アラバマ物語

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

ピュリッツァー賞を受賞したハーパー・リーの自伝的小説を原作に、1930年代のアメリカ南部で人種差別に立ち向かう弁護士の闘いを幼い子どもたちの視点から描いた名作ドラマ。1932年、人種差別が根強く残るアラバマ州の田舎町。弁護士フィンチは妻に先立たれ、まだ幼い2人の子どもたちと暮らしている。ある日、彼は白人女性に性的暴行を加えた容疑で逮捕された黒人青年の弁護を担当することに。何よりも正義を重んじるフィンチは、差別や偏見に立ち向かいながら、青年の無実を証明するべく奔走する。しかし町民たちはそれを快く思わず、フィンチや子どもたちに対する風当たりは日ごとに強くなっていく。グレゴリー・ペックが1963年・第35回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した。

1962年製作/129分/アメリカ
原題:To Kill a Mockingbird
配給:ユニバーサル映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 アカデミー賞(1963年)

受賞

男優賞 グレゴリー・ペック
脚色賞 ホートン・フート
美術賞(白黒)  

ノミネート

作品賞  
監督賞 ロバート・マリガン
助演女優賞 メアリー・バダム
撮影賞(白黒) ラッセル・ハーラン
作曲賞 エルマー・バーンスタイン

第20回 ゴールデングローブ賞(1963年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) グレゴリー・ペック
最優秀作曲賞 エルマー・バーンスタイン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ロバート・マリガン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

カラスは撃ってもツグミは撃っては駄目なのか?差別と偽善!

マサシさん
2022年4月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

言うに及ばず、アンクル・トム 対 偽善的白人 この映画で感動する黒人はいないし、白人もこの映画に違和感を覚えるはずだ。60年前の映画で
仕方ないが、寧ろ今の方が悪くなっているように感じる。
古典として取り上げられるが、差別などの問題はここから出発する。その問題は解決されぬまま、更に複雑になっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

4.5家族愛にジーンときた

2021年6月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョニーデブ

2.0米国人の暗い生真面目さ。

2021年2月28日
iPhoneアプリから投稿

ビターな事柄にもやたら騒がず、静かに怒りそれを共有すべき良心とするメンタリテイが、米国人にあるとは意外。
マスコミの垂れ流すやたらデモしてウーピー先頭にゴスペル歌うイメージは損だな。
米国人の暗い生真面目さを知る貴重な資料。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0素直で鋭い子供の視点

みなさん
2020年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

幸せ

1930年代、隣人同士が助け合う古きよき時代の、なにも発達していないからこそ豊かで恐ろしい日常の物語。差別や誹謗中傷も当たり前のように存在して、子供の視点から素直に、時に鋭く向き合っていくのが面白い。スカウト可愛すぎ。パパダンディーすぎ。ブーいいやつすぎ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る