さよならエマニエル夫人

劇場公開日:

解説

性の悦びに目覚めた女性の奔放な性の遍歴を描き、本国フランスのみならず日本でも人気を集めた官能映画「エマニエル夫人」「続エマニエル夫人」に続くシリーズ第3作。

インド洋に浮かぶ地上最後の楽園セーシェルで、自由奔放な性生活を満喫するエマニエルと夫ジャン。そんなある日、若い映画監督グレゴリーがロケハンのためセーシェルへやって来る。当然のようにグレゴリーと関係を持つエマニエルだったが、いつしか彼に対してかつてない感情を抱くようになっていく。一方のジャンも初めての嫉妬を味わっていた。

前作に続いてシルビア・クリステルが主人公エマニエル、ウンベルト・オルシーニが夫ジャンを演じた。2023年12月29日より、デジタルリマスター版をリバイバル公開。

1977年製作/98分/R15+/フランス
原題:Goodbye Emmanuelle
配給:ファインフィルムズ
劇場公開日:2023年12月29日

その他の公開日:1977年12月24日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1977 STUDIOCANAL. Tous droits reserves.

映画レビュー

5.0こんにちはエマニエル夫人

2024年1月20日
Androidアプリから投稿

バンコク、香港ときて、お次はセーシェル。日本人には夕陽でお馴染み。どうでもいいが。
さよなら、である。何がさよならだ!
結局、帰ってきたエマニエル夫人的なもんは作られ、多分派生作品は今後も産まれる。
次作の帰ってきたエマニエル夫人(タイトル不明)の内容は、夫人が全身整形により若返り、再び快楽の世界へ…、なんだそりゃ!
シルビア以外のエマニエル夫人なぞ観たくもない!
女性解放映画だなんだと騒いだところで、結局は小娘の裸がみたい男どもの暇つぶしに成り下がった。
もう、エマニエルにはうんざりよ!とシルビア本人が言ったのは確かだろう。
しかし、真実の愛と性を求めて世界中を彷徨い続けるシルビアが観たかった。エマニエルはつらいよ、みたいな。
たとえいくつになっても、夫人を演じるシルビアは誰よりも美しい。シルビアを前に時間などは無意味だ。
今回の楳図かずおみたいなヘアスタイルはイマイチだったが…。
シルビアがエマニエルを演じ続け、我々がそれを求める事が、女性解放としてのエマニエル夫人の真実の姿であったのだろうに。
早すぎたポリコレ映画の傑作。
いつかディズニーアニメでリメイクされ、ディズニーランドにアトラクションが出来るだろう。
無邪気に笑うシルビアが見える。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
こうた

5.0世界でいちばんえっちな映画 エマニエル夫人

2024年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

萌える

さよならエマニエル夫人デジタルリマスター版
神戸市内にある映画館「シネ・リーブル神戸」にて鑑賞 2024年1月17日
主演:シルビア・クリステル
インド洋に浮かぶ地上最後の楽園セーシェルで、自由奔放な性生活を満喫するエマニエルと夫ジャン。そんなある日、若い映画監督グレゴリーがロケハンのためセーシェルへやって来る。グレゴリーと関係を持つエマニエルだったが、いつしか彼に対してかつてない感情を抱くようになっていく。一方のジャンも初めての嫉妬を味わっていた。ジャンはエマニエル宛ての手紙をライターで燃やしてしまうのだった。
エマニエルはグレゴリーと海の中や浜辺で愛するセックスが興奮さめやらないほど感激した」ようである。
グレゴリーはフランス・パリへ旅立ってしまい、エマニエルはその後を追っていくのだった。

「世界でいちばんえっちな映画」と言われるけれど、ストーリーがあり・・・けれど、えっちだよ!
下品な描写ではなく上品でエレガントさがあります。

1974年 十数か所の削除、修正がなされ、日本初上映。本作リマスター版は無修正版
エマニエル夫人のテーマソングは「動画サイト」チェックして。
セクシーなフランス語の三拍子シャンソンで、きっと聴いたことがあるかもしれないです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大岸弦

3.0シルビア姐さん

2024年1月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

幸せ

さすがに3本目となるとシルビア・クリステルも貫禄が出てしまって、「姐さん」になってしまった。美しさに変わりはないものの、やはり薹(とう)が立った雰囲気があり、魔力的な魅力にも影が差している。内容も第1作目に似通っていて、旦那のジャンの嫉妬に狂った行動が何とも痛ましい。まさしく題名通りの「さよならエマニエル夫人」である。内容は今一つの出来であっても、サントラはセルジュ・ゲーンズブールに任せたこともあって、とても素晴らしい。ファンク風の主題歌に一連のレゲエを中心にしたカリビアンの音楽。このサントラは白眉である。この一連の作品は断じてポルノでは無く、フランス流の人間讃歌だと私は受け止めた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
shanti

3.0嫉妬と誘惑の果てに到達するセックス哲学の最終結論

2013年2月19日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
全竜
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「エマニエル夫人」シリーズ関連作品