スモーク
ホーム > 作品情報 > 映画「スモーク」
メニュー

スモーク

劇場公開日

解説

ニューヨーク、ブルックリンの小さな煙草屋を舞台に繰り広げられる人間模様を、それぞれの真実と嘘、現在と過去を交錯させながら描いた群像ドラマ。現代アメリカを代表する作家ポール・オースターの短編「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を原作にオースター自らが脚本を手がけ、「ジョイ・ラック・クラブ」のウェイン・ワン監督がメガホンをとった。ブルックリンの片隅で煙草屋を営むオーギーは10年以上にわたり、毎日同じ場所で同じ時刻に写真を撮影している。煙草屋の常連客である作家ポールは、数年前に妻を亡くして以来、スランプに陥っていた。ある日、ポールは路上で車にひかれそうになったところをラシードという少年に助けられ、彼を2晩ほど自宅に泊めてあげることに。その数日後、ポールの前にラシードの叔母だという女性が現われ……。店主オーギー役を「レザボア・ドッグス」のハーベイ・カイテル、常連客ポール役を「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハートがそれぞれ好演。第45回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞し、日本でもロングランヒットを記録した。2016年12月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

作品データ

原題 Smoke
製作年 1995年
製作国 アメリカ・日本合作
配給 アークエンタテインメント
日本初公開 1995年10月7日
上映時間 113分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第45回 ベルリン国際映画祭(1995年)

受賞
銀熊賞(審査員特別賞) ハーベイ・カイテル

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全32件)
  • 引き込まれていつまでも終わって欲しくないと願ってしまう映画 舞台劇のような構成の見事さ ハーヴェイ・カイテルの語り口はまるで咄家の話芸ように引き込まれる芸の域だ その他の役者達も芸達者な演技だ そして影の主役はなんと言っても下町ブルックリンのなんの事のな... ...続きを読む

    あき240 あき240さん  2018年10月10日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • タイトルなし ニューヨーク ブルックリンの片隅 街角の小さな煙草屋 そこに集う人間のドラマ . 嘘と真実 ウィットに富んだ会話 最後に流れる音楽 派手な演出なく 沈黙は優しく燻らす煙草の煙の中へ 1995年公... ...続きを読む

    lilyrose lilyroseさん  2018年4月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人に優しく みんなそれぞれ人には言えない小さな傷を抱えている。だから人に優しくなれる。 ...続きを読む

    はる はるさん  2018年3月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「スモーク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi