アマデウス

ALLTIME BEST

劇場公開日

アマデウス
アマデウス
41%
44%
12%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピーター・シェイファーによる戯曲を「カッコーの巣の上で」のアカデミー賞コンビ、製作ソウル・ゼインツ&ミロス・フォアマン監督で映画化。19世紀の楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの半生を、彼を妬む宮廷音楽家サリエリの視点から描く。出演はサリエリにF・マーレイ・エイブラハム、モーツァルトにトム・ハルス。1984年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した。

1984年製作/160分/G/アメリカ
原題:Amadeus
配給:松竹富士

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 ゴールデングローブ賞(1985年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) F・マーレイ・エイブラハム
最優秀監督賞 ミロス・フォアマン
最優秀脚本賞 ピーター・シェイファー

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) トム・ハルス
最優秀助演男優賞 ジェフリー・ジョーンズ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

5.0何度も見直した映画

トタ助さん
2020年6月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

知的

天才モーツァルトを、努力で宮廷作曲家に上り詰めたサリエリの視点で描いた映画。
中学生の時に学校の授業で見て衝撃を受け、映画が好きになるきっかけになった作品。
モーツァルトに妬むサリエリ、父の束縛を筆頭に、伝統や常識を嫌うモーツァルト。
映像は美しく、音楽は素晴らしく、登場人物の心理描写、ストーリー展開、非の打ち所が無い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トタ助

4.5モーツァルトの生涯を表現した作品。モーツァルトの作品を壮大な音楽で...

2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

モーツァルトの生涯を表現した作品。モーツァルトの作品を壮大な音楽で楽しめるもの。モーツァルトの天才だが謙虚さがなく驕りぶる態度で人々に嫌われながらも作品はやはり天才的なもの。サリエリは最初は嫌な人だったが最後は本当はモーツァルトのファンであり作品を楽しみにしている姿に好感が持てた。天才として生きながらも最期は借金だらけのダメ人間の評価をされてしまったモーツァルトの壮絶な人生を見ることのできる作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.5フィクションにあるモーツァルトの真実

2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

ピーター・シェーファーの戯曲の面白さが映画スケールに拡大して、ミロシュ・フォアマン監督が18世紀宮廷音楽の世界を贅沢に再現する。史実から飛躍したミステリー仕立てのエンターテインメントの音楽家映画で、モーツァルトの名曲の選曲から物語にリンクするオペラの舞台までが巧妙に練られている。まず交響曲第25番第一楽章で開巻するプロローグのミステリアスな導入部が素晴らしい。短調の強いリズムに合ったモンタージュとスリリングなタッチで観客を鷲掴みする。そして、父レオポルドとの葛藤をオペラ「ドン・ジョバンニ」に重ねたシリアスさと、義母のヒステリーをオペラ「魔笛」の夜の女王のアリアに合わせたユーモア。最後の「レクイエム」写譜と妻子が乗る馬車のカットバックと、多彩な味わいを駆使して、モーツァルトの音楽を存分に聴かせてくれる。サリエリが妻コンスタンツェから楽譜を預かり、名曲の数々に驚嘆し酔いしれる場面もいい。
モーツァルトの音楽に嫉妬するサリエリをF・マーリー・エイブラハムが見事に演じている。晩年の卑屈な老人の表現に、演技力を見せつける。比較されて分が悪いモーツァルトのトム・ハルスも名演まではいかないが、天才にある変人の部分を笑い声に象徴させていて好演。オーストリア皇帝ヨゼフ2世のジェフリー・ジョーンズははまり役で、周りのイタリア人音楽家もリアクションの演技が巧い。コンスタンツェの新人エリザベス・べリッジは特に可もなく不可もなし。唯一の不満は、父レオポルドのロイ・ドートリスだが、脚本自体モーツァルトの天才面の鍵を握る父を深く描いていないので仕方ない。
ただ、モーツァルトがレオポルドと夜の酒場で余興に耽る場面で、幼少のモーツァルトに似た少年のカットが挟まれていた。神童のモーツァルトが大人のモーツァルトを見てどう思うか、それが父の思いとするフォアマン監督の演出と勝手に解釈している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav (グスタフ)

4.0天才の想い

2020年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画のストーリーと描き方はさておき、モーツァルトはやはり音楽の天才であったのだろうと認識できました。しかし音楽以外で不器用なところがあると、成人となって世に出てゆくにつれ、周囲に温かい人が居ないとなれば、不遇、悲劇、無残、残酷ということになってしまう悲しい人生の結末を知り得た今後は、それなりに、そして、より強い関心を以って聴けるように思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
赤羽のプリンスおやじ(1960年生まれ)
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る