン三世1stシーズンで丸々参考にしたんだろうなと思うそっくりな話がある。
お馴染みの黄色いオープンカーも出てくるし

少し登場人物の気持ちが読み取りづらいが、印象に残るシーンだらけだ。脚本だけが満点でも忘れてしまう映画はよくあるが、こういう映画は忘れない。映画って結局こういう説明が難しい雰囲気、味、愛嬌が一番重要だと思う。その面から見ると今作は満点!

元レーサーで悪党な主人公
変装してなりすまし釈放(一番好きなシーン)
ネクタイを372本持ってる
なんて現実味の無い設定なんだって思うかもしれないけど、それが面白いんじゃない!という製作陣の開き直りが感じられて清々しい。そして、実際に面白いんだからしょうがない。
ラストのヒロインの最期がかつての友人の最期と同じなのもいい。どちらもオーを残して死んでしまうのが切ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
柴左近

5.0認められたい孤独な若者

talismanさん
2020年10月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

若い頃からベルモンドが深い内面も演じる俳優であることを示している映画です。最初はなんとなく暗い印象で陽気で明るいベルモンドではなかったのでどう捉えていいのかわかりませんでした。でも4回見て自分なりに身に沁みる映画になりました。評価も上がりレビューも書き換えました。

理解者の一人である新聞記者はフランソワを単なる「悪ガキ」と評する。レース事故は親友とのほんのちょっとの接触が原因なだけで故意ではないことを説明したい。自分のドライビングテクニックも見せてやりたい。確かに悪ガキ。

ベネディットは美しく服も家も黄色い車もすべて素敵。フランソワもお洒落でコートも煙草も一流品。ネクタイは372本持っている。1年365日+1週間分。お洒落で流血嫌いのフランソワをネクタイの新聞広告でおびき寄せ追い込んだのは警察だ。警察がマスコミをてなずけて使う手法は昔から。

ヨーロッパやアメリカは銀行強盗が普通によくあるんだろうか?逃亡に不可欠なのが優秀ドライバー、強盗仲間は替えた方がいい。この映画と「ベイビー・ドライバー」で知ったことだ。脱獄方法も頭いい。ヨーロッパの刑務所はどこでも同じ構造なんだろうか?長方形の建物で数階建てで天井が高く真ん中が吹き抜け、ぐるりと廊下でそこに各部屋(この映画では独房ではない)が並んでいる。

恋人に対してモデルの仕事に言いがかりをつけるフランソワ。彼女は売れっ子でファッション雑誌の表紙を飾り街の壁にもポスターが沢山貼られている。一方、自分は彼女を招き入れるような所に住んでもいずレーサーの振りをして嘘をついている。そういうフランソワ=ベルモンドを見て辛く悲しくなった。若い時によくある劣等感と悔しさ。認めてもらいたい思いと自意識過剰でいっぱい。

ルパンだ、カポネだと書かれた新聞を何部も買って、自分の写真とリード文の切り抜きを部屋中に貼りまくるフランソワ。自分の横顔と拳銃を手にする姿を鏡に映すフランソワ。まるで「タクシー・ドライバー」のデニーロだ。

ピアノメインのメロディー3つがとても良かった。1つは緊迫感、2つ目は孤独と苦しみ、そして3つ目は明るさ。見れば見るほどどんどんいい映画になっていく。(2021.8.3.)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
talisman
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る