甘い生活

ALLTIME BEST

劇場公開日

甘い生活
21%
41%
31%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作の1つで、ゴシップ紙の記者の目を通し、1950年代後半の退廃したローマ上流社会を絢爛に描いた作品。作家を夢見てローマにやって来た青年マルチェロは、現在はゴシップ紙の記者として享楽的な日々を送っていた。彼はナイトクラブで出会った大富豪の娘と一夜を過ごし、取材したハリウッド女優と狂宴を繰り広げる。そんなある日、友人家族を訪ねたマルチェロは安らぎに満ちた彼らの生活を羨むが、友人は子どもを道連れに無理心中してしまう。絶望感に苛まれたマルチェロは、狂乱の渦へと身を投じていく。主演のマルチェロ・マストロヤンニは本作で一躍世界的スターの座へ駆け上がった。第13回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。1960年製作・公開。フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)で4Kデジタルリマスター版が上映。

1960年製作/174分/イタリア・フランス合作
原題:La dolce vita
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1960年9月20日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ローマ上空を飛ぶキリスト像から海辺に打ち上げられた怪魚まで、フェリーニの映像マジックが炸裂する逸品

2020年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

生誕100年を迎えたフェリーニの代表作。ローマの大通りに集いし豪華セレブやパパラッチ、それを取りまく野次馬たちを配しながら7つのエピソードが紡がれる。その中心にはマストロヤンニ演じる新聞記者。彼の目を通して描かれるこれらの出来事は、すべて当時のタブロイド紙を賑わせた実際の事件が基になっているそうだ。ストーリーとしての繋がりはないものの、時代の流れや社会の蠢きを大局的に活写しようとした壮大な目論見がうかがえる。

冒頭、キリスト像がヘリで吊り下げられながらローマ上空を寺院まで飛行する描写であっけにとられ、中盤の「マリア様を見た!」という少女たちとそれにあやかろうとする野次馬たちの一大騒動、それからトレヴィの泉で戯れる女優と主人公、さらには浜辺に打ち上げられる怪魚の描写に至るまで、幻想的で視覚的な面白さはとどまるところを知らない。フェリーニが映像の魔術師と呼ばれた所以を存分に堪能できる傑作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

5.0面白かった

2020年10月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

初見時は大学生で、アニタ・エクバーグのシーンが終了してすぐに寝落ちしたため、後半を見るのはは今日が初めて。
上流階級連中の頭が痛くなるような乱痴気騒ぎシーンや、何かにつけパパラッチが群がる場面が、勘弁してくれと叫びたくなるほどしつこく描かれるが、一転、静かな美しいシーンで我に帰る緩急のバランスが良い。
主演級以外の脇役の女優たちが皆個性的でとても良かった。特にマルチェロの父親と仲良くなるダンサーの人が素敵。父が突然訪ねてきて、一晩過ごし故郷に帰るまでのシーンがとても良かった。
フェリーニが同時代のイタリア社会についてリアルに掘り下げて描くような作品としては、これが集大成だったのかなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
どんぐり

4.0甘くない「甘い生活」

2020年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0毎日が忙しないのに極めて退屈、どこまで進んでも希望がない

2020年8月4日
iPhoneアプリから投稿

おそらく、前知識一切なしで映画に詳しくもない人間にこの作品を見せたなら、長くて退屈で中身がない映画だ、と一蹴してしまうことだろう。
一方では、何十回も観続ける人間もいるだろう。
そのくらいに映画リテラシーが試される作品ではなかろうか?
しかしある意味、それで正解でもある。
ようは資本主義社会の栄華を突き進む新聞記者の日常から、なけなしの夢と希望が失われる、
それだけの話である。
彼の日常は華やかながらも愛がなく、ゆとりもなく、
信念もなく、退廃的な雰囲気に満ち満ちている。
彼は沢山の人と触れ合うが、誰とも絆を確かめられない。彼の唯一の善良さは、小説家への夢である。
それが話が進むに連れて完膚なきまで打ち砕かれる。
信頼していた小説家の不穏すぎる自殺によって、
あらゆる希望を見失う。
この資本主義社会のどこまでいっても満たされないという病理からは、どれほど満たされているように見える人間の奥底からも拭いさることはできない。
どこまでいっても横滑りで、円の周りをぐるぐる回り続ける。
実はこの世こそが地獄で、神曲の如く各シークエンス毎に地獄を巡っていただけなのだと、彼は気がつく。
最後の救いとなる、神曲でいうところの
「ベアトリーチェ」としての海の家の少女。
無垢の象徴である彼女が最後に対岸越しに彼に呼びかけるが、もう彼の耳に少女の声は届かない。
結局彼は最後の救いの手を振り払い、
もといた地獄の中に戻っていく。
主人公が最終的に救われないので、
正直びっくりした。
しかしよく考えれば代表作「道」でも主人公は選択を誤り取り返しのつかなさを噛み締めることになるし、「崖」などでもそうだ、メロドラマとしてのフェリーニに通ずる、そうこれも一種の作家性である。
刹那主義の行末の絶望、圧倒的孤独感、胸が痛くなるような人生の見たくない部分を描き、しかも主人公がそれを見過ごしてしまう。
それは成長譚では決してなく、寓話としての物語である。しかも救いはなにもない。
そんな、フェリーニ的退廃美の究極に位置する作品であるかもしれない。
個人的には、「8 1/2」的なカオティックでシュルリアリスティックだがどこか温かみのあるフェリーニが好みではあるのだが、まぁ本作を経ての行き詰まりから「8 1/2」が誕生し新境地に達する訳であるし、この圧倒的な冷徹さと芸術性、さまざまな象徴を多用する映画作家としてのインテリジェンスは本作が頂点に位置するのではないだろうか?
しかし様々な顔を持つ映画作家である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
冥土幽太楼
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る