ひまわり(1970)

劇場公開日

解説

ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニというイタリアの2大スターを主演に迎え、戦争によって引き裂かれた男女の愛を描いたドラマ。結婚して幸せな日々を送っていたジョバンナとアントニオだったが、第2次世界大戦が勃発し、アントニオはソ連の最前線に送られてしまう。終戦後、帰らない夫を探しにソ連を訪れたジョバンナは、命を救ってくれたロシア人女性との間に家庭を築いていたアントニオと再会する。逃げるようにイタリアに戻ったジョバンナだったが、数年後、もう一度やり直したいとアントニオが訪ねてくる。「ミラノの奇蹟」(1951)、「悲しみの青春」(71)などで知られ、74年に他界したイタリアの名匠ビットリオ・デ・シーカの晩年の名作。2011年にニュープリントでリバイバル公開。2020年には製作50周年を記念してHDレストア版でリバイバル公開。

1970年製作/107分/G/イタリア
原題:I girasoli
配給:アンプラグド
日本初公開:1970年9月

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)1970 - COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0デ・シーカの故郷への思いが宿るメロドラマ

2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ナポリの海岸で奔放に愛し合うジョバンナとアントニオだったが、アントニオが戦争に奪われたことで暗転。そこから始まるドラマは、ロシアに従軍したまま戻らない夫を探して、イタリアから現地へと向かうジョバンナの過酷なロードに追随する。製作されたのは冷戦時代真っ只中の1970年。本作は史上初めて西側の撮影クルーが鉄のカーテンを潜って旧ソビエト連邦に分け入った作品として記録されている。つまり、多くの人々にとっては未知の大国だったソ連の赤の広場や、奈落の底へと続きそうな長く深いエスカレーターが、スクリーンを介して初めて眼前に現れるのだ。そして、モチーフとなる広大なひまわり畑は、ウクライナに実在する。ジョバンナとアントニオのような戦争に引き裂かれた人々を、太陽に向かって懸命に伸びようとするひまわりに擬えた、これは反戦のドラマ。しかし、社会の劇的な変化に翻弄される庶民に暖かい眼差しを向けるそのタッチは、監督のビットリオ・デ・シーカが初期に発表したイタリアン・ネオリアリズムと根底で繋がる。故郷へと思いが迸るが如く。そして、戦争を超えていこうとするジョバンナとアントニオは、コロナ禍から這い出し、新たな日常を模索する我々の仲間でもあるのだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 17 件)
清藤秀人

4.0あんなに人を愛したことがあるだろうか。

2022年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

戦争によって引き裂かれた、切ない愛。簡単に要約すればそうなんだが、

夫の生を信じきって、ソビエトまで探しに行く主人公の思いがすごい。

そして、そこで見た。夫の新しい生活。

彼は雪中行軍で脱落し、とあるロシア人女性に救われ、家庭を築いていたのだ。

それを知ったソフィアローレンの演技がまたなんともやりきれない。

主人公をイタリアまで訪ねてきて夫だが、今度は彼女にも新たな家庭があった。

愛を確認する2人なのだが、ラストでの元夫を見送るソフィアローレンの表情、

汽車の窓際に立ち、虚無の表情で徐々に画面から消える元夫。

冷戦下での撮影とのこと。多くの困難があったのだろうが、ソビエトの

映像も興味深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
藤崎敬太

5.0怒る女

2022年8月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジョバンナの泣く姿よりも、怒る姿の方が、印象が強かった。なんだかピカソがドラ・マールをモデルに描いた、「泣く女」が浮かんできた。反対に、アントニオは弱い。流され、迷い、思いきりが悪い。まあ、本人のせいではないのだが。

戦争は市民が一番損をする。まったくいいことはない。戦争がなければ、運命が変わったのに。寒い寒いロシア。あったかいイタリアから、こんな寒いところまで連れてこられ、死ぬことになった多くの人々。大地に広がる、おびただしい十字架。生き抜いてイタリアに帰国できた人もいれば、ロシアに残る人もいる。生きていても、みんな心に傷を受けている。

ひまわりは太陽に向かって咲く、明るいイメージだが、こんなにたくさん咲いていると、怖く感じてしまう。死んだ人がひまわりになったかのような怖さ。無言で大地に立つ姿が、悲しい。テーマ曲の効果もあるかもしれない。静かなる反戦映画。

映画の中のロシアのおばさんやこどもは、ジョバンナに親切だった。一般市民はどこの国も普通の人間なのだ。戦争をしようと思うのは、政治家や軍人など。今も普通のロシア人は、戦争を望んでいないと思いたい。まさか、21世紀にこんなことが起こるとは、想像もしなかった。一刻も早く終わって欲しい。

BSプレミアムの放送にて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ぷにゃぷにゃ

4.0原題のI girasoliとはイタリア語でのひまわりらしい。 この劇中のひまわり畑がウクライナにあることも知られていると思う。

2022年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

萌える

BS-NHKで映画「ひまわり(1970)」を見た。

1970年製作/107分/G/イタリア
配給:アンプラグド
日本初公開:1970年9月

原題のI girasoliとはイタリア語でのひまわりらしい。

この劇中のひまわり畑がウクライナにあることも知られていると思う。

ビットリオ・デ・シーカ監督といえば「自転車泥棒(1950)」で有名らしい。
オレはあまりよく知らない。

ソフィア・ローレンは今年88才
劇中の彼女は本当に綺麗だ
身長が174cm。

マルチェロ・マストロヤンニは1996年に亡くなってる。

ほとんど誰でも知ってるストーリーだと思うが、
最初から最後まで見たのはこれが初めてである。

マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンは
イタリアの新婚夫婦。

第2次世界大戦でマルチェロ・マストロヤンニはロシアの最前線に送られた。

凍てつく大地で凍死寸前のマルチェロは現地のロシア人女性に助けられた。

終戦になってもマルチェロはイタリアに還らなかった。
ロシア人女性と家庭を持って子供もいる。

ソフィア・ローレンはロシアの地で夫を探して歩きまわる。

そしてついに見つけてしまう、夫とその家庭を。

逃げるように列車に飛び乗ってイタリアまで戻ったソフィア。

この後この二人はどうなってしまうのか・・・

満足度は5点満点で4点☆☆☆☆です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ドン・チャック
すべての映画レビューを見る(全84件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る