エデンの東

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
エデンの東
19%
54%
22%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

旧約聖書のカインとアベルの物語を下敷きにしたジョン・スタインベックの同名小説を、「欲望という名の電車」「波止場」の名匠エリア・カザン監督が映画化した青春ドラマ。1917年のアメリカ・カリフォルニア北部の町サリナスを舞台に、孤独な青年キャルの苦悩や家族との確執を描く。主演は本作が映画初出演となるジェームズ・ディーン。共演にジュリー・ハリス、ジョー・バン・フリート。音楽はレナード・ローゼンマン。1955年公開。日本でも幾度かリバイバル公開されており、2005年11月にはデジタルリマスター版でリバイバル公開。2021年1月にも「ジェームス・ディーン生誕90周年記念上映」(21年1月29日~、新宿ピカデリー&なんばパークスシネマ)でリバイバル上映。

1955年製作/118分/PG12/アメリカ
原題:East of Eden
配給:ワーナー・ブラザース映画
日本初公開:1955年

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第13回 ゴールデングローブ賞(1956年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  

第8回 カンヌ国際映画祭(1955年)

受賞

ドラマティック映画賞 エリア・カザン

出品

出品作品 エリア・カザン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1954 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

映画レビュー

1.5ジェームスディーン背小さ! 猫背すぎ!

2021年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

当時の若者の象徴となったジェームスディーンはどんなイケメンかと思ったが背の小ささが気になった(周りの役者を小さい人で揃えるとかすればいいのに)あと猫背でどこがカッコいいのか分からなかった。話も小難しくフィルム感も古すぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画苦手な人

4.5【時代背景と聖書の物語】

ワンコさん
2021年2月1日
iPhoneアプリから投稿

旧約聖書の「カインとアベル」の話をモチーフにした文学は他にもあるが、このスタインベック原作の「エデンの東」は最も有名なのではないか。
ただ、なぜ旧約聖書は、この物語を収めたのか、僕にはよく理解できない。

神であるヤハウェが、カインとアベルの供物に良し悪しの差をつけるのか、神のする事に不満を感じてはいけないという戒めなのか、もし、そうだとしたら、モノのたとえが無茶苦茶だなとか、結果的に生じた殺人や嘘は受け入れ難いとしても、やっぱり、僕には理解出来ない。

この映画作品は、全体を通して流れるテーマ音楽がものすごく有名で、場面場面で、優しくも、悲しくも聞こえる。

キャルが畑で横たわる場面は、映画のポスターよりもファンに親しまれているのではないか。
世に多くの女性のジェームズ・ディーン・ファンを作り出し、いわゆる、キュンキュンさせたのだ。
僕の母親然り。

この作品の年代設定は、第一次世界大戦のアメリカの参戦が叫ばれている頃で、映画が公開されたのは、第二次世界大戦は終わっているものの、朝鮮戦争など米ソ対立が顕在化したことによって、思想的には保守化が進み、相対的に人権が軽視された頃だ。

こうした事が背景となって、このモチーフとなった「カインとアベル」の物語への疑問や、人権が相対的に軽視され、旧態然とした変化を拒否する社会への反感が育まれたのではないのかと思うのだ。

女性の発言や活動を嫌い、家族の封建的なところを肯定して、若者の自由を許容せず、そして、聖書を言い訳にする。

こうして鬱積した不満は、人種差別も相まって、60年代には、公民権運動や女性解放運動につながっていくのだ。

映画の物語は、キャルと父の和解で終わる。

世界が不穏な動きで揺れるなか、この映画は、神に代わって、家族には、そして、人には、和解が如何に大切かを示して見せたのだ。

これは、この作品の普遍的なテーマもあり、ジェームズ・ディーンの瑞々しさとケミストリーを起こし、今でもファンを惹きつけるのだ。

※ 今回のリバイバルで、通しでジェームズ・ディーン作品を3本観たが、分断に揺れ動く今の時代だからこそ面白いのではと考えさらされる映画たちだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
ワンコ

4.0大傑作だ…

JYARIさん
2021年1月16日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 32 件)
JYARI

5.0カインとアベル

2020年10月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジェームズ・ディーン初出演作で強烈な印象を残した、ジョン・スタインベック原作、エリア・カザン監督の青春ドラマ。
主人公(ジェームズ・ディーン)は反抗的だったため父親に疎まれていた。
善良な兄、その恋人、真面目な父親、家族を捨てた母親がドラマを構成している。
大人になるには残酷な門を通らなければ。

コメントする
共感した! (共感した人 32 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る