スモーク

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スモーク
35%
50%
14%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨーク、ブルックリンの小さな煙草屋を舞台に繰り広げられる人間模様を、それぞれの真実と嘘、現在と過去を交錯させながら描いた群像ドラマ。現代アメリカを代表する作家ポール・オースターの短編「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を原作にオースター自らが脚本を手がけ、「ジョイ・ラック・クラブ」のウェイン・ワン監督がメガホンをとった。ブルックリンの片隅で煙草屋を営むオーギーは10年以上にわたり、毎日同じ場所で同じ時刻に写真を撮影している。煙草屋の常連客である作家ポールは、数年前に妻を亡くして以来、スランプに陥っていた。ある日、ポールは路上で車にひかれそうになったところをラシードという少年に助けられ、彼を2晩ほど自宅に泊めてあげることに。その数日後、ポールの前にラシードの叔母だという女性が現われ……。店主オーギー役を「レザボア・ドッグス」のハーベイ・カイテル、常連客ポール役を「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハートがそれぞれ好演。第45回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞し、日本でもロングランヒットを記録した。2016年12月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

1995年製作/113分/PG12/アメリカ・日本合作
原題:Smoke
配給:アークエンタテインメント
日本初公開:1995年10月7日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1995 Miramax/N.D.F./Euro Space

映画レビュー

4.5【ポール・オースターが自らの短編を絶妙な脚本に仕立て上げた素晴らしい作品。】

NOBUさん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

 オーギー・レン(ハーヴェイ・カイテル)は営む煙草屋から10年以上、毎朝8時に写真を撮っている。その数、4000枚・・・。

 作家、ポール・ベンジャミン(ウィリアム・ハート)は妻を銀行強盗の流れ弾で失ってから、仕事が手に付かない・・。

 怪しい少年ラシード(本名はトーマス)と父サイラス(フォレスト・ウィテカー)の関係性も巧みに盛り込み物語は進む。

 映画って良いな、と心から思える作品。劇場で観ることが出来て、僥倖であった。

<名画シリーズ として地元の映画館でかけられた作品>

<2017年11月2日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

4.0大人(おじさん)のためのクリスマス寓話

2019年11月20日
スマートフォンから投稿

難しい

幸せ

ポールオースター好きなので見てみました
オースター自身タバコと写真家(ついでに映画も)愛好家なので好きがぎゅっと詰まった映画、私はタバコ吸わないし、吸う人に近寄りたくもないですが(臭い!)登場人物はじつに美味しそうに紫煙を燻らす
さてこの映画の三人のおじさん、作家のポール・ベンジャミン、煙草屋の店主オーギー、ガソリンスタンドのオーナーコールはそれぞれ内面に痛みを抱えつつガラもいいとは言えないが他者への優しさに溢れている
ラストの見せ場、オーギーの長ゼリフでやっとクリスマスの話になるが全体を通してクリスマスの寓話のようだ
おじさんたちがこうありたいと思う理想の姿
小道具はタバコと瓶ビールと野球観戦の素敵なクリスマスムービー

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バスト・ラー

4.0いい話!

2019年5月2日
iPhoneアプリから投稿

隠れた名作

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロマン

4.5煙の重さのように、本作を見た後と前では何かが違っている

カメさん
2019年4月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.4
男たちが語り合う最中には、常にシガーが登場し、美味しそうに燻らしている。
物語の冒頭に語られた、煙にも重さがあるという小話。吸い終わった吸殻と最初のシガーとの重さの差が煙の重さだと。
それを比喩するように、男達が話す会話劇があり、なんでもない小話だが、それを聞いた後と前とでは、少しだけ気持ちや考え方が変わっている。目には見えない違いだが、まるで煙の重さのように。
ある煙草店を中心に集まった人達の群像劇を、とても鋭く、そして見逃してしまうような出来事を繊細に描いている。
素晴らしく綺麗で優しく、人間の本質を捉えた作品であると感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る