軍曹

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

デニス・マーフィの原作を、彼自身が脚色。監督はジョン・フリンで、これが監督第1作。音楽は「バーバレラ」のミシェル・マーニュ、撮影は「凶悪犯」のアンリ・ペルサンが担当。出演は「夜の大捜査線」のロッド・スタイガー、「黄金の眼」のジョン・フィリップ・ロー、新人リュドミラ・ミカエル、他にフランク・ラティモア、エリオット・サリヴァンなど。製作は「南海の楽園」のリチャード・ゴールドストーン。

1969年製作/アメリカ
原題:The Sergeant
配給:ワーナー

ストーリー

ベテラン曹長アルバート・カラン(ロッド・スタイガー)が、フランス駐留のアメリカ陸軍中隊に赴任して驚いたのは、その軍律の乱れだった。勲章十字章が何より自慢なカランは、苦りきった。が、そんな中で、スワンソン1等兵(ジョン・ロー)だけは、彼に清新な印象を与えた。カランはスワンソンに中隊事務室付きになるよう勧め、スワンソンも迷いながらこれを承諾した。スワンソンにはソランジュ(リュドミラ・ミカエル)という恋人がいたが、事務室付きになってからの彼は、カランの都合で、ソランジュとの約束を破らねばならぬこともたびたびだった。そのため、スワンソンとソランジュの仲は決裂した。こんなことから、カランとスワンソンは、一緒に過ごす時間が多くなり、親密さを増した。カランは、スワンソンを独占した喜びで一杯だった。カランは、何度もスワンソンに「部下としても、友としても君を大切に思っている」というのだった。一方、ソランジュは、スワンソンと会えぬ日々に耐えきれず、ついに兵営にまでやって来てしまった。再会に狂気する2人。この場を偶然みたカランは逆上し2人を口汚くののしった。この時から、カランとスワンソンの間は気まずくなった。再び孤独になったカラン。カランはその寂しさを紛らすために、酒に溺れていった。勤務中にまで酒を飲むようになったカランに、中隊長(フランク・ラティモァ)は、免官を言い渡した。その翌日、銃器庫からライフルを持ち出したカランは、朝もやの森で寂しい一生を閉じた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

4.0普遍的な人間らしさたっぷり

hoさん
2021年3月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

物語の舞台は部隊は軍であるが、軍人でなくてもサラリーマンでも成り立つ映画。
男色物というより恋愛ものなんだけど、真面目にやってる分、どこかお茶目さがあり、笑えてくる。
が、軍曹の口からでる言葉や、采配は令和の職場という意味での男性社会でも同じ行動があり、人間らしさ、納得感が凄い。
名作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ho
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る