エターナル・サンシャイン
ホーム > 作品情報 > 映画「エターナル・サンシャイン」
メニュー

エターナル・サンシャイン

劇場公開日

解説

「ヒューマンネイチュア」のミシェル・ゴンドリー監督が、同作と同じチャーリー・カウフマンによるユニークな脚本を映画化。ジョエルは元恋人クレメンタインが、ラクーナ医院で特定の記憶だけを消去する施術を受けてジョエルの記憶を消したことを知り、自分も彼女の記憶を消そうと同じ施術を受ける。だが、クレメンタインを忘れたくないジョエルの深層意識は施術に反抗、自分の脳内のクレメンタインの記憶を守ろうとする。

作品データ

原題 Eternal Sunshine of the Spotless Mind
製作年 2004年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 108分

受賞歴

第77回 アカデミー賞(2005年)

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジム・キャリー
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ケイト・ウィンスレット
最優秀脚本賞 チャーリー・カウフマン

インタビュー

「エターナル・サンシャイン」はこうして生まれた
インタビュー

「ヒューマンネイチュア」以来2度目のコンビとなるミシェル・ゴンドリー監督と脚本家チャーリー・カウフマンの最新作「エターナル・サンシャイン」。アカデミー賞脚本賞も見事受賞した本作だが、果たしてどのように生まれたのか? ゴンドリー監督とカ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

カウフマンの脚本にしては物足りなさを感じるが
エターナル・サンシャインの映画評論・批評

監督のゴンドリーとその友人ビスマスの原案が作品の出発点であるためか、カウフマンの脚本にしては物足りなさを感じる。ジョエルがクレメンタインと過ごした時間が逆行したり、記憶の中の彼女を守るために少年時代に連れ去るといった発想は、確かにユニ...エターナル・サンシャインの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全78件)
  • 雪よ♪岩よ♪われらが宿り~♪ ケイト・ウィンスレットがクレメンタインという役名だと知って、観る前から書こうと決めていました。「雪よ♪岩よ♪われらが宿り~♪」と日本で歌われる「雪山賛歌」だ!と・・・し、しかし、劇中でこのネタを... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2018年11月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 芝居論が人生論と同質化し編集が解決する奇跡 ようやく観た。くだらないワンアイデア映画かと知ったかぶりして遅くなった。 作家人生をかけた本気の映画。人生かけたかどうか知らないけど、勝手ながらそう見えた。 あのジムキャリーだからこそ、パッと見... ...続きを読む

    エイブル エイブルさん  2018年10月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 好みが分かれる作品 ネタバレ! すごく不自然な会話で仲良くなるカップルだなと思っていたら、それが伏線になっていたとは、という感じ。ただ、登場人物の誰にも感情移入できなかった。仕事中に女を呼んで騒ぐ社員とか、情報を悪用して彼女と... ...続きを読む

    a0064 a0064さん  2018年10月10日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「エターナル・サンシャイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi