アマデウス

ALLTIME BEST

劇場公開日:

アマデウス

解説

ピーター・シェイファーによる戯曲を「カッコーの巣の上で」のアカデミー賞コンビ、製作ソウル・ゼインツ&ミロス・フォアマン監督で映画化。19世紀の楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの半生を、彼を妬む宮廷音楽家サリエリの視点から描く。出演はサリエリにF・マーレイ・エイブラハム、モーツァルトにトム・ハルス。1984年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した。

1984年製作/160分/G/アメリカ
原題:Amadeus
配給:松竹富士
劇場公開日:1985年2月

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 ゴールデングローブ賞(1985年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) F・マーレイ・エイブラハム
最優秀監督賞 ミロス・フォアマン
最優秀脚本賞 ピーター・シェイファー

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) トム・ハルス
最優秀助演男優賞 ジェフリー・ジョーンズ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.0テレビで何度も鑑賞

2024年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

学校で習わないモーツァルトの変人かつ人智を超えた天才ぶりと、優秀ではあるが所詮人間の域を出ないサリエリの残酷なまでの対比が、大人になるとより身にしみる。

サリエリの妄想なのかも、という余地を残した上でやりたい放題やってるところが好き。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

5.0誰の心にも棲みつく嫉妬心と自尊心をえぐる

2023年9月16日
iPhoneアプリから投稿

多くの映画ファンのオールタイムベスト20とか50には入るであろう、人類の遺産級と言ってもよいスペシャルな映画。

誰の心にも棲みつく嫉妬心や自尊心をえぐる巧妙な脚本、その期待に完璧に応えたマーリー・エイブラハムの芝居。肝心の音楽は....元々超名曲揃いのモーツァルトを使いまくるのは反則ともいえるが、音楽と映画が溶け合った素晴らしいシーンが幾つもあり、この相乗効果は必見。

因みにこの映画のサントラCDも素晴らしい。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
Yuk

4.0憧れ。

2023年8月15日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
まゆう

5.0天才と天才ではなかった芸術家の遭遇の悲劇‼️

2023年7月16日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

興奮

" 天才" 作曲家モーツアルトに嫉妬する "凡人" 作曲家サリエリの確執を、全編モーツアルトの楽曲による音楽的見せ場、サリエリの回想から入る物語構成、ミステリーの要素なども散りばめた一級の娯楽エンターテイメントです‼️サリエリを演じるF・マーリー・エイブラハムの名演もさることながら、見所はなんといってもトム・ハルスのモーツァルトのあの下卑た笑い声‼️楽聖としてのモーツァルトのイメージとはまったく逆の人物で、この人物の創造が映画を徹底的に面白いものにしています‼️サリエリにモーツアルトの才能の凄さを理解できる能力がなければ、宮廷音楽家として幸福に一生を終えることができたのに、そしてそのモーツアルトも生きている間は名声を得られず、不幸なまま一生を終える‼️お互い幸福ではなかった二人の人間としての運命について考えさせられます‼️

コメントする 1件)
共感した! 6件)
活動写真愛好家
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る