アメリカン・ポップ

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

あるユダヤ人移民の家系を追いながら、ジャズ、フォーク、ロック、パンクなどのポピュラー音楽の変遷と時代の風俗を織り混ぜて描いたアメリカ近代史。監督は「フリッツ・ザ・キャット」「指輪物語」で知られるアニメーション作家ラルフ・バクシで、彼が得意とするロトスコープ・アニメーション(実写で撮影した人物の動きをなぞるアニメーションの手法)の集大成を目指して製作した力作。脚本はロリー・カーン、編集はデイヴィッド・ラミレス。音楽は、スコアをリー・ホルドリッジが書き、デューク・エリントン、チャーリー・パーカー、エルヴィス・プレスリー、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、セックス・ピストルズなどの曲がふんだんに流れる。81年、日本公開直前にお蔵入りし幻の作品となっていたが、「ヘヴィメタル」の再公開記念前夜祭レイトショー『アニメーション・フィルムナイト』で東京のみ、1週間限りの限定で上映された。

1981年製作/アメリカ
原題:American Pop
配給:アップリンク(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント提供)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

4.0ロトスコープ・アニメーション

2021年4月10日
Androidアプリから投稿

ラルフ・バクシ監督が アメリカ音楽に関わった
四世代のユダヤ系アメリカ人の人生に音楽史を絡めて描いている

ロトスコープ・アニメーションについては 議論があるらしいが
1981年公開を考えると、かなり実験的な映像に仕上がっているように思う

使用楽曲が46曲にも上り、サウンドトラックはない

若い時は惹かれなかったのだが
破滅的なトニーの場面で流れるジャニス・ジョプリンの歌声にしびれてしまった

アニメーションに詳しい世代は これをどうとらえるかな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る