アンナ・マグダレーナ・バッハの日記

劇場公開日

解説

二番目の妻アンナ・マグダレーナ・バッハの目から見たヨハン・セバスチャン・バッハの生涯を描く。監督・脚本はジャン・マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ夫妻、撮影はウーゴ・ピッコーネ、サヴェリオ・ディアマンテ、ジョヴァンニ・カンファレッリ、音楽はレオ・レオニウスが担当。出演はグスタフ・レオンハルト、クリスチアーネ・ラング・ドレヴァンツなど。映画はわずか100足らずのショットによって構成されている。画面に現れるのは演奏する音楽家たちだけで、アンナ・マグダレーナ(クリスチアーネ・ラング・ドレヴァンツ)のナレーションによってバッハ(グスタフ・レオンハルト)の35歳から、死までが語られる。画面で演奏されるバッハの作品は<ブランデンブルク協奏曲第5番BWV1050第一楽章アレーグロ><「ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハのためのクラヴィーア小曲集」より第8プレリュードBWV854><メヌエット・フランス組曲第1番第6曲BWV812><ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第2番BWV1208第1楽章アダージョ><オルガン・トリオ第2番BWB526第2楽章ラルゴ><マニフィカトBWV243第11・12曲><テンポ・ディ・ガボックパルティータ第6番第6曲BWV830><カンタータ第265番「破れ、砕け、こぼて」BWV205第2、3曲バス・レチタティーヴォとアリア><カンタータ第198番「候妃よ、さらに一条の光を」BWV198終結合唱><ケーテン候葬送音楽BWV244 ソプラノ・アリア><マタイ受難曲BWV244冒頭合唱><カンタータ第42番「この同じ安息日の夕」BWV42冒頭シンフォニーアとテノール・レチタティーヴォ>他全24曲。1972年、アンナ・マグダレーナは、バッハの2度目の妻として迎え入れられる。それから29年後の1756年に死ぬまでの間のバッハの創造的苦悩、家庭でのアンナや子供たちへの態度が、これらの音楽の作曲された年月にそって語られる。

1968年製作/西ドイツ・イタリア合作
原題:Chronik der Anna Magdalena Bach
配給:ユーロスペース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5恐ろしい緊張感

因果さん
2022年1月28日
iPhoneアプリから投稿

一体どんな魔法を使ったのかと疑いたくなるくらい立体感のあるショット。そして鬼気迫るバッハの演奏。じっと目を凝らし耳を澄ませているうちに、画面の内側へ引き摺り込まれていきそうになる。しかし完全に引き摺り込まれる寸前で透明な壁が我々の侵犯を阻む。というのも、カメラの視点が常に人ならざる位置にあるからだ。部屋の隅や、観客と演者の中間や、床すれすれの低地といった亜空間から、カメラは作中のできごとを淡々と記述していく。画面の立体感と音楽の臨場感にグワーっと引き込まれかけた瞬間、今度はカメラの徹底したフィクション性に押し戻されるのだ。接近と離隔のアンビバレンスを慎重に綱渡りしていくような緊張感が絶えずつきまとう。したがって本作を見るにあたっては不断の集中力が必要不可欠となる。いったん綱から落ちてしまうとすぐさま退屈に襲われる。私もかなり危なかった。

私は大学の図書館で視聴したが、なるべくなら映画館で見ることをオススメしたい。座椅子に磔にされながら見たほうがいい映画というものもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
因果

3.0未熟ゆえに評価不能

2015年8月21日
PCから投稿

悲しい

知的

難しい

ここにレビューを載せることさえ、おこがましく感じられてしまいます。すいません、まったく太刀打ちできませんでした、この映画。ただし、決して切って捨てるようなことはできない作品です。ここには何かがあると思わざるを得ないのですが、今の自分にはそれがまったく分かっていないだろうということが、正直な感想です。
バッハを描くこととは何か、そして映画におけるストーリーとは何か、そうしたことに挑戦されているのだろうということを、おぼろげに考えた次第です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る